池松壮亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いけまつ そうすけ
池松壮亮
生年月日 (1990-07-09) 1990年7月9日(28歳)
出生地 日本の旗 日本 福岡県福岡市[1]
身長 172cm[2]
血液型 A型[2]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台ナレーション
活動期間 2001年 -
著名な家族 池松日佳瑠(姉)
事務所 ホリプロ
公式サイト ホリプロによるプロフィール
主な作品

テレビドラマ
15歳の志願兵
MOZU』シリーズ
宮本から君へ


映画
ラストサムライ
鉄人28号
半分の月がのぼる空
愛の渦
ぼくたちの家族
紙の月
セトウツミ
デスノート Light up the NEW world
夜空はいつでも最高密度の青色だ
斬、
その他
連続人形活劇 新・三銃士

池松 壮亮(いけまつ そうすけ、1990年7月9日 - )は、日本の俳優である。福岡県福岡市出身[1]福岡大学附属大濠高校[3]日本大学藝術学部映画学科監督コース卒業[4]ホリプロ所属。

略歴[編集]

10歳のときに地元・福岡で子役をしていた姉と一緒に劇団四季のミュージカル『ライオン・キング』の子役オーディションを受け、ヤングシンバ役に選ばれデビュー[5]。当時は野球に夢中で人前に出ることも苦手だったが、「野球カードを買ってあげるから」という親の言葉につられて受け合格し、その後は姉と同じ劇団ひまわり系列の事務所に所属し子役活動を始める[6][7]

2003年ハリウッド映画ラストサムライ』で映画初出演。トム・クルーズ演じる主人公と心を通わす少年・飛源を演じて、第30回サターン賞では若手俳優賞にノミネートされた。

映画『鉄人28号』(2005年公開)では1万人を超える中から主人公・金田正太郎役に選ばれ映画初主演を果たす[1]

2007年大河ドラマ風林火山』では武田勝千代(信玄の少年期)及び、その息子である武田勝頼の二役を演じた。

2009年、『連続人形活劇 新・三銃士』で人形劇の声優に初挑戦した。2006年に放送された『新選組!! 土方歳三 最期の一日』で市村鉄之助を演じたときの池松の芝居が脚本の三谷幸喜の印象に残っていたことがきっかけで主人公、ダルタニアン役に指名された。ダルタニアンの顔は池松がモデルにもなっている[8]

3月に地元の高校を卒業し大学進学を機に東京に移る。2010年5月にブルーシャトルからホリプロに移籍。2013年に大学を卒業してからは役者の道一本となり意欲的に多彩なジャンルの作品に出演[4]

2014年、映画『ぼくたちの家族』や『紙の月』などの演技が評価されブルーリボン賞キネマ旬報ベスト・テンなどその年の多くの助演男優賞を受賞し、ドラマ『MOZU』シリーズでは双子の殺し屋・百舌を一人二役で演じ、第39回エランドール賞・新人賞を受賞した。

2016年には母校の日本大学藝術学部から、日藝賞が贈られた[9]

2017年、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』では現代の市井に生きる若者を演じ、ヨコハマ映画祭主演男優賞など市民映画賞を続けて受賞する[10]

2018年塚本晋也監督が初めて時代劇を手掛けた映画『斬、』で主演を務め、第75回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品された[11]

人物[編集]

姉は元劇団四季の女優・池松日佳瑠。4人兄弟で下に妹と弟がいる[12]大川市出身の陣内孝則(俳優)は母の幼馴染で父の学生時代の同級生[13]

子どもの頃の夢は野球選手で、『ラストサムライ』のオーディションでも俳優ではなくイチローみたいな野球選手になりたいと答えていた[5]。 小学校から高校まで仕事と両立させながら野球部に所属[9]。1番バッターでポジションはセンター[14]。高校時代は硬式野球部では俳優活動と両立が不可能だったために軟式野球部に所属し副キャプテンを務めていた[15]。プロ野球選手の古本武尊とは小学校からの幼馴染で、新庄剛志が作った少年野球チーム「長丘ファイターズ」で共にプレーし[16]、中学・高校も一緒だった[3]。 プロ野球は福岡ソフトバンクホークスのファンで子役時代に始球式を2回務めたことがある[17]

特技は乗馬水泳ピアノ書道ラグビー。子どもの頃から習っていたピアノは楽譜が読めないので目と耳で覚えて弾いていた[18]

東京で沢山の映画が公開している事に衝撃を受けてから映画をよく観るようになり[19]、年間200本観る時もあった[20]。プライベートでアミール・ナデリ監督『CUT』を観に行った際には一般人として感想をコメントし、その動画が映画の公式ブログに掲載されている[21]

