勝手にしやがれヘイ!ブラザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
勝手にしやがれヘイ!ブラザー
ジャンル テレビドラマ
企画 初川則夫、黒澤満
出演者 柴田恭兵
仲村トオル
倉田てつを
名取裕子
森恵
中条静夫
エンディング 柴田恭兵「横浜DAYBREAK」
製作
プロデューサー 伊地智啓、服部紹男
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1989年10月13日 - 1990年3月23日
放送時間 金曜日20:00 - 20:54
放送分 54分
回数 22

特記事項:
製作・著作:セントラル・アーツ

勝手にしやがれヘイ!ブラザー(かってにしやがれヘイ!ブラザー)は、1989年10月13日から1990年3月23日まで、日本テレビ系列で毎週金曜日20:00 - 20:54(JST) に放送された日本テレビドラマ。全22話。

概要[編集]

横浜市中区山手にある北村法律事務所の代表・北村敬太郎弁護士(中条静夫)の事務所兼自宅に住む異母兄弟、フリージャーナリストの岸田法眼(柴田恭兵)と大学生の北村則規(仲村トオル)が遭遇する様々な事件や騒動をコミカルに描いたソフトアクション。制作が『あぶない刑事』と同じセントラル・アーツ、脚本・監督陣も引き継がれているため、各所に『あぶない刑事』のセルフパロディが散りばめられている。別作品とはなっているが、「港署」や「近藤課長・大下刑事・ナカさん・パパ(吉井刑事)」などの名称も登場し、『あぶない刑事』の番外編ともスピンオフスピンアウト)作品とも言える作りになっている。

横浜市中区を舞台として柴田・仲村・中条の共演という点もやはり『あぶない刑事』と同様である。ただしメインキャラクターが刑事ではなく一般市民として設定されており、ストーリーもハードボイルド色を抑え、コミカルな部分を強調したため、さらに破天荒な展開の話が多い。

主な登場人物[編集]

(レギュラー)

