大沢さやか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおさわ さやか
大沢 さやか
本名 栗原 健
くりはら さやか
生年月日 (1973-11-14) 1973年11月14日(49歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県我孫子市
国籍 日本
血液型 A型
ジャンル 女優声優
活動期間 1991年 -
著名な家族 栗田貫一(夫)
主な作品
ゴジラ』シリーズ
テンプレートを表示

大沢 さやか(おおさわ さやか、1973年[1]11月14日 - )は、日本女優[1]声優。本名:栗原 健(くりはら さやか/旧姓・大沢)。千葉県[1]我孫子市出身。身長は161cm血液型A型。所属事務所東宝芸能。夫は栗田貫一。趣味・特技は音楽鑑賞ピアノ水泳

略歴[編集]

高校在学中の1991年に第3回東宝「シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞し[1][2]、17歳で東宝芸能に所属[2]。受賞時の表記が本名の大沢 健おおさわ さやかだったため、同じ表記の大沢健と混同されるが、別人である。厳しい高校であったため、卒業までの間はレッスンのみを行っていた[1]

1992年12月12日公開の正月映画『ゴジラvsモスラ』(東宝)で今村恵子と共にインファント島民の小美人「コスモス」役でデビュー[1][2]。芸能活動と並行して和洋女子短期大学国文科を1994年に卒業。

2004年3月3日に栗田貫一と結婚テレビ映画舞台と幅広く活動[1]

人物・エピソード[編集]

デビュー前は怪獣などには詳しくなかったため、デビュー作がゴジラ映画と聞いて悲観し、自身がモスラの中に入るのではないかと誤解していた[2]。しかし、台本を読んで面白い役だと感じ、小美人の名前に「美人」と入っていることにも気を良くしたという[2]。ともにレッスンを受けていた今村と一緒であったことの安心感もあり、ブルーバックワイヤーアクションなど初めての経験も楽しかったという[3][2]。撮影中は自身の出演シーンがイメージできずにいたが、完成作品を観て映画の凄さを感じたと述べている[2]

ゴジラvsデストロイア』で共演した林泰文は、大沢について明るくテンションが高い人物であったと証言している[4]

6歳下の弟がいることから子供の世話を好んでおり、子役とも親しくしていた[3]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

舞台[編集]

  • 暴れん坊将軍
  • 赤ひげ
  • ちょっといいかな、女たち
  • 虹の橋
  • 杉良太郎公演
  • 喜劇・ああ離婚
  • 野獣郎見参

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g VSデストロイアコンプリーション 2017, pp. 16–17, 「キャストインタビュー 大沢さやか」
  2. ^ a b c d e f g モスラ映画大全 2011, p. 126, 聞き手・中村哲「インタビュー 女優 大沢さやか」
  3. ^ a b 東宝SF特撮映画シリーズ7 1993, pp. 159–161, 「インタビュー コスモス 大沢さやか」
  4. ^ 平成ゴジラパーフェクション 2012, pp. 98–99, 「キャストインタビュー 林泰文
  5. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 233, 「『ゴジラvsモスラ』作品解説」
  6. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 237, 「『ゴジラvsメカゴジラ』作品解説」
  7. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 245, 「『ゴジラvsスペースゴジラ』作品解説」
  8. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 249, 「『ゴジラvsデストロイア』作品解説」

参考文献[編集]

  • 『ゴジラVSモスラ』東宝出版・商品事業室〈東宝SF特撮映画シリーズVOL.7〉、1993年1月15日。ISBN 4-924609-43-9 
  • 『別冊映画秘宝 モスラ映画大全』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年8月11日。ISBN 978-4-86248-761-2 
  • 『平成ゴジラパーフェクション』監修:川北紘一アスキー・メディアワークス〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2012年2月10日。ISBN 978-4-04-886119-9 
  • 『東宝特撮映画大全集』執筆:元山掌 松野本和弘 浅井和康 鈴木宣孝 加藤まさし、ヴィレッジブックス、2012年9月28日。ISBN 978-4-86491-013-2 
  • 『ゴジラvsデストロイアコンプリーション』ホビージャパン、2017年12月9日。ISBN 978-4-7986-1581-3 

外部リンク[編集]