常田久仁子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ときた くにこ
常田久仁子
生年月日 1928年
没年月日 2010年11月3日
職業 テレビプロデューサー
ジャンル バラエティ番組トーク番組クイズ番組
事務所 文化放送→元フジテレビ千代田企画
主な作品
お昼のゴールデンショー
コント55号の世界は笑う
ラブラブショー
欽ちゃんのドンとやってみよう!
三波伸介の凸凹大学校
アイ・アイゲーム
TVプレイバック
クイズ!早くイッてよ
おそく起きた朝は…
おそく起きた昼は…
はやく起きた朝は…

常田 久仁子(ときた くにこ、1928年 - 2010年11月3日)は、日本のテレビプロデューサー


来歴[編集]

東京府(現:東京都)出身[1]1951年文化放送へ入社。その後1959年フジテレビ開局と同時に転籍。社会教育番組を手掛けた後、演芸畑へ異動。寄席へ通い、萩本欽一三波伸介と出会い『欽ちゃんのドンとやってみよう!』(1975年 - 1980年)等を手がけた[2]1976年日本女性放送者懇談会賞を受賞する[3]

フジテレビでは役員待遇副部長となるが退職し、フリーのプロデューサーに[2]千代田企画では、『三波伸介の凸凹大学校』(1977年 - 1982年)・『アイアイゲーム』(1979年 - 1985年)・『TVプレイバック』(1985年 - 1989年)・『クイズ!早くイッてよ』(1989年 - 1992年)等を手掛ける。

その後、『はやく起きた朝は…』(2005年 - )ではエグゼグティブプロデューサーとスーパーバイザーとして携わり、80歳過ぎまで現役で活動した[4]

2010年11月3日、致死性不整脈のため東京都板橋区内の病院で死去。82歳没[1]。同年11月26日東京都内でお別れ会が行われた[5]

人物[編集]

人気バラエティ番組を手掛けた1980年代にはテレビドラマを手掛けるTBS石井ふく子プロデューサーとともにテレビ界の二大女性プロデューサーと呼ばれた[2]

1968年に始まる『お昼のゴールデンショー』( - 1972年)で初めて仕事をともにした萩本欽一とは、その後も『コント55号の世界は笑う』(1968年 - 1970年)・『欽ドン!』を手掛けており、萩本が恩人と仰ぐ一人である。浅草時代に荒っぽい喋りだった萩本にていねいな言葉遣いをするように注意し、萩本は「『欽ちゃん』のしゃべりは、常田さんがつくってくれたんです」と語っている[6]。お別れ会の際にも「浅草から出てきた小汚いタレントを、萩本欽一という別の人間にしてくれた」と、号泣しながら感謝の言葉を述べた[5][7]

手がけた番組[編集]

フジテレビ時代[編集]

千代田企画時代[編集]

関係人物[編集]

フジテレビ[編集]

番組出演者[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “常田久仁子さん死去 テレビ番組プロデューサー”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年11月8日). http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010110801000806.html 2012年12月18日閲覧。 
  2. ^ a b c 伊東弘祐「常田久仁子 女ひとり、笑いの天国を行く」『ブラウン管の仕掛人たち テレビ最前線・現代プロデューサー事情』日之出出版、1983年、pp.38-45
  3. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。
  4. ^ 横澤彪のチャンネルGメン∞「80歳で現役!女性プロデューサー常田久仁子さんJ-CASTテレビウォッチ 2007年5月9日
  5. ^ a b 萩本欽一“母”に感謝の涙「別の人間にしてくれた」 - スポーツニッポン、2010年11月27日
  6. ^ 小林信彦、萩本欽一『小林信彦 萩本欽一 ふたりの笑タイム 名喜劇人たちの横顔・素顔・舞台裏』集英社、2014年、pp.57-58
  7. ^ 朝日新聞別刷り「Be on Saturday」2011年6月18日付、b9面「順風満帆―萩本欽一(中)」より