岸田法眼(ホーガン):柴田恭兵
フリージャーナリスト。33歳。
『あぶない刑事』の大下勇次に近いキャラクターではあるが、彼よりウエットで情に流されやすい。一方で、ジャーナリストとしての客観性も持つ。腕っ節はさほど強くはない。大下自身とも面識があるらしく、第2話で港警察署に連行された際、取調室から大声で大下に助けを求めるシーンがある。
2歳の時に両親が離婚し、母親に引き取られた。そのため岸田姓となっている。司法試験には合格しているものの、弁護士にはならずに、10年間ジャーナリストをしている。現在は銀座に編集部がある夕刊紙の契約記者をしている。
第1話で横浜に取材に訪れた際、30年ぶりに父親・敬太郎と再会。なりゆきで父親宅に同居することになる。
名前の法眼は法の眼と言う意味で名付けられたが、幼少期は睾丸とからかわれトラウマになったと語っている。閉所恐怖症であり、留置所に留置された際ガタガタ震えていた。
品川ナンバーのアルファロメオ・スパイダー・クワドリファリオのシルバーに乗っており、劇中自分の愛車に対し、ロミオとジュリエットのセリフを引用して何気なく自分の車を紹介していた。
エンドロールには、そのアルファロメオで放送当時開通したばかりの横浜ベイブリッジを則規のバイク、ゼファーと共に疾走するシーンが流れている。
柴田自身の自虐ネタとして自分の似顔絵を見せられた時に、「老けたユン・ピョウ」などと言うセリフがあった。
北村則規(ノリキ):仲村トオル
司法浪人。23歳。敬太郎と再婚相手の間に生まれた息子で法眼とは腹違いの弟に当たる。『あぶない刑事』の町田透に近いキャラクターではあるが、彼よりも熱い直情タイプ。少々考えなしで無鉄砲なところもあり、物語前半ではそのせいで事件に巻き込まれることも多々あった。
本人による町田のセルフパロディーもかなりの頻度で発し、本人によると、港警察署でもっとも優秀な刑事は町田刑事とのこと。仲村自身の主演作『ビー・バップ・ハイスクール』のパロディも披露しており、中学生のケンカを仲裁する時にすごんでいた。
法曹界を目指しているが、あまり熱心に勉強していない。フリーアルバイターという名刺を持ち歩き、私立探偵まがいの仕事をしている。ナンパもしょっちゅう行い、自宅の電話番の時も居留守を使う。当初は法眼のことを兄として認めていなかったが、一緒に生活していくうちに打ち解けて行く。名前の由来は「規則」のアナグラム。
愛車はカワサキ・ゼファー400cc限定モデル。依頼人に騙され、ブレーキが故障した車を運転し片輪走行をしたこともあった。
女性への口説き文句として「子供の頃、アカフン一丁で横浜港付近を泳いでいた」と言う自慢があるらしく、法眼にもそれを見透かされている。
水上始(ハジメ):倉田てつを
則規の大学の後輩。常に則規の後を腰巾着のようにくっついて来る。自転車を愛用している。
本人が演じた出世作「仮面ライダーBLACK」のセルフパロディが多く、ピンチになると変身ポーズを取る(そして敵に殴られてしまう)。
頭を叩かれると、中身の詰まっていそうないい音がする(第20話では法眼、則規と頭の音でセッションもあった)。足手纏いとして扱われ、則規からも「ハジメじゃなあ」などとたびたび言われていた。
吉野くるみ:森恵
昼は北村家のハウスキーパー、夜は洋裁学校に通う。
あぶない刑事』の熱狂的ファンで、仕事も忘れ、時に徹夜でビデオを3本まとめて観賞している[1]。性格を一言で言えば「プッツン系」または「不思議ちゃん」。
津曲洋子:名取裕子
北村法律事務所・北村敬太郎の秘書。実はひそかに法眼に恋心を抱いている。北村家を影で支える存在。北村家は全員ボケキャラな為、唯一のツッコミ役となっている。
ワインレッドのマツダペルソナに乗る。
北村敬太郎:中条静夫
弁護士・北村法律事務所代表、法眼と則規の父親。62歳。
横浜では名の通った弁護士だが、金に困っている依頼人からは報酬を受け取らないなど人情派の一面もある一方、普段は金銭にシビアな振る舞いを見せる。
年甲斐もなく好色家で、時に病院の看護婦に手を出したり、則規にガールフレンドの紹介を要求する。
港警察署の近藤課長(『あぶない刑事』にて中条が演じた役)と懇意である。劇中時おり近藤課長のセルフパロディーを見せることもある。近藤課長時代は完全に押さえ役に回っていたが、今作では押さえ役には回らず自ら暴走する場面が多い。


(準レギュラー)

上島多門:峰岸徹
夕刊イブ・編集長。法眼が契約記者をしている夕刊紙の編集長。危険な仕事は全て法眼に押し付ける。
普段は銀座にある編集部に法眼を呼び出すが、神出鬼没な一面があり、ちょくちょく横浜にも現れる。
星川誠:石井愃一
横浜港警察署・捜査係長。洋子に気があり、洋子の頼みは何でも聞く。その結果、毎回目の敵にしている法眼達に協力してしまうことになる。
刑事B:加藤大樹
横浜港警察署・捜査課刑事。氏名は不明だが、星川の部下として登場する。演じる加藤は「あぶない刑事」では交通課・若原巡査を演じていた。
刑事A:滝川昌良
横浜港警察署・捜査課刑事。同じく星川の部下として数回登場する。
尾張一雄:内田稔
医師。北村敬太郎の主治医として第1話、第13話に出演。
ボーイ:浦野真彦
則規らが行きつけのバーで働くボーイ。接客態度の良い普通の青年。

主題歌[編集]

  • 横浜DAYBREAK」柴田恭兵(フォーライフレコード)

なお番組のOPテーマ曲「ヘイ!ブラザー」が放送中の1989年にリリースされた柴田のオリジナルアルバム「AGAIN~そしてこの夜に~」に収録されているが(「横浜DAYBREAK」も収録されている)、この曲はR&B調のリズムに乗せて外国人歌手が英語の歌詞で歌っており、柴田はラスト直前で入る「勝手にしやがれ…」というセリフを呟くのみという珍しい構成となっている。

スタッフ[編集]

放映リスト[編集]

話数 放映日 脚本 監督 ゲスト 撮影順

(DVD収録順)

