市原悦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いちはら えつこ
市原 悦子
市原 悦子
朝日新聞社『文芸朝日』第3巻第4号 (1964) より
本名 塩見 悦子(しおみ えつこ)
生年月日 (1936-01-24) 1936年1月24日
没年月日 (2019-01-12) 2019年1月12日(82歳没)
身長 160 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1957年 - 2019年
活動内容 1957年:俳優座入団
配偶者 塩見哲[1]
所属劇団 俳優座1957年 - 1971年
事務所 ワンダー・プロダクション(最終所属)
主な作品
テレビドラマ
赤い殺意
翔べ! 必殺うらごろし
家政婦は見た!』シリーズ
おばさんデカ 桜乙女の事件帖』シリーズ
秀吉
弁護士高見沢響子』シリーズ

映画
黒い雨
うなぎ
蕨野行
アテレコ
まんが日本昔ばなし
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀助演女優賞
第13回(1990年)『黒い雨
優秀助演女優賞
第21回(1998年)『うなぎ
その他の賞
紀伊國屋演劇賞
第9回(1974年) 個人賞
トロイアの女
テンプレートを表示

市原 悦子(いちはら えつこ、1936年1月24日 - 2019年1月12日[2]、本名:塩見 悦子)は、日本女優千葉県千葉市出身。身長160cm、夫は舞台演出家の塩見哲。

来歴[編集]

千葉県千葉市に銀行員の父と元教員の母の長女として生まれる。9歳で疎開先の千葉県四街道市で敗戦を迎えた。中学校2年生で千葉市末広中学校へ転校。ここで演劇クラブに入り、教師の岩上廣志から演劇の楽しさを教わる。千葉県立千葉第一高等学校(現在の県立千葉高校)に進学する。演劇部で活動し、伊藤貞助作の『村一番の大欅』で県大会に出場して個人演技賞を受賞した[3]

高校卒業後、早稲田大学第二文学部入学(学籍名簿確認済み)、富士銀行に就職が決まっていたが演劇への思いが断ちがたく[3]劇団俳優座養成所に6期生として入所する。同期には近藤洋介宮部昭夫川口敦子大山のぶ代阿部百合子阿部六郎佐伯赫哉山本清らがいた[3]1957年に劇団俳優座に入団し、『りこうなお嫁さん』でデビューする。同年に雑誌『新劇』の新人推賞を受賞し、1959年に『千鳥』で芸術祭奨励賞を受ける。さらに1963年には新劇演劇賞、1964年ゴールデン・アロー賞新人賞に輝き、新劇女優として高い評価を受ける。

私生活では、俳優座養成所の同期の演出家・塩見哲1961年に結婚。2度の流産で子どもには恵まれなかったが、おしどり夫婦として知られた[4]

1971年10月に夫の塩見とともに俳優座を退団し、1972年に番衆プロを設立する[4]

1975年に始まったテレビアニメ『まんが日本昔ばなし』では、すべての登場人物の声を常田富士男と2人のみで長年演じ続けて親しまれた。放映終了後から復活を望む声が多く、2005年にはゴールデンタイムで再放送された。

1975年には昼ドラ愛の劇場赤い殺意』で、強姦された強盗と恋に落ちる主人公の主婦を演じ、17.5%という当時の放送時間帯としては高視聴率の作品となった[5]

1983年からはテレビドラマ『家政婦は見た!』に主演し、四半世紀以上に渡って演じ続ける当たり役となる。シリーズは好評で高視聴率を獲得し、土曜ワイド劇場を代表する作品となった。

1990年、映画『黒い雨』の演技により第13回日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を受賞。

2時間ドラマの主演を多くこなした。

2011年福島第一原子力発電所事故に関連して「原発ゼロをめざす7.2緊急行動」呼びかけ人を務めた[6](他に湯川れい子根岸季衣など)。

2012年S状結腸腫瘍手術のため、翌2013年1月に公開予定だった映画『東京家族』をクランクイン前に降板した[7]。代役は吉行和子が務めた。

2014年4月には53年間連れ添った夫の塩見哲と死別した[1][8]

