小山内美江子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小山内 美江子
プロフィール
本名 笹平 美江子
誕生日 1930年1月8日(86歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市鶴見区
主な作品
テレビドラマ マー姉ちゃん
3年B組金八先生』シリーズ
父母の誤算
親と子の誤算
徳川家康
翔ぶが如く』 など
受賞
日本女性放送者懇談会賞(1995年)

小山内 美江子(おさない みえこ、本名:笹平 美江子(ささひら みえこ)、1930年昭和5年)1月8日 - )は、日本脚本家である。代表作には、TBSテレビドラマ3年B組金八先生』やNHK大河ドラマ徳川家康』『翔ぶが如く』などがある。


来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市鶴見区の出身であり、鶴見高等女学校(現在の鶴見大学附属高等学校学校法人総持学園)卒業。

1951年に、映画のスクリプター(記録係)となる。元々は映画監督を志望していたが、当時は女性では監督は無理だと言われていたため、撮影現場で監督の隣にいられる職を選んだ[1]

結婚を経て、妊娠(その後、長男の剛〈ごう〉を出産)をきっかけに脚本家に転じた。初めて脚本を手がけたのは、1962年2月10日放送のNHKのテレビドラマ「テレビ指定席」枠の『残りの幸福』である。1962年7月31日には、剛を無事に出産し、それを区切りとして離婚した。

その後、現在までに多くの作品を世に送っている。手がけた作品の中には、教育や子育てへの思いを込めたものがあり、『3年B組金八先生』をはじめ誤算シリーズ(『親と子の誤算』『父母の誤算』)などのテレビドラマによって、教育界でも知られるようになった。

また、かつてアクション、特撮ものも何本か執筆している。特撮の第一人者ともいわれた円谷英二が設立した円谷特技プロダクション(現在の株式会社円谷プロダクション)の初めての作品である『ウルトラQ』では企画段階から打ち合わせに参加していた[1]。怪獣や空想設定のキャラクターが一切登場しない話「あけてくれ!」を執筆するが、その後『ウルトラQ』が怪獣路線へと転向したため担当を外れた[1]

1990年湾岸戦争の直前にヨルダン・ハシェミット王国への支援に参加し、難民キャンプでボランティア活動を行う。1993年には教育困難な国で学校建設の活動を行う特定非営利活動法人JHP・学校をつくる会[2]を設立するなど、国際協力活動も行っている。

1995年度の日本女性放送者懇談会賞を受賞する[3]

2004年10月現在、特定非営利活動法人JHP・学校をつくる会代表理事のほかに、社団法人日本シナリオ作家協会理事、特定非営利活動法人日本子どもNPOセンター理事、社会福祉法人NHK厚生文化事業団理事(非常勤)、熱海国際交流協会会長なども務めている。

2005年1月に、癌の為に『金八先生』第7シリーズの第11話以降の脚本から降板したと発表されている。それに関連して、自身の『金八先生』への思いをつづった『さようなら私の金八先生』(講談社)を出版した。

2005年3月、「マガジン9条」発起人となった[4]

2007年、『週刊文春』誌上で病気は脚本執筆に支障はなく、TBSによって一方的に「更迭」されたと主張した。また、自身の降板後の『金八先生』第7シリーズの展開に関して「非現実的」と批判し、金八シリーズは「もうやらないほうがいい」と話している[5]。その後、TBS側と和解し、2007年秋から第8シリーズが放送された[6]

長男の笹平剛(ささひら ごう、本名)は、俳優・映像作家の利重剛(りじゅう ごう)として活躍しており、母が脚本を担当した『徳川家康』では豊臣秀頼役、『金八先生』第6シリーズでは性同一性障害の相談に乗る医師役で出演している。

エピソード[編集]

