山口果林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまぐち かりん
山口 果林
生年月日 (1947-05-10) 1947年5月10日(69歳)
出生地 日本の旗 東京都中央区
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ
映画
事務所 たむらプロ
主な作品
映画
若者の旗
砂の器
海潮音
テレビドラマ
繭子ひとり
銭形平次

山口 果林(やまぐち かりん、本名:山口 静江(やまぐち しずえ)、1947年5月10日 - )は、日本女優

来歴・人物[編集]

東京都中央区出身。実家は日本橋兜町の老舗の外商専門書店「千代田書店」[1]

お茶の水女子大学附属中学校高等学校桐朋学園大学短期大学部卒業後、俳優座に入る。若手時代の愛称はかりんとう

1970年森川時久監督の『若者の旗』で映画デビューし、1971年NHK朝の連続テレビ小説繭子ひとり』ではヒロインの繭子役を演じた。1979年、俳優座を離れてフリーとなる。テレビドラマ映画で活動する一方、舞台女優としての経歴も長い。桐朋学園大学短期大学部時代の恩師であった安部公房が芸名の名付け親であり、安部公房スタジオの看板女優としても活躍した。

2013年に上梓した著書『安部公房とわたし』では、安部との20年以上に亘った恋愛関係を明らかにした。なお、口絵には、自らのヘアヌードを載せた写真がある。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

情報・バラエティ番組[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • 誰のために愛するか/ぽかんとひとり日曜日(1971年、日本コロムビア LL-10154)

著作物[編集]

  • 山口果林 『安部公房とわたし』 講談社、2013年ISBN 4062184672 

脚注[編集]

外部リンク[編集]