兼高かおる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かねたか かおる
兼高 かおる
生誕 兼高ローズ
(1928-02-29) 1928年2月29日
兵庫県神戸市
死没 (2019-01-05) 2019年1月5日(90歳没)
東京都港区
出身校 カリフォルニア大学ロサンゼルス校
職業 ジャーナリストレポーター
ナレータープロデューサー
ディレクター
著名な実績 1958年:世界早回り
73時間9分35秒の新記録
1971年南極点到達
一般女性初
テレビ番組兼高かおる世界の旅
1959年 - 1990年
受賞 1967年文化庁芸術選奨新人賞
1980年日本女性放送者懇談会賞
1985年外務大臣表彰
1990年菊池寛賞
1991年文化庁芸術選奨文部大臣賞
1991年:紫綬褒章

兼高 かおる(かねたか かおる、本名:兼高ローズ(かねたかローズ)、1928年2月29日 - 2019年1月5日[1])は、日本ジャーナリスト(ツーリストライター)である。日本旅行作家協会名誉会長。

兵庫県神戸市生まれ。1946年香蘭女学校卒業後、1954年ロサンゼルス市立大学に留学。その後ジャーナリストとしてジャパンタイムスなどで活躍する。海外取材が多く、150カ国以上に渡航したことで知られる。


経歴[編集]

神戸市に生まれ、香蘭女学校を卒業後渡米し、カリフォルニア大学ロサンゼルス校に留学。帰国後、ジャパン・タイムスなどのフリーランサーとして活躍。1959年から1990年まで『兼高かおる世界の旅』(TBS系)でナレーター、ディレクター兼プロデューサーを行う。取材国は約150か国、距離にして地球を180周もしたことになる。国際関係の仕事に従事し数多くの協会のメンバーでもある。1985年より名誉館長をつとめる淡路島の“旅の資料館”に各地から持ち帰った民芸品類を展示している。1986年から2006年5月まで“横浜人形の家”の館長に就任。

人物・エピソード[編集]

  • 初めて南極点に到達した一般女性のうちの一人である。1969年にアメリカ大使館に申請して許可を得たが、名前の「かおる」を男性の名前と勘違いされており(当時女性に南極渡航の許可は出ていなかった)、直前にキャンセルとなった。1971年にようやく許可が下り、南極点に到達。そのとき同行していた南米の女性と「どちらが一番とかなしにしよう」と話し合って、「1、2の3」で同時に南極点に立てられていたポールにタッチしたそうである。ちなみに北極点は、1989年4月に到達している。
  • 動物好き(とくに犬)であるが、猿とだけは非常に相性が悪く、どんなにおとなしい猿でも襲い掛かられてしまう。
  • ミクロネシアマーシャル諸島に自分の島(カオル・エネ)を持っている。これは観光化がブームとなっていたときに現地の大酋長の相談に乗ったお礼としてもらったものであった。ちなみにカオルとは、現地の言葉で「美しい」という意味だそうである。
  • 82歳になった2010年に朝日新聞の連載インタビューで、当時でも世界各国を飛び回っていると述べた。その理由は、時々刻々と変化する世界の情勢は常にじかに見なければならない(要約)という方針による[4]
  • 生涯独身であった。結婚することがわからないという。

役職[編集]

出演[編集]

著書・訳書[編集]

論文・記事[編集]

評論[編集]

ビデオ[編集]

レコード[編集]

  • 『兼高かおる/世界の旅 ヨ-ロッパ編』東芝レコードLP 30cm 1枚
  • 『兼高かおる世界の旅 第2集 』東芝レコード、LP 30cm 2枚
  • 『兼高かおる世界の旅 第3集;アフリカ・北アメリカ・中南米編』東芝レコード、LP 30cm 1枚

参考文献[編集]

外部リンク[編集]