大学では4年間、映画監督の勉強をしており監督を務めた卒業制作の『灯火』は2015年に下北沢トリウッドでも上映された[22]。 俳優としては「すごい監督さんはたくさんいらっしゃるので、その人たちの想いに賛同できる俳優でいたい」と語る[23]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

劇場アニメ[編集]

舞台[編集]

人形劇[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • NHKラジオドラマ九州劇場(NHKラジオ
    • 飛べ飛べ 川へ(2004年6月13日) - 主演・永峰弘 役
  • FMシアターNHK-FM
    • 相方のあり方(2010年8月21日) - 主演・斉藤純 役
    • 祖父と手紙と僕と(2012年4月7日) - 主演・斉藤祐介 役

ラジオ番組[編集]

ドキュメンタリー[編集]

ナレーション[編集]

CM[編集]

広告[編集]

  • 西部ガス 企業広告(2004年 - 2006年)
  • BEAMS 創業40周年記念「TOKYO CULTURE STORY」(2016年)

webドラマ[編集]

ミュージックビデオ[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

  • プラスアクト ミニ「長い散歩」(2011年7月 - 2015年7月、ワニブックス
  • プラスアクト「連れ込み宿」(2015年11月 - 2016年12月、ワニブックス)

受賞歴[編集]

2013年度

2014年度

2016年度

2017年度

  • 第9回TAMA映画賞 最優秀男優賞(『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『続・深夜食堂』『デスノート Light up the NEW world』『永い言い訳』)[60]
  • 第39回ヨコハマ映画祭 主演男優賞(『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』)[10]
  • 第32回高崎映画祭 最優秀助演男優賞(『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』)[61]

2018年度

  • 第33回高崎映画祭 最優秀主演男優賞(『斬、』)[62]
  • 2018年度全国映連賞 男優賞(『斬、』)[63]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2012年11月24日 - 30日、下北沢トリウッドで1週間限定上映。
  2. ^ 2012年ショートショートフィルムフェスティバル作品。
  3. ^ カメオ出演のためノンクレジット。
  4. ^ 朗読劇。
  5. ^ 佐近圭太郎監督による日本大学藝術学部の卒業制作

出典[編集]

