兼高かおる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かねたか かおる
兼高 かおる
生誕 兼高ローズ
1928年2月29日(88歳)
兵庫県神戸市
出身校 ロサンゼルス市立大学
職業 ジャーナリストレポーター
ナレータープロデューサー
ディレクター
著名な実績 1958年:世界早回り
73時間9分35秒の新記録
1971年南極点到達
一般女性初
テレビ番組 兼高かおる世界の旅
1959年 - 1990年
受賞 1967年文化庁芸術選奨新人賞
1980年日本女性放送者懇談会賞
1985年外務大臣表彰
1990年菊池寛賞
1991年文化庁芸術選奨文部大臣賞
1991年:紫綬褒章

兼高 かおる(かねたか かおる、本名:兼高ローズ1928年2月29日 - )は、日本ジャーナリスト(ツーリストライター)。日本旅行作家協会会長。

兵庫県神戸市生まれ。香蘭女学校卒業後、ロサンゼルス市立大学に留学。その後ジャーナリストとしてジャパンタイムスなどで活躍する。海外取材が多く、150カ国以上に渡航したことで知られる。


経歴[編集]

人物・エピソード[編集]

  • 初めて南極点に到達した一般女性のうちの一人である。1969年にアメリカ大使館に申請して許可を得たが、名前の「かおる」を男性の名前だと勘違いされており(当時女性に南極渡航の許可は出ていなかった)、直前にキャンセルとなった。1971年にようやく許可が下り、南極点に到達。そのとき同行していた南米の女性と「どちらが一番とかなしにしよう」と話し合って、「1、2の3」で同時に南極点に立てられていたポールにタッチしたそうである。ちなみに北極点は、1989年4月に到達している。
  • 動物好き(とくに犬)だが、猿とだけは非常に相性が悪く、どんなにおとなしい猿でも襲い掛かられてしまう。
  • ミクロネシアのマーシャル諸島に自分の島(カオル・エネ)を持っている。これは観光化がブームとなっていたときに現地の大酋長の相談に乗ったお礼としてもらったものであった。ちなみにカオルとは、現地の言葉で「美しい」という意味だそうである。
  • 2010年に朝日新聞の連載インタビューを受け、82歳になった現在でも世界各国を飛び回っていると述べた。その理由は、時々刻々と変化する世界の情勢は常にじかに見なければならない(要約)という方針による[2]
  • 独身である。結婚することがわからないという。

役職[編集]

出演[編集]

著書・訳書[編集]

  1. 『世界とびある記』光書房、1959年、(国立国会図書館デジタル化資料 - 世界とびある記)
  2. 『世界の旅』講談社1961年
  3. 『世界の旅 オセアニア編』実業之日本社1962年 (国立国会図書館デジタル化資料 - 世界の旅. [第1] (オセアニア編))
  4. 『生活の随筆 第12 (外遊)』筑摩書房、1962年 お嬢さん滞米記(兼高かおる)
  5. 『兼高かおる 世界の旅』講談社、1963年
  6. 『兼高かおる 世界の旅』講談社、1964年
  7. 『兼高かおる アフリカの旅』講談社、1967年 (国立国会図書館デジタル化資料 - 兼高かおるアフリカの旅)
  8. 『兼高かおる アフリカの旅』講談社、1968年
  9. 『世界の楽園 第1 (南太平洋)』兼高かおる 監修、番町書房1970年
  10. 『世界の楽園 第2 (地中海)』兼高かおる 監修、番町書房、1970年
  11. 『世界の楽園 第3 (ヨーロッパ)』兼高かおる 監修、番町書房、1970年
  12. 『世界の楽園 第4 (ラテン・アメリカ)』兼高かおる 監修、番町書房、1970年
  13. 『世界の楽園 第5 (北アメリカ)』兼高かおる 監修、番町書房、1970年
  14. 『世界の楽園 第6 (アフリカ)』兼高かおる 監修、番町書房、1970年
  15. 『世界の楽園 第7 (アジア)』兼高かおる 監修、番町書房、1970年
  16. 『ヌング少年とマダムヒッポのお話』バベット・コール 作、兼高かおる 訳、 CBS・ソニー出版 1979年
  17. 『学習こども百科 17』沢田清 、兼高かおる 監修、 学研、1979年
  18. 『この人と語る:山下勇対談集』日経事業出版社1981年
  19. 『兼高かおる 旅のアルバム』講談社、1985年 ISBN 4062020203
  20. 『スーツ・ケースのティータイム 旅ほど素敵な人生はない』講談社、1985年 ISBN 4062019310
  21. 『動物たちの大自然 地球180周の取材ノート』(Visual books 1) ソニー・マガジンズ、1991年 ISBN 4789706966
  22. 『民族の色彩 160カ国の旅日記』(Visual books 2) ソニー・マガジンズ、1991年 ISBN 478970694X
  23. 『世界の祭り 721万キロの紀行文』(Visual books 3) ソニー・マガジンズ、1991年 ISBN 4789706958
  24. 『私の愛する憩いの地』新潮社1992年 ISBN 410387001X のち文庫 1995年 ISBN 4101365113
  25. 『私の好きな世界の街』新潮社、1996年 ISBN 4103870028 のち文庫 2000年 ISBN 4101365121
  26. 『都市の時代の私の提言 日本の都市に問われる美への感性』全国市長会 編、市政1997年5月 ISSN 04886801
  27. 『せかいのこっき』 (ミッキー幼児えほん 20) 兼高かおる 監修、講談社、1999年 ISBN 4062679701
  28. 『わたくしが旅から学んだこと 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!』 小学館2010年9月 ISBN 9784093881272 のち文庫 2013年 ISBN 9784094088069