小説版

サブタイトル

1 1989年
10月13日
丸山昇一 成田裕介 高樹澪 1 再会
2 10月20日 柏原寛司 水島かおり 山口粧太 下塚誠 2 失恋
3 10月27日 丸山昇一
岡芳郎
一倉治雄 屋敷かおり 井上高志 中島陽典

石山雄大

衣笠健二 林ゆりや

小松伸 (現 北川伸

3 化身
4 11月3日 田部俊行 比嘉ひとみ 小谷ゆみ 4 ビッグスクープ
5 11月10日 新井光 手銭弘喜 池田純子 遠藤憲一 小川依子

アントリン・麻里

5 やっかいなお荷物
6 11月17日 岡芳郎 葉山レイコ 6 孤独な殺人者
7 11月24日 鹿島勤 金沢碧 河合美智子 津村鷹志

飯山弘章 海一生

10 愛のインサイドキック
8 12月1日 佐治乾 清水めぐみ 広田玲央名

青木義朗 影山英俊

9 ダイヤモンド・ラブ
9 12月8日 柏原寛司 原隆仁 香川照之 黒部進 又野誠治 阿部祐二

福家美峰 上田耕一 ストロング金剛

7 悪夢のディアフレンド
10 12月15日 新井光 井浦秀智 新田まゆみ

大林丈史 加藤由美子

8 暗闇からレインボー
11 12月22日 田部俊行 手銭弘喜 引田智子 渥美国泰 ただのあつ子 11 偽りのナイトゲーム
12 1990年
1月12日
古内一成 森山祐子 小鹿番 加藤和夫

掛田誠 森聖二

12 あぶないストリートホリデイ
13 1月19日 丸山昇一 成田裕介 内藤剛志 草薙幸二郎 世利ゆかり

清水宏 内田稔

13 栄光へのシンフォニー
14 1月26日 柏原寛司 田辺美佐子 南条弘二 今井雅之 14 したたかな時間
15 2月2日 枝元正吾
五味三太郎
鹿島勤 高山典子 菅田俊 荒井乃梨子

冨家規政 江崎和代 朝比奈順子

15 危険な瞳でテル ミー!
16 2月9日 古内一成 風祭ゆき 富士原恭平 16 ロマンはミステリアスな終り
17 2月16日 岡芳郎 手銭弘喜 結城しのぶ 久富惟晴 17 遅れてきた電話
18 2月23日 田部俊行 内田勝正 高品剛 中島陽典

ヨコスカ潮也 河相我聞

18 さそって さそわれて 殺意!
19 3月2日 峯尾基三 一倉治雄 橋本実加子 山西道広 長谷部香苗 19 バーボンは殺しのささやき
20 3月9日 田部俊行 鹿島勤 戸川京子 井田弘樹 衣笠健二 榎木兵衛 21

(鹿児島ロケ)

盗みのトライアングル
21 3月16日 五味友郎 一倉治雄 鈴木亜希子 有川博 渡辺哲 20 救え!愛のファインダー
22 3月23日 岡芳郎 鹿島勤 彩木美来 岡本佳織 22

(鹿児島ロケ)

ピラミッドは危険のサイン

関連商品[編集]

サウンドトラック[編集]

  • 勝手にしやがれヘイ!ブラザー オリジナルサウンドトラック(1990年2月7日発売、フォーライフレコード、全11曲収録)

小説本[編集]

  • 勝手にしやがれヘイ!ブラザー (日本テレビ編、全6巻)

DVD[編集]

本放送以来、二次利用は数少ない再放送のみだったが、2007年に初のビデオソフト化となるDVDが発売された。

  • 勝手にしやがれヘイ!ブラザー DVD-BOX ※初回限定生産(2007年9月21日発売、東映ビデオ、全22話収録)
    • 撮影順の収録となっており、放送順とは多少異なっている。
    • 解説書付きで仲村トオルのインタビューも収録。

2009年10月9日、レンタル開始。全5巻。セル版同様、収録順は制作順(放映順ではない)となっていることに注意。

脚注[編集]

  1. ^ 森自身も第27話「魔性」にてゲスト出演している。

関連項目[編集]

日本テレビ系列 金曜20時台
前番組 番組名 次番組
ハロー!グッバイ
(1989.4.14 - 1989.9.8)
勝手にしやがれ!ヘイブラザー
(1989.10.13 - 1990.3.23)
刑事貴族
(1990.4.13 - 1991.3.22)