  1. ^ a b c 池松壮亮”. KINENOTE. 2018年2月25日閲覧。
  2. ^ a b 池松壮亮”. ホリプロ. 2014年12月12日閲覧。
  3. ^ a b 中日ドラ3本の意外な交友関係”. 東スポWeb. 2013年3月26日閲覧。 古本武尊選手と小中高の同級生
  4. ^ a b c 池松壮亮「脱ぎすぎ」助演賞/映画大賞”. 日刊スポーツ. 2014年12月12日閲覧。
  5. ^ a b 天才子役から若手実力派へ!『横道世之介』出演の池松壮亮”. CREA WEB (2013年2月22日). 2018年2月25日閲覧。
  6. ^ 早稲田大学「マスター・オブ・シネマ」『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』石井裕也監督×池松壮亮登壇”. CINEMATOPICS (2019年1月21日). 2017年6月3日閲覧。
  7. ^ 【俳優 池松壮亮】「こんなはずじゃなかったことを、ずっと続けている」”. Smoke - 映画系ダイアローグ・マガジン (2019年1月1日). 2019年1月3日閲覧。
  8. ^ カウントダウン!! 新・三銃士(2009年10月9日、NHK教育)
  9. ^ a b c 第10回日藝賞決定 - 日本大学芸術学部 校友会”. 日本大学藝術学部校友会. 2016年5月29日閲覧。
  10. ^ a b 「第39回ヨコハマ映画祭」池松壮亮が主演男優賞、蒼井優は2度目の主演女優賞に輝く”. クランクイン! (2017年1月29日). 2018年2月25日閲覧。
  11. ^ a b “映画祭常連の塚本晋也監督、初めての時代劇『斬、』をべネチアが熱烈歓迎!”. ELLE. (2018年9月9日). https://www.elle.com/jp/culture/movie-tv/a23049306/cfea-75th-venice-film-festival-tsukamoto-report-atsuko-tasuta-180909/ 2018年9月12日閲覧。 
  12. ^ 池松壮亮、ブレイクの裏にあった父親からの「鉄拳教育」” (201412-19). 2018年2月25日閲覧。
  13. ^ 秘密のケンミンSHOW 沖縄熱愛超ド級バーガー事情&大阪人vsお笑い芸人 TVでた蔵 2017年7月20日
  14. ^ 亀梨和也のピッチングを上地雄輔が大絶賛!「いままで受けた中で一番」. (インタビュー). シネマカフェ.. https://www.cinemacafe.net/article/2014/10/16/26640.html 2019年3月25日閲覧。 
  15. ^ 17歳の池松壮亮は、福岡の男子校で白球を追って、本当の自分を探していた。. (インタビュー). (2016年7月8日). rockinon.com.. https://rockinon.com/blog/cut/145496 2018年6月2日閲覧。 
  16. ^ 池松壮亮、髪の毛食べた 映画で狂気感じる怪演”. 西日本新聞 (2018年7月21日). 2018年9月11日閲覧。
  17. ^ 忽那汐里、始球式登板! 池松壮亮がしっかりと“愛のボール”を受け止める”. cinemacafe.net (2010年4月9日). 2018年2月25日閲覧。
  18. ^ MBS 情熱大陸 (2014年11月09日)
  19. ^ 主演映画公開中! 東京で生きる池松壮亮の覚悟. (インタビュー). itLIFE by FRaU.. https://frau.tokyo/_ct/17075851 2018年3月6日閲覧。 
  20. ^ 『プラスアクトミニ』vol.16 連載「長い散歩」
  21. ^ アミール・ナデリ監督『CUT』オフィシャルブログ(上から4人目)
  22. ^ a b 池松壮亮の監督・主演作も上映、で若手監督の短編特集”. 映画ナタリー (2015年7月16日). 2018年2月25日閲覧。
  23. ^ 【インタビュー】出演依頼殺到の注目俳優・池松壮亮が語る、配信ドラマへの期待と可能性、映画への想い. (インタビュー). Yahoo!ニュース.. https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakahisakatsu/20160226-00054739/ 2018年2月25日閲覧。 
  24. ^ 成海璃子、体当たりの演技で新境地開拓!池松壮亮&斎藤工と「無伴奏」でタッグ”. 映画.com (2015年7月24日). 2015年7月24日閲覧。
  25. ^ 「万引き家族」公式サイト”. 2018年2月14日閲覧。
  26. ^ YOUと向井理が「君が君で君だ」出演、池松壮亮、満島真之介、大倉孝二とバトル”. 映画ナタリー (2018年3月25日). 2018年4月23日閲覧。
  27. ^ 映画「散り椿」公式サイト”. 2017年5月24日閲覧。
  28. ^ “町田くんの世界:実写映画主演に新人2人抜てき 岩田剛典、高畑充希、戸田恵梨香ら豪華キャストも”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年1月22日). https://mantan-web.jp/article/20190121dog00m200049000c.html 2019年1月22日閲覧。 
  29. ^ 長久允の長編「ウィーアーリトルゾンビーズ」佐々木蔵之介、池松壮亮、菊地凛子ら出演”. 映画ナタリー (2018年11月29日). 2018年11月30日閲覧。
  30. ^ “『淵に立つ』深田晃司監督×筒井真理子が再タッグ 共演に市川実日子&池松壮亮”. クランクイン!. (2019年1月24日). https://www.crank-in.net/news/62032/1 2019年1月29日閲覧。 
  31. ^ 「宮本から君へ」映画化!池松壮亮×蒼井優で真利子監督が“極限の人間賛歌”描く”. コミックナタリー (2019年1月10日). 2019年1月10日閲覧。
  32. ^ 金曜ロードSHOW!作品ラインナップ”. 金曜ロードシネマクラブ. 2016年11月5日閲覧。
  33. ^ “池松壮亮「銀と金」で連ドラ初主演 福本伸行氏原作”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年11月17日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1739109.html 2016年11月17日閲覧。 