論文・記事[編集]

  1. 朝日ジャーナル朝日新聞社、1962年1月 p.40 素顔 兼高かおるさん/高橋啓
  2. 『あなたとともに伸びゆく : 協和銀行フジ・インターナショナル・コンサルタント出版部、1964年 p.179 〝お金〟のはなし 兼高かおる
  3. 財界展望』財界展望新社、1964年10月 p.60-63 座談会-オリンピックを試金石に-受入れ体制整った観光業界/見角修二、安居院平八、木幡兵吾郎、宮川肇、古田英雄、前田商次、杉井要太郎、兼高かおる
  4. 『建設月報』建設広報協議会、1966年11月 p.8-19 座談会 国土建設の長期構想案をめぐって/橋本建設大臣 木内信胤丹下健三、兼高かおる、志村計画局長
  5. 週刊平凡平凡出版株式会社、1967年5月 p.105 ブラウン管の向こう側 本誌記者がローマで見た取材ぶり 兼高かおる世界の旅
  6. 東邦経済東邦経済社1969年8月 p.58 茶の間の人気物〝お笑いカラー寄席〟〝兼高かおる世界の旅〟
  7. 『藤島泰輔の世相談議-3-海外取材から見た政治--自由なき共産圏--世界一幸せな日本人』月刊自由民主 / 自由民主党 編、1977年3月
  8. 『スクウェア21』全国経営者団体連合会、1991年3月 p.38-39 兼高かおる~世界の旅--「世界の旅」が日本人を変える--ジャーナリスト 兼高かおる
  9. 週刊新潮新潮社、1991年11月 p.100-104 憩いの地(20)--キリバス/兼高かおる
  10. 産業新潮産業新潮社、1993年9月 p.122 一枚の写真から--兼高かおるさんと欧陽菲菲さん
  11. 『Vesta』味の素食の文化センター、2001年 p.9-15 座談会 食事マナーの比較とゆくえ--下村道子+兼高かおる+熊倉功夫+ウィリアム・スティール
  12. 『美人伝心 : 15人のアンチエイジングアライアンス宣言』講談社 編、植島啓司 監修 2011年 ISBN 9784062172622 --考える/兼高かおる

評論[編集]

  1. 『放送をつくった人たち』塩沢茂オリオン出版社、1967年 p.216 現代の稗田阿礼 - 世界の旅と兼高かおる - 国立国会図書館デジタル化資料 - 放送をつくった人たち
  2. 『放送文化』日本放送出版協会、1973年5月 p.26 映像の紀行文学〈TBS兼高かおる世界の旅〉/多賀敬二
  3. 潮出版社、2002年8月 p.205-212 モノクロ・グラビア テレビの世紀(7)兼高かおる世界の旅 中島 久美子

ビデオ[編集]

  1. 『最上川仙人堂 今よみがえる』最上川シティ企画、2006年 VHS 23分 制作:ビデオフォート 出演:斎藤茂太、兼高かおる、戸川幸夫西岡秀雄藤島泰輔杉田房子

レコード[編集]

  1. 『兼高かおる/世界の旅 ヨ-ロッパ編』東芝レコードLP 30cm 1枚
  2. 『兼高かおる世界の旅 第2集 』東芝レコード、LP 30cm 2枚
  3. 『兼高かおる世界の旅 第3集;アフリカ・北アメリカ・中南米編』東芝レコード、LP 30cm 1枚

参考文献[編集]

外部リンク[編集]