2017年1月13日、自己免疫性脊髄炎の加療のため休業を発表[9]6月27日に翌年のNHK大河ドラマ西郷どん』のナレーションでの復帰が発表されたが[10]11月22日、体調が優れないことを考慮して降板し西田敏行に変更された[11][12]。その後、2018年3月21日放送の『おやすみ日本 眠いいね!』(NHK) で1年5ヶ月ぶりに仕事復帰(3月12日収録)[13]

2018年12月下旬に盲腸のため入院。手術は行わず投薬治療開始。一時復調し正月を自宅で過ごすが再び体調を崩し1月5日から再び入院。一週間後の12日13時31分、心不全のため、東京都の病院で死去[2]。82歳だった。13日未明(12日深夜)に放送された『おやすみ日本 眠いいね!』では、盲腸のため都内の病院に入院していることが発表され、市原の訃報は伏せられていた[14][15]

受賞歴[編集]

人物[編集]

中村敦夫が俳優座で12期生として劇団員になった頃、6期生の彼女は既に看板スターであった。当時の芸能界では、舞台で大役を担う役者は、映画やテレビのスターよりも格上とされており、彼女は既に役者の頂点にいた。しかし俳優座における「レパートリー闘争」において集団退団した役者の一人であり、魅力的な演劇の為ならポジションも投げ捨てる「肝っ玉女優」である、と評している[16]

40年間市原のマネージャーを務めた熊野勝弘によれば、市原は「欲のない人」で、作品を気に入れば演じるし気に入らない仕事は引き受けなかった。ホームドラマは嫌いで事件モノのが好きだった。一方映像でできるものは舞台ではやらないと決めていた。松竹の社長から舞台版『家政婦は見た!』のオファーがあったが断ったという[17]

2003年4月頃から眼鏡を着用している。

好きな男性のタイプについて、「危険な男性」(具体的には得体のしれない感じだという)、演じてみたい役について、「犯罪者」と語っている[18]

『家政婦は見た!』の主演を務めたが、家政婦を雇ったことはないという[19]

演出家の浅利慶太は舞台『アンドロマック』、『アンチゴーヌ』に市原を起用し、「戦後新劇の生んだ最高の女優」と賞賛した[3]

俳優座の先輩にあたる仲代達矢は市原の訃報を受けて「彼女の声のすばらしさは日本の演劇界の宝でした。ただきれいというだけではなく、声の質をもって、ものを言うという才能。1500席の劇場で、マイクなしで己の声を通していく力を、彼女は先天的にもっていた。本当に素晴らしい方だった」とコメントした[20]

出演[編集]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系[編集]

TBS系[編集]

フジテレビ系[編集]

テレビ朝日系[編集]

テレビ東京系[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

ナレーション[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • 旭松食品提供 天気予報(朝日放送・関西テレビでの放送、1980年代前半)
  • 「家政婦は見た!Woooも見た!」 - 日立コンシューマエレクトロニクスの特別ホームページ内にて2010年4月27日より期間限定で公開。

著書[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • ねねしな灯台(TBS系テレビ愛の劇場『わが母は聖母なりき』主題歌)
  • 母さんは青い空(『お待ちどおさま』主題歌)
  • きっと倖せ(木曜ドラマ『家政婦は見た!』主題歌)
  • 見返り美人(木曜ドラマ『家政婦は見た!』挿入歌)

参考文献[編集]