  34. ^ “池松壮亮、役所広司、荒川良々らが松居大悟のドラマ「バイプレイヤーズ」に出演”. 映画ナタリー. (2017年1月16日). http://natalie.mu/eiga/news/215836 2017年1月7日閲覧。 
  35. ^ 池松壮亮主演で新井英樹「宮本から君へ」ドラマ化、監督は真利子哲也”. 映画ナタリー (2018年3月6日). 2018年3月6日閲覧。
  36. ^ 池松壮亮、吉田大八監督と挑む舞台「ぬるい毒」に決意新た「堂々と殴り込みたい」”. 映画.com (2013年8月13日). 2013年9月14日閲覧。
  37. ^ フランソワ・オゾン×池松壮亮がNHKで対談 映画の仕事について語り合う”. シネマカフェ (2018年6月28日). 2018年8月28日閲覧。
  38. ^ “屋久島に空からレーザー!超巨大杉を大捜索”. テレビドガッチ. (2017年8月15日). http://dogatch.jp/news/nhk/46625 2017年8月31日閲覧。 
  39. ^ クロ現『君たちはどう生きるか』特集に池松壮亮、ベッキー、羽賀翔一ら” (2018年1月9日). 2018年6月11日閲覧。
  40. ^ 大和ハウスCMの気になる俳優…出演作8本の若手売れっ子・池松壮亮とは?”. オリコンスタイル (2014年9月15日). 2014年9月18日閲覧。
  41. ^ 「俺らにとってオリンピックって何なのさ?」gorin.jpのCMで考えてみる”. 世界のクリエイティブニュース (2016年8月22日). 2016年8月27日閲覧。
  42. ^ 池松壮亮さん演じる竜崎の“超爽快プレイ”にリュークも思わず「WOW(ワォ)!」 新TVCM 「LINE バブル2 竜崎・リューク」篇オンエアスタート!”. JIJI.com (2016年11月3日). 2016年11月10日閲覧。
  43. ^ マリオを実写化 生田斗真&池松壮亮&二階堂ふみ&寺田心のデカビタ新CM”. CINRA.NET (2017年4月8日). 2017年4月14日閲覧。
  44. ^ モンスターハンター」シリーズとみんなのエナジー「デカビタC」による 豪華なコラボレーションが実現!”. CAPCOM:モンスターハンターシリーズ 公式サイト (2018年2月15日). 2018年2月15日閲覧。
  45. ^ Wright Flyer Studios、『消滅都市2』で池松壮亮さん演じる新テレビCMが5月25日より放送開始”. Social Game Info (2017年5月19日). 2017年5月24日閲覧。
  46. ^ “池松壮亮の失敗談に染谷将太&山本美月もビックリ!” (プレスリリース), TVLIFE, (2017年9月28日), http://www.tvlife.jp/entame/141555 2017年9月29日閲覧。 
  47. ^ “『家族はつながる。つながってゆく。』6月28日より放送開始”. 財経新聞. (2018年6月28日). https://www.zaikei.co.jp/releases/646845/ 2018年6月28日閲覧。 
  48. ^ 長澤まさみさん、夏の暑いビーチで、年下の男の子が憧れる大人の女性を好演!”. カルピス プレスリリース (2007年6月). 2013年9月14日閲覧。
  49. ^ 水崎泰臣 (2013年7月31日). “多部未華子が語る男女間の恋愛と友情 - ドラマ『I LOVE YOU(魔法のボタン)』で過去の恋愛にトラウマを持つ女性を熱演”. マイナビニュース. 2013年9月14日閲覧。
  50. ^ クリープハイプ「憂、燦々」PVは松居大悟監督の人間ドラマ”. ナタリー (2013年4月17日). 2013年9月14日閲覧。
  51. ^ “池松壮亮主演、是枝裕和監督のハナレグミ「深呼吸」ミュージックビデオ公開”. 映画ナタリー. (2016年5月18日). http://natalie.mu/eiga/news/187537 2016年5月18日閲覧。 
  52. ^ 池松壮亮&小松菜奈も出演!40年分の東京カルチャーを凝縮したMVをビームスが発信”. cinemacafe.net (2016年10月21日). 2016年10月30日閲覧。
  53. ^ シュール? ファンにはたまらない? 俳優・池松壮亮の声で操作をナビゲートしてくれる「セブン銀行」ATM” (2018年2月2日). 2019年3月1日閲覧。
  54. ^ 俳優・池松壮亮がナレーションを担当『Milky Way & The Moon -忘れられない、天の川へ-』” (2018年3月1日). 2019年3月1日閲覧。
  55. ^ 「そこのみにて光輝く」5冠 ヨコハマ映画祭各賞決まる/映画大賞”. カナロコ (2014年12月19日). 2015年1月5日閲覧。
  56. ^ “2世がコンプレックスだった安藤サクラ「家族を超えられた」と実感!「第88回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式”. CINEMAランキング通信. (2015年2月9日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t7/201502/09110230.php 2015年2月10日閲覧。 
  57. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月15日閲覧。
  58. ^ 【ブルーリボン賞】池松壮亮「純粋にかけることができるのは映画しかない」、スポーツ報知、2015年1月23日閲覧。
  59. ^ 池松壮亮の新人賞受賞、「MOZU」共演者が祝福「素晴らしい演技だった」”. モデルプレス (2015年2月5日). 2015年2月8日閲覧。
  60. ^ 池松壮亮:最優秀男優賞も丸刈り頭で「謝罪会見みたい」”. まんたんウェブi (2017年11月18日). 2017年11月29日閲覧。
  61. ^ 第32回高崎映画祭最優秀作品賞は阪本順治監督「エルネスト」に決定”. 映画.com (2017年12月21日). 2017年12月22日閲覧。
  62. ^ 高崎映画祭最優秀作品賞は塚本晋也監督「斬、」”. 産経ニュース (2019年1月9日). 2019年1月21日閲覧。
  63. ^ 2018年度全国映連賞を発表します!”. 全国映連. 映画鑑賞団体全国連絡会議 (2019年2月18日). 2019年2月19日閲覧。

外部リンク[編集]