火曜日の女シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

このページでは「火曜日の女シリーズ (かようびのおんなシリーズ)」と「土曜日の女シリーズ」について

説明します。

火曜日の女シリーズ

日本テレビ系列)

1969年11月4日~1972年3月まで毎週火曜夜9時30分から1時間枠。

同年4月~1973年3月27日まで毎週火曜日夜10時から(30分繰り下げ)1時間枠。

土曜日の女シリーズ

(「火曜日の女シリーズ」の放送時間変更)

1973年4月7日~9月まで毎週土曜日夜10時30分から1時間枠。

同年10月~1974年3月30日まで毎週土曜日夜10時から(30分繰上げ)1時間枠。

系列局によっては時差放送になっていたところがあり、その場合「(放送曜日)の女」(例・広島テレビ放送では「火曜日の女」時代に「日曜日の女」)と差し替えていた場合もある。

概要[編集]

各話は6回前後で完結するように作られていた。各話毎にいろいろな女優が主演している。

サスペンス・ミステリー系の本格的な連続ドラマとしては、日本初であるとされている。

火曜日の女シリーズ[編集]

タイトル 放映期間 制作会社 原作 脚本 音楽 監督 主演女優
死と空と 1969.11.4~
1969.12.9
東宝 アンドリュー・ガーヴ 石松愛弘 佐藤允彦 富本壮吉 浜美枝
耳飾り 1969.12.16~
1970.1.20
コーネル・ウールリッチ 大津晧一 鍛冶昇 団令子
恋の罠 1970.1.27~
1970.3.3
生田直親 山本迪夫 松尾嘉代
木の葉の舟 1970.3.10~
1970.4.14
松木ひろし 野村孝 星由里子
美しき獲物 1970.4.21~
1970.5.26
大映

テレビq室

アンドリュー・ガーヴ
「ギャラウェイ事件」
佐藤純彌
神波史男
富本壮吉 加賀まりこ
雨の日の罠 1970.6.2~
1970.7.7
日活 石松愛弘 吉田憲二 松原智恵子
人喰い 1970.7.14~
1970.8.18
東宝 笹沢左保 田村多津夫 浅野正雄 十朱幸代
蒼いけものたち 1970.8.25~
1970.9.29
横溝正史
犬神家の一族
佐々木守 鈴木敏郎 酒井和歌子
逃亡者
-この街の

どこかで-

1970.10.6~
1970.11.17
大映

テレビ室

佐藤純彌
松田寛夫
神波史男
小野竜之助
富本壮吉 長山藍子
蘭の殺人 1970.11.24~
1970.12.29
松田寛夫
小山内美江子
京マチ子
ある恋人たち 1971.1.5~
1971.2.9
東京映画 ノエル・カレフ
「名も知れぬ牛の血」
山浦弘靖 木下亮 大空眞弓
オパールと

サファイア

1971.2.16~
1971.3.23
東宝 菊島隆三
黒の斜面
菊島隆三 小野田嘉幹 市原悦子
クラスメート
-高校生

ブルース-

1971.3.30~
1971.5.4
国際放映 池田一朗 野村孝 武原英子
二人ぼっち 1971.5.11~
1971.6.15
松竹 鎌田敏夫
市川森一
水川淳三 倍賞美津子
おんな友だち 1971.6.22~
1971.7.20
大映

京都

撮影所

横溝正史
悪魔の手毬唄
佐々木守 黒田義之 范文雀
花は見ていた 1971.7.27~
1971.8.24
ユニオン

映画

山田正弘 富本壮吉 林美智子
九月は幻の海 1971.8.31~
1971.10.5
ビル・S・バリンジャー
「赤毛の男の妻」
西澤裕子
神代辰巳
中沢龍太
蔵原惟繕
神代辰巳
南田洋子
幻の女 1971.10.12~
1971.11.16
国際放映 ウィリアム・アイリッシュ 石松愛弘 長谷部安春 樫山文枝
喪服の訪問者 1971.11.23~
1971.12.28
シャーロット・アームストロング
「悪の仮面」
田向正健 大野雄二 石井輝男 丘みつ子
あの子が

死んだ朝

1972.1.4~
1972.2.8
大映

京都

撮影所

佐々木守 富本壮吉 加藤治子
マッチ箱の家 1972.2.15~
1972.3.28
東京映画 津田幸夫
田村多津夫
佐藤允彦 野村孝 香山美子
黒いオパール 1972.4.4~
1972.5.9
大映

