加藤剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2017年11月
かとう ごう
加藤 剛
加藤 剛
本名 加藤 剛(かとう たけし)
生年月日 (1938-02-04) 1938年2月4日
没年月日 (2018-06-18) 2018年6月18日(80歳没)
出生地 日本の旗 日本 静岡県榛原郡白羽村(現・御前崎市
死没地 日本の旗 日本 東京都
国籍 日本の旗 日本
身長 173cm
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ演劇
活動期間 1962年 - 2018年
活動内容 1962年:デビュー
1970年:『大岡越前
1973年:『剣客商売
1974年:『砂の器
1976年:『風と雲と虹と
1980年:『獅子の時代
2001年紫綬褒章
2008年旭日小綬章
配偶者 伊藤牧子
著名な家族 夏原諒(長男)・加藤頼(次男)
所属劇団 俳優座
公式サイト プロフィール
主な作品
テレビドラマ
大岡越前』 / 『人間の條件』
三匹の侍』 / 『剣客商売
風と雲と虹と』 / 『関ヶ原
獅子の時代』 / 『蒼き狼 成吉思汗の生涯
命のビザ』 / 『坂の上の雲
映画
上意討ち 拝領妻始末』 / 『天狗党
忍ぶ糸』 / 『影の車』 / 『黒の斜面
砂の器』 / 『天城越え』 / 『空海
次郎物語』 / 『ハラスのいた日々
草刈り十字軍』 / 『沈まぬ太陽
舟を編む
備考
2001年 紫綬褒章
2008年 旭日小綬章

加藤 剛(かとう ごう、1938年2月4日[1] - 2018年6月18日[2])は、日本俳優[1]。本名は加藤 剛(かとう たけし)[3]身長173cm[4]体重70kg[1]俳優座所属[4]

2001年紫綬褒章受章。2008年旭日小綬章受章[4]

来歴[編集]

出生から学生時代まで[編集]

静岡県榛原郡白羽村御前崎市)出身。父鉉一郎は小学校の校長[5]。姉四人と兄、弟がいる[6]。父親が校長というのはプレッシャーにはならなかった[7]。父・鉉一郎は剛を医者にしたかった[8]

加藤家は古くからの地主で、農地改革で大半を失ったとはいえ自宅の敷地は八百近く、敷地に続くすぐ裏に持ち山があり[6]、庭にはたくさん木があった[6]。いわゆる腕白少年ではなく、よく母の台所仕事を手伝い[7]畑仕事もした[7]。自作するだけの畑はあったため、サツマイモを交代で作っていた[7]

剛は御前崎の遠州灘に続く茶畑のある風景の中で育ち、中学三年の時に地元を離れた[9]。戦争未亡人となり美容室を開いていた文京区の長姉宅に寄宿した[9]

もともと俳優になろうと思っていたわけではなく、「何か演劇映画に関係する仕事ができればいいかな」と思っていた[9]小石川高校の時、柔道部に入ってたが先輩が演劇もやっており「お前も手伝え」と命じられ舞台に立ったのがきっかけだった[10]

東京都立小石川高等学校を経て、早稲田大学文学部演劇科で学ぶ[9]。学内の劇団、自由舞台で活躍する[9]

俳優として[編集]

大学四年の時、二十倍の難関を突破して俳優座養成所に入る[10]

途中テレビドラマ『人間の條件』出演のため1年「休学」。「人間の条件」では「ぼくという裸身の素材にこの男(主人公の梶)の一生を忠実に刻み込んでゆくこと」で演じきり、原作者より「テレビ映画の優れた主演者」と評された[11]。後、13期生として修了。修了時の同級生には石立鉄男佐藤友美細川俊之横内正らがいる。27歳で正月公演で安部公房作『お前にも罪がある』で「男」を演じ、演出上傾いた舞台装置「男の部屋」上で2時間の連続演技を行う主役に抜擢[12]

横内が養成所で加藤と初めて会った際、その美男子ぶりに驚いたといい「欠点のない男。こんな二枚目がいるんじゃ、かなわないと思った」と振り返り、「(俳優座の先輩の)平幹二朗さんは、仲代達矢がいる限り劇団で上にいけない、と思ったように、僕も加藤剛がいる限り上にはあがれないだろう」と、横内が俳優座を退団する決意をするほど存在が大きかった。 また、不思議な縁で、加藤は「大岡越前」(TBS)に主演し、横内は「暴れん坊将軍」(テレビ朝日)に同役でレギュラー出演し、「同じ役で“競演”しているつもりで演じていましたよ」と語っていた[13]

長年に渡り一貫して演じ通した当たり役である『大岡越前』は1970年(昭和45年)から、『水戸黄門』『江戸を斬る』等とローテーションを組みながら、足掛け約30年間月曜8時を支え、TBSテレビの看板番組となった(詳しくは『大岡越前』参照)。『大岡越前最終回スペシャル版』では実子である夏原諒頼三四郎(現:加藤頼)との共演を果たした。『大岡越前』で親友役を演じた竹脇無我とは私生活でも40年間以上親友関係にあり、2011年(平成23年)8月に竹脇が急死した際は、手書きの追悼文を寄せた[14]

『大岡越前』の終了後、『命のビザ』や『そして戦争が終わった』など現代史ドラマに進出。

2018年6月18日10時11分、胆嚢がんのため東京都内で死去[15][16]。80歳没[2]

人物[編集]