  • 執筆した『ウルトラQ』第28話は、内容が難解との理由で急遽別番組(『ウルトラマン前夜祭』)に変更され、本放送では放送されなかった。この第28話は、翌年のシリーズ再放送時(下記放送日)が初放送となり、理由は不明だが、第24話として放送された。
  • 『帰ってきたウルトラマン』に登場した宇宙人名は脚本では決まっていなかったが、プロデューサーの熊谷健が小山内の本名からササヒラーと命名した[7][1]。しかし放送後、姪が怪獣扱いされていじめられ、兄嫁から怒られたという[1]
  • 1979年3月4日から同年9月30日にテレビ『象印クイズ ヒントでピント』の初代女性軍キャプテンを務めていた。
  • 2004年に闘病しながら『3年B組金八先生』第7シリーズの脚本を執筆していた際には、「ほとんど命がけ」という心境だっただけに、放送開始前に「金八バラエティ」「似て非なる金八まがい」[8]が放送されていたのには衝撃を受け、TBSに対する不信感が募ったという[9]
  • 『3年B組金八先生』や『愛がわたしを』など、多数の作品でTBSの柳井満プロデューサーと組んだ。しかし後年に月刊誌で、柳井によって『金八先生』は「乗っとられにあっています」とも発言している[10]
  • 『金八先生』に主演している武田鉄矢は、「『週刊文春』の記事に書いてあることは、すべて真実です」として、TBSのスタッフと小山内との「行き違いはもう10年以上前、88年の第3シリーズくらいから、ことあるごとにずーっと続いていました」「小山内先生のお気持ちもよーくわかります」と話している[11]

執筆作品[編集]

著書[編集]

  • 『すばらしき遭難』(1978年 旺文社
  • 『親と子と 裁かれる明日』(1979年 集英社文庫
  • 『21世紀を生きる君たちへ』(1984年 岩波ジュニア新書
  • 『フレンドシップ物語 愛のホームステイ』(1985年 集英社
  • 『そして幕があがった』(1986年 集英社文庫)
  • 『あおげば尊しほうき星  ドキュメント・わが母』(1986年 旺文社)
  • 『ヨルダン難民救援への旅』(1991年 岩波ジュニア新書)
  • 『母と子の旅立ち ― 新しいふれあいを求めて』(1992年 集英社文庫)
  • 『外国人労働者と私たち』(1992年 労働旬報社)
  • 『それぞれの老いじたく』(1994年 家の光協会
  • 『フットワーク軽くボランティア』(1995年 家の光協会)
  • 『風のドア』(1995年 朝日新聞社
  • 『カンボジアから大震災神戸へ』(1996年 労働旬報社)
  • 『日本の名随筆 家出』(1996年 作品社)〈編著〉
  • 『メコンに輝け桜小学校 草の根ボランティア奮闘記』(1999年 佼成出版社)
  • 『できることからはじめよう―ハナコと太郎のボランティア青春記』(1999年 講談社
  • 『「ボス」と慕われた教師 学校づくりは石狩で、カンボジアで』(2003年 岩波書店
  • 『「赤い靴」の女たち』(2003年 集英社be文庫)
  • 『さようなら私の金八先生 25年目の卒業』(2005年 講談社)

共著

  • 『「生きる」を考えるとき わが10代アンソロジー』 (1999年 NHK出版
  • 『司馬遼太郎の流儀 その人と文学 』(2001年 NHK出版)
  • 『語るには若すぎますが 2』 (2003年 河出書房新社
  • 『わたしの失敗 著名人の体験』(2006年 産經新聞出版)
  • 『1人ひとりにできること1人のためにできること』(2008年 ダイヤモンド社
  • 『「私」が「わたくし」であることへ  吉武輝子対話集』(2009年 パド・ウィメンズ・オフィス)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦 2013, pp. 106 - 107, 小山内美江子インタビュー.
  2. ^ 当時は、任意団体「カンボジアの子供に学校をつくる会」。
  3. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。
  4. ^ マガジン9とは?
  5. ^ 『週刊文春』2007年3月1日号
  6. ^ 小山内は“原作”とクレジットされ、脚本は清水有生が執筆した。
  7. ^ 『帰ってきたウルトラマン大全』(双葉社)
  8. ^ 新すぃ日本語』(2004年 TBS)
  9. ^ 『さようなら私の金八先生』(講談社)
  10. ^ 『シナリオ』2006年1月号
  11. ^ 『女性自身』2007年3月13日号
  12. ^ 制作は1969年。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]