佐々木淳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 淳一(ささき じゅんいち、1955年11月26日 - )は、日本実業家。株式会社日本アクセス代表取締役社長、一般社団法人日本加工食品卸協会副会長。

人物・経歴[編集]

香川県出身。1979年神戸大学経済学部卒業、伊藤忠商事入社[1]合成樹脂部長化学品部門長代行等を経て、2008年執行役員中国総代表補佐に昇格。2010年常務執行役員中国総代表。2011年常務執行役員アセアン南西アジア支配人[2]

2016年から日本アクセス代表取締役社長を務め[1]ファミリーマートサークルKサンクスの統合効果で増収となる中[3]、課題となった経常利益率の向上にあたった[4]。2017年日本加工食品卸協会副会長[5]

脚注[編集]

先代:
田中茂治
日本アクセス社長
2016年 -
次代:
(現職)