大森美香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大森 美香(おおもり みか、1972年〈昭和47年〉3月6日 - )は、日本脚本家演出家映画監督福岡県築上郡築城町(現・築上町)出身。

大森 美香
プロフィール
誕生日 1972年3月6日
出身地 日本の旗福岡県築上郡築城町(現・築上町
主な作品
テレビドラマカバチタレ!
ロング・ラブレター〜漂流教室〜
ランチの女王
きみはペット
不機嫌なジーン
風のハルカ
マイ☆ボス マイ☆ヒーロー
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜
夏の恋は虹色に輝く
10年先も君に恋して
あさが来た
青天を衝け
映画デトロイト・メタル・シティ
カイジ 人生逆転ゲーム
受賞
第28回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞
カバチタレ!
第23回向田邦子賞
『不機嫌なジーン』
第24回橋田賞
『あさが来た』
テンプレートを表示

略歴[編集]

映画やドラマや芝居が好きな母親に影響を受け中学の頃は、演劇部に入部した。

神奈川県立横浜翠嵐高等学校卒業。青山学院女子短期大学芸術学科卒業[1]

短大卒業後、名古屋テレビ放送に入社。東京本部で一般職として経理、秘書業務等を担当。24歳で退社。

在職中から受講していたマスコミセミナーの講師であったフジテレビの山田良明編成局制作室第一制作部企画担当部長(当時)に掛け合い、フジテレビの契約ADの職を得る。AD休職中に書き上げた脚本を山田に持ち込み、『美少女H』(1998年)・第12話「十七歳の記録」[2]で脚本家・演出家デビュー。2000年からフリーランス2000年、フリーに転向し、連ドラ初脚本作『カバチタレ!』(2001年)がヒット。同年に『カバチタレ!』で第28回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞を受賞した[3]。以後、月9や朝ドラの脚本も手掛けるようになる。

その後、テレビドラマロング・ラブレター~漂流教室』(2002年)、『ランチの女王』(2002年)、『きみはペット』(2003年)などのヒットドラマの脚本を手掛け、フジテレビ系連続ドラマ『不機嫌なジーン』(2005年)で第23回向田邦子賞を史上最年少で受賞した[3]。同年にNHK朝の連続テレビ小説風のハルカ』(2005年)で脚本を執筆した[3]

他にも『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(2006年)、『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー』(2009年)、『夏の恋は虹色に輝く』(2010年)、『10年先も君に恋して』(2010年)などがある[3]。2015年、NHK朝の連続テレビ小説あさが来た』で脚本を担当した。2016年『あさが来た』で第24回橋田賞を受賞[3]

2021年放送開始の大河ドラマ青天を衝け』で脚本を担当する[4]

人物[編集]

脚本[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

監督[編集]

テレビドラマ[編集]

  • エジソンの母(2008年、TBS)※9話のみ演出を兼任
  • 恋とおしゃれと男のコ(2002年、BS-i)
  • 0号室の客 Fourth Story 追い詰められた男(2010年1月8日 - 1月29日(全4話)(フジテレビ))

映画[編集]

  • CROSS(2001年) - 監督・脚本
  • 恋文日和「あたしをしらないキミへ」(2004年) - 監督・脚本
  • 2番目の彼女(2004年) - 監督・脚本
  • ネコナデ(2008年)
  • プール(2009年) - 監督・脚本

小説[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ シリーズ 卒業生はいま… 第7回 大森美香 青山クーリエ No.134(2005.7.1)
  2. ^ インタビュー連載・ニホンゴまざぁ ドラマのコトバ大森美香さん <前編> recre編集室(2005.7.25)
  3. ^ a b c d e 脚本家・大森美香インタビュー「『あさが来た』はこうして生まれた――」|PLANETS|note” (日本語). note(ノート). 2021年2月19日閲覧。
  4. ^ NHK、2021年大河は渋沢栄一が主人公 「青天を衝け」 吉沢亮さん主演” (日本語). 毎日新聞. 2019年9月9日閲覧。
  5. ^ 最近の私。。。”. 秦建日子のブログ (2006年10月11日). 2015年1月19日閲覧。
  6. ^ 映画クランクイン!!”. 入山法子オフィシャルブログ (2008年3月29日). 2015年1月19日閲覧。
  7. ^ ELLE 2009年1月号 大森美香記事より。
  8. ^ ハルカ会”. 升毅オフィシャルブログ (2007年8月26日). 2015年1月19日閲覧。
  9. ^ 『連続テレビ小説 風のハルカ ムック』(2005年9月、NHK出版)大森美香インタビューより。
  10. ^ 番組エピソード 空想・仮想・理想・妄想!『もしもドラマ』 NHKアーカイブス
  11. ^ 橋田賞 作品・受賞者を発表”. 毎日新聞 (2016年4月1日). 2016年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]