  • 佐貫百合人 『役者烈々 俳優座養成所の軌跡』 三一書房、1995年6月。ISBN 4380952444 

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 市原悦子ショック…夫で演出家の塩見哲さん死去、女性自身報じる サンスポ 2014年6月24日
  2. ^ a b 「家政婦は見た!」市原悦子さん、心不全のため死去 82歳”. サンスポ (2019年1月13日). 2019年1月13日閲覧。
  3. ^ a b c d 「役者烈々 俳優座養成所の軌跡」(佐貫 1995, pp. 127–132)
  4. ^ a b “難病でリハビリ中の市原悦子 自宅で「決死の収録」に臨む”. NEWSポストセブン (小学館): p. 2. (2018年10月19日). https://www.news-postseven.com/archives/20181019_784216.html?PAGE=2 2019年1月14日閲覧。 
  5. ^ 赤い殺意 詳細データ”. テレビドラマデータベース. 2020年3月7日閲覧。
  6. ^ 「原発ゼロをめざす7.2緊急行動」
  7. ^ 市原悦子がS状結腸腫瘍で山田洋次監督映画を降板 芸能ニュースラウンジ 2012年2月4日
  8. ^ “市原悦子の夫4月に死去していた”. 日刊スポーツ. (2014年6月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140624-1322878.html 2019年1月14日閲覧。 
  9. ^ “市原悦子 自己免疫性脊髄炎で入院治療、5月復帰目指す”. スポニチアネックス. (2017年1月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/13/kiji/20170113s00041000162000c.html 2017年1月13日閲覧。 
  10. ^ “市原悦子 大河「西郷どん」語りで復帰 決め台詞は「チェスト」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年6月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/27/kiji/20170627s00041000124000c.html 2017年11月23日閲覧。 
  11. ^ 大河ドラマ『西郷どん』「語り」変更のお知らせ”. NHKドラマトピックス. NHK (2017年11月22日). 2017年11月23日閲覧。
  12. ^ “市原悦子 来年大河「西郷どん」語りを降板、代役に西田敏行…回復に「もう少し」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2017年11月22日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/22/0010754676.shtml 2017年11月22日閲覧。 
  13. ^ “市原悦子が仕事復帰!NHK「眠いいね!」で朗読、収録一発OK”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年3月13日). https://www.sanspo.com/article/20180313-OYHVH7QYYNLAJHRY4GXIS6UHNU/ 2018年3月13日閲覧。 
  14. ^ 82歳市原悦子、盲腸で入院 語りで出演のNHK総合「おやすみ日本」で発表”. サンスポ (2019年1月13日). 2019年1月13日閲覧。
  15. ^ 市原悦子さん死去 13日NHK「おやすみ日本」で盲腸と発表されたばかり”. スポーツニッポン (2019年1月13日). 2019年1月13日閲覧。
  16. ^ 日本経済新聞2019.1.21朝刊 文化欄
  17. ^ 沢部ひとみ「優しいやまんば 市原悦子のことば」第18回 週刊文春2019年9月19日号
  18. ^ [1],goo
  19. ^ [2],goo
  20. ^ “後輩・市原さんの声「日本の演劇界の宝」 仲代達矢さん”. 朝日新聞. (2019年1月13日). https://www.asahi.com/articles/ASM1F739GM1FUCLV00F.html 2019年1月16日閲覧。 
  21. ^ 裏番組である『特命刑事ザ・コップ』(朝日放送)ではナレーションを務めた。
  22. ^ 他界後も引き続き使用。
  23. ^ 裏番組である『ニッポン親不孝物語』(日本テレビ)では主演の近藤真彦扮する大川高志の母親大川敏子を演じた。
  24. ^ “関西ジャニーズJr.の西畑大吾、渡辺謙主演ドラマに出演”. ORICON STYLE. (2016年10月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2079765/full/ 2016年10月19日閲覧。 
  25. ^ 太陽の王子 ホルスの大冒険”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  26. ^ “新海誠「君の名は。」追加キャストに長澤まさみ、市原悦子、悠木碧、島崎信長ら7名”. 映画ナタリー. (2016年6月7日). http://natalie.mu/eiga/news/189903 2016年9月16日閲覧。 

外部リンク[編集]