黒の斜面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

黒の斜面』(くろのしゃめん)は、1971年制作の日本サスペンス映画、及びそのテレビドラマ・リメイク。

映画[編集]

黒の斜面
監督 貞永方久
脚本 菊島隆三
原作 菊島隆三
製作 古賀伸雄
江夏浩一
出演者 加藤剛
岩下志麻
市原悦子
音楽 池野成
撮影 丸山恵司
編集 浦岡敬一
製作会社 松竹俳優座映画放送
配給 日本の旗 松竹
公開 日本の旗 1971年8月25日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あらすじ[編集]

ダイバ物産営業係長の辻井喬は、失恋を苦に自殺を図ろうとしていた川上妙子という女性を救ったことをきっかけに彼女と情事を重ねていたが、やがて昇格の話が持ち上がったことから、関係を精算したいと思うようになる。

ある日、辻井は出張で最終の飛行機で大阪に向かうため羽田へ行ったが、待ち受けていた妙子に口説かれて、出発を翌朝に変更した。

しかし、その飛行機が途中で三河湾に墜落、全員死亡したことで、喬の歯車が狂い始める…。

キャスト[編集]

テレビドラマ[編集]

日本テレビ版[編集]

オパールとサファイア
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜21:30 - 22:26(56分)
放送期間 1971年2月16日 - 同年3月23日(6回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ東宝
演出 小野田嘉幹
原作 菊島隆三(『黒の斜面』)
脚本 菊島隆三
プロデューサー 小坂敬
出演者 市原悦子
ナレーター 矢島正明
テンプレートを表示

1971年2月16日から3月23日まで、日本テレビ系列火曜日の女シリーズ」で「オパールとサファイア」のタイトルで放送された。全6回。初のテレビドラマ化と共に、唯一の「1時間作品」・「連続作品」である。

キャスト[編集]

※市原と滝田は映画版にも出演。

スタッフ[編集]

日本テレビ系列 火曜日の女シリーズ
前番組 番組名 次番組
ある恋人たち
(1971.1.5 - 2.9)
オパールとサファイア

TBS版[編集]

愛の殺人切符
最終便は裏切りの罠
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜21:01 - 22:53(111分)
放送期間 1982年5月22日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 河野宏
原作 菊島隆三(『黒の斜面』)
脚本 高橋正康田口耕三
プロデューサー 財前定生
出演者 近藤正臣
テンプレートを表示

1982年5月22日に、TBS系列ザ・サスペンス」枠で「愛の殺人切符 最終便は裏切りの罠」のタイトルで放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

TBS系列 ザ・サスペンス
前番組 番組名 次番組
愛の殺人切符
最終便は裏切りの罠
(1982.5.22)

フジテレビ版[編集]

年末スペシャル企画
黒の斜面
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜21:03 - 23:22(139分)
放送期間 1989年12月29日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
原作 菊島隆三
脚本 ちゃき克彰、加藤貢
出演者 秋吉久美子
テンプレートを表示

1989年12月29日フジテレビ系列男と女のミステリー」枠で放送(21:03 - 23:22)。3作目にして初の原作タイトルでの放送。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:菊島隆三
  • 脚本:ちゃき克彰、加藤貢
フジテレビ系列 男と女のミステリー
前番組 番組名 次番組
メリーゴーランド
※21:03 - 22:52
(1989.12.22)
年末スペシャル企画
黒い斜面
(1989.12.29)
街 PART3
※21:03 - 22:52
(1990.1.19)

テレビ朝日版[編集]

ドラマスペシャル
黒の斜面
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜21:00 - 23:10(130分)
放送期間 2016年1月24日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日松竹
監督 伊藤寿浩
原作 菊島隆三
脚本 吉川次郎
プロデューサー 関拓也佐々木淳一渡邊竜
出演者 檀れい
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク テレビ朝日版オフィシャルサイト

特記事項:
20:58 - 21:00に『今夜のドラマスペシャル』を別途放送。
テンプレートを表示

2016年1月24日にテレビ朝日系列「日曜エンターテインメント」枠で放送。

ラストは主演の檀れいのアイデアにより、映画と大きく異なっている[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]