テレビ

ボワロー=ナルスジャック
「もはやいなくなった女」
澤井信一郎
降旗康男
大野雄二 長谷部安春 松尾嘉代
ある朝、突然に… 1972.5.16~
1972.6.27
東宝 石松愛弘 山本迪夫 浜美枝
ホーム・スイート

・ホーム

1972.7.4~
1972.8.15
ユニオン

映画

エドワード・アタイヤ
「細い線」
池田一朗 富本壮吉 三田佳子
いとこ同志 1972.8.22~
1972.9.26
横溝正史
三つ首塔
佐々木守 松尾昭典 島田陽子
木の葉の家 1972.10.3~
1972.11.7
東宝 松木ひろし 佐藤允彦 山本迪夫 星由里子
山峡の章 1972.11.14~
1972.12.26
東京映画 松本清張 田村多津夫 大野雄二 野村孝 大空眞弓
男と女と 1973.1.2~
1973.2.6
国際放映 笹沢左保
結婚って何さ
岩間芳樹 井上芳夫 范文雀
ガラス細工の家 1973.2.13~
1973.3.27
ユニオン

映画

倉本聰 恩地日出夫 岸田今日子

土曜日の女シリーズ[編集]

タイトル 放映期間 制作会社 原作 脚本 音楽 監督 主演女優
闇にうかぶ微笑み 1973.4.7~
1973.5.12
国際放映 中島丈博 大野雄二 野村孝 真木洋子
明日に喪服を 1973.5.19~
1973.6.30
大映

テレビ

松田寛夫
神波史男
小野竜之助
富本壮吉 香川京子
殺意を呼ぶ海 1973.7.7~
1973.8.18
ユニオン

映画

アンドリュー

・ガーヴ
「囚人の友」

市川森一 井上芳夫 丘みつ子
天使が消えていく 1973.8.25~
1973.9.29
ユニオン

映画

夏樹静子 石松愛弘 恩地日出夫 日色ともゑ
恋人たちへの鎮魂歌
(日仏合作・

開局20周年記念)

1973.10.6~
1973.11.10
池田一朗 アンドレ

・ミッシェル
鍛冶昇

小川知子
クローディーヌ・オージェ
香港からの手紙 1973.11.17~
1973.12.29
東宝 桂千穂 山本迪夫 酒井和歌子
女子高校生

殺人事件

1974.1.5~
1974.2.16
ユニオン

映画

小峰元
「アルキメデスは

手を汚さない」

田村多津夫 野村孝 山口果林
鏡の中の顔 1974.2.23~
1974.3.23
アンドリュー

・ガーヴ
「遠い砂」

岩間芳樹 恩地日出夫 鰐淵晴子

ネット局[編集]

日本テレビ系 火曜21時30分~22:26枠
(1969.11 - 1972.3)
前番組 番組名 次番組
火曜日の女シリーズ
21:30~巨泉のチャレンジクイズ
YTV制作】
22:00~火曜日の女シリーズ
【30分繰上げ】
日本テレビ系 火曜22時枠
(1972.4 - 1973.3)
21:30~火曜日の女シリーズ
22:25~NNNニューススポット
【30分繰上げ】
22:30~ご両人登場
【月曜22:30に移動】
火曜日の女シリーズ
21:30~火曜劇場加那子という女
22:25~NNNニューススポット
【再び30分繰下げ】
22:30~ご両人登場
日本テレビ 火曜22時55分~22時56分枠
(1972.4 - 9)
ご両人登場
(22:30 - 23:00)
【同上】
火曜日の女シリーズ
【1分縮小して継続】
あすの空もよう
(22:55 - 23:00)
日本テレビ系 土曜22時30分枠~22時25分枠
(1973.4 - 9)
土曜日の女シリーズ
22:00~土曜日の女シリーズ
【30分繰上げ】
22:55~ミニ番組
(関東では『われら夫婦』)
23:00~JALビッグイベントゴルフ
【金曜22:00より移動】
日本テレビ系 土曜22時枠
(1973.10 - 1974.3)
21:30~グランド劇場
22:25~NNNニューススポット
【以上30分繰上げ】
22:30~土曜日の女シリーズ
土曜日の女シリーズ