  • たばこは吸わず、酒も飲まず、ギャンブルとは無縁である[17]
  • 戦争反対の一心で俳優を続けてきた[17]
  • 高校時代、実家でチェーホフの戯曲を読んで俳優を志した[17]
  • 映画『砂の器』に出演した際、「僕は当時、宣伝部の助手だったので、宣伝のキャンペーンをお願いすることが多かったんです。10歳も年下の僕に対して、何でも“はい、はい”と聞いてくれましたね。決してイヤだとは言いませんでした。どんなに忙しくても、きちんと人の話を聞く方でしたよ」と後に芸能レポーターとなった石川敏男が語っている。[18]
  • 長男・諒は「声を荒らげて怒ったことは1度もありません。いい俳優になるということよりも、“人間として上質であること”、“人間として美しい生き方をすること”、“人に恥じない生き方をすること”を常に優先していたんじゃないかと思います。あれだけ嘘がない人はいないですね。人の悪口を言ったことは1度もなく、常にいい部分を見ていました。だから僕も怒られたことがなかったのかもしれません」「自分のやっていることと役のキャラクターが見事に一致した稀有な例ですよね。いい人の役をやっている人が、本当にいい人とは限らない世界ですから。父は大岡越前そのものでしたよ」と人柄を伝えている。[19]
  • 家族でいる時間をとても大切にしており、京都で撮影があっても、必ず週末には自宅に帰り、子供を肩車をして家の中を回ったり、庭でかけっこをした。[20]
  • 長男が独立して一人暮らしを始めた時、普段はしない買い物をして息子の家を訪ね「めずらしいものがあったから買ってきたよ」「これは焼かないのに焼きそばができるらしいんだ。おもしろいからちょっと一緒に食ってみよう」とペヤングのカップ焼きそばを見せた。諒は「珍しくないよ」と言いにくく、「ああ、そうなんだね」と2人でしみじみと食べた。[21]

家族・親族[編集]

加藤家[編集]

静岡県御前崎市東京都
加藤家は古くからの地主農業も営んでいた[6]。家族九人が揃っていた頃は食事の時など壮観だった[6]。茶の間の広い板の間で作男の人たちが箱膳でご飯を食べた[6]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

※太字はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品

舞台[編集]

  • 俳優座1965年正月公演 『お前にも罪がある』作:安部公房、演出:千田是也 - 主演・「男」 役
  • 次郎長が行く - 清水次郎長
  • コルチャック先生 - コルチャック先生
  • 伊能忠敬物語 - 伊能忠敬
  • 大岡越前〜卯の花が咲くとき〜 - 大岡忠相
  • 月光の海 ギタラ - 速水 役

劇場アニメ[編集]

朗読[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

著書[編集]

  • 海と薔薇と猫と(1980年、創隆社)のち中公文庫
  • 歩く人 加藤剛 写真&エッセイ集(著:蔵原輝人、撮影:しゃっせただお、1985年、創隆社)
  • こんな美しい夜明け(2001年、岩波書店)のち現代文庫

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 加藤剛”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年4月12日閲覧。
  2. ^ a b 加藤剛さん死去 80歳 時代劇「大岡越前」、映画「砂の器」など出演 - スポーツニッポン 2018年7月9日
  3. ^ 加藤剛 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2017年4月12日閲覧。
  4. ^ a b c 加藤剛”. 演技部-男性. 俳優座連名. 2011年10月28日閲覧。
  5. ^ a b c 斎藤明美『家の履歴書 男優・女優篇』100頁
  6. ^ a b c d e f g h i 斎藤明美『家の履歴書 男優・女優篇』101頁
  7. ^ a b c d 斎藤明美『家の履歴書 男優・女優篇』102頁
  8. ^ a b c d 斎藤明美『家の履歴書 男優・女優篇』106頁
  9. ^ a b c d e 斎藤明美『家の履歴書 男優・女優篇』104頁
  10. ^ a b 斎藤明美『家の履歴書 男優・女優篇』105頁
  11. ^ 夢の肩身「人間の条件」ほるぷ新聞1969.11.15
  12. ^ 加藤剛『海と薔薇と猫と』1980年 創隆社・「野鴨まで」より
  13. ^ “横内正「加藤剛がいる限り上にあがれない」劇団俳優で同期の訃報に思い出で語る”. スポーツ報知. (2018年7月10日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180709-OHT1T50317.html 2018年7月11日閲覧。 
  14. ^ “竹脇無我さん盟友 加藤剛 直筆追悼文「天下の名医が…信じられない」”. Sponichi Annex. (2011年8月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/08/23/kiji/K20110823001465470.html 2014年5月18日閲覧。 
  15. ^ “俳優・加藤剛さん死去 「砂の器」「大岡越前」など出演”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年7月9日). https://www.asahi.com/articles-/ASL792HBXL79UCVL001.html 2018年7月9日閲覧。 
  16. ^ 俳優の加藤剛さん死去 「大岡越前」「砂の器」 - 日本経済新聞 2018年7月9日
  17. ^ a b c 『「最後」の覚悟で舞台へ』生老病死の旅路 2014年6月9日 読売新聞夕刊9面
  18. ^ . http://www.jprime.jp/articles/-/12852  2018年7月16日 週刊女性プライム
  19. ^ . http://www.jprime.jp/articles/-/12852  2018年7月16日 週刊女性プライム
  20. ^ . http://www.jprime.jp/articles/-/12852  2018年7月16日 週刊女性プライム
  21. ^ . http://www.jprime.jp/articles/-/12852  2018年7月16日 週刊女性プライム
  22. ^ “東山紀之×加藤剛、新旧『大岡越前』が競演”. ORICON STYLE. (2016年10月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2079550/full/ 2016年10月7日閲覧。 
  23. ^ “新旧・大岡越前が白洲で対決 東山紀之、加藤剛との共演は「ご褒美」”. ORICON STYLE. (2016年12月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2082600/full/ 2016年12月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]