横澤彪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よこざわ たけし
横澤 彪
生誕 1937年12月15日
群馬県前橋市
死没 (2011-01-08) 2011年1月8日(満73歳没)
東京都
死因 肺炎
国籍 日本の旗 日本
別名 横澤オジン彪
民族 日本人
出身校 東京大学
職業 テレビプロデューサー
活動期間 1962年 - 1995年
テレビ番組 オレたちひょうきん族
森田一義アワー 笑っていいとも!
「笑っていいとも!増刊号」他
肩書き 「笑っていいとも!」初代プロデューサー
任期 1982年10月4日 - 1987年10月2日
後任者 佐藤義和荻野繁
配偶者 あり
横澤陸郎(元朝日新聞千葉支局長)

横澤 彪(よこざわ たけし、1937年12月15日 - 2011年1月8日)は、日本の元テレビプロデューサー。通称「オジン」。フジテレビプロデューサーを経て、吉本興業東京本社代表、専務取締役東京本部本部長などを歴任。鎌倉女子大学児童学部教授を経て、晩年はフリーの立場で活動した。群馬県出身。実父は元朝日新聞千葉支局長の横澤陸郎。

来歴・人物[編集]

群馬県前橋市に生まれる。父が新聞記者であったため転居・転校を繰り返した。出生後すぐに長野県長野市に移り、その後も東京都杉並区新潟県新潟市、新潟県高田市(現・上越市)、秋田県秋田市神奈川県横浜市と、平均2年半に1回のペースで移り住んだ。どこへ行っても東京弁を喋る「東京っ子」として異端視され、いじめられるのは日常茶飯事で、これが「ネクラ人間横澤彪」のルーツとなった。転校が多かったため小学生時代は友達を作らない主義で、すぐ別れが来る悲しさが嫌で人を避けて映画やラジオ番組に没頭していたという[1]

自身「郷里はどちらですか」という質問が一番苦手と言い、「郷里はありません」と答えることもあり、「父は岩手、母は静岡です」と加えるとき、「群馬県の前橋生まれです」と言って済ませるとき、丁寧にすべて説明するときとあり、いずれも説明は苦痛と話しており[2][3]、いわば「多国籍」と述べたこともある[1]

神奈川県立横浜翠嵐高等学校から千葉県立千葉高等学校に編入学。その後、浪人をし東京大学文学部社会学科に入学したが、留年したため入学以来の学友と卒業式に出席した経験がない。1962年に同大学を卒業し、大学時代の友人の誘いでフジテレビ(現・フジ・メディア・ホールディングス)に入社。最初に配属されていたのが製作現場でなかったらすぐ退社していたかもしれなかったという[1]

大学時代の友人とは60歳を過ぎても交流が続いていた[1]

東京大学文学部社会学科の1期後輩には東京放送ホールディングス代表取締役会長の井上弘、18期後輩にはTBS報道局解説委員杉尾秀哉がいる。フジテレビの同期は元同社社長の村上光一。フジテレビでは労働組合運動にかかわって社長の鹿内信隆の逆鱗に触れたため、1970年に「経営合理化のため制作部門を分社」の大義名分のもと産経新聞出版局に左遷させられるなど辛酸をなめたが、このとき、同じ業界の光文社神吉晴夫から「既成概念にとらわれない」ということを学ぶ。その後の1974年に『ママとあそぼう!ピンポンパン』で初プロデューサーを経験し、1980年に『THE MANZAI』で頭角を現し始めた。その後も『らくごin六本木』『スター千一夜』『笑ってる場合ですよ!』『森田一義アワー 笑っていいとも!』『オレたちひょうきん族』などを手掛け、1年先輩の日枝久鹿内春雄(社長信隆の長男)とともに視聴率低下で苦境に立たされていたフジテレビの立て直しを果たした。また、お笑い界のビッグ3ことタモリビートたけし明石家さんまをスターダムへと押し上げることに一役買った。

『オレたちひょうきん族』では、同番組内コーナー「ひょうきん懺悔室」で神父役として出演していた。ただし、家族は横澤の娘がキリスト教系列の学校に通学していた関係から、横澤が演じていたこの役を嫌がったという。同じく『ひょうきん族』時代には、TBSテレビで裏番組として放送されていた『8時だョ!全員集合』を意識した、今では考えられない数々の演出を行った。コントのはしばしで『全員集合』の名前を出し、揚げ句の果てには『全員集合』のオープニングテーマを流しながら「ひょうきん族がなければね」「わしもそう思う」というパロディCMを作るほどであった。ちなみにこのパロディの元ネタは、毎日放送突然ガバチョ!』に登場していたキャラクター「わしもそう思う博士」を日本ハムが起用したCMである。番組内ではひょうきんディレクターズ等のコーナーで番組スタッフを番組に出演させ、それまで提供読みかスポットニュースくらいしか出番がなかった女性アナウンサーコントの中に起用し、テレビではタブー視されていた楽屋落ち寸劇の中に取り込むなど今日にも受け継がれているバラエティ番組の手法を多く開発し賛否両論ながらも話題を集めた。

1987年には『FNSスーパースペシャル1億人のテレビ夢列島』第1回ゼネラルプロデューサーを務める。同年9月を以って自身がプロデューサーを務めていたレギュラー番組を全て降板し、ひょうきんディレクターズに引き継いだ(『オレたちひょうきん族』は三宅恵介、『笑っていいとも!』は佐藤義和荻野繁、『いただきます』は山縣慎司がそれぞれ後任のプロデューサーとして就任した)。その後1989年には『テレビ夢列島』第3回総合プロデューサーを、1992年1993年には『平成教育テレビ』でエグゼクティブプロデューサーを務めた。また、1993年には全国一斉公開模試試験で、フジテレビの生徒役で平成問題に挑戦した。

役員待遇編成局ゼネラルプロデューサーに昇進したかたわら、ヴァージンジャパン[4]社長も兼任。1995年3月にフジテレビを退社した。定年を待たない退社となったが、人間に定年があるのがおかしいと思っており、定年という概念があってはならないとも思っていた[1]

フジテレビ退社後は、吉本興業役員に転じ、東京支社長や専務取締役を歴任した。(フジテレビ退社直後から吉本興業への転職に関する事と吉本興業での初仕事に関した事は、日本テレビ「スーパーテレビ 情報最前線」で1994年に詳細に放送された。)同社にはそれほど長く在籍するつもりではなかったが、後に吉本興業の社長となる林裕章に懇願され、長期にわたり勤めたという[5]2005年相談役を退任し、翌2006年にインターネットサイトJ-CASTでコラム『横澤彪のチャンネルGメン69』の連載を開始した。『Gメン69』では、古巣の吉本興業やフジテレビに対しても歯に衣着せぬ主張を展開。一部の論考(左利き批判[6]など)が反響を呼び、議論を沸騰させたこともある。2007年には悪性リンパ腫の闘病を告白し、話題となった。

2011年1月8日肺炎のため東京都内の病院で死去[7]。73歳没。1月13日に通夜、翌14日に告別式が東京都大田区内の池上本門寺で営まれた。告別式には片岡鶴太郎山田邦子栗原小巻、俳優の山崎努など約600人が参列した。品川区桐ヶ谷斎場荼毘に付された。戒名富岳院衆楽日彪居士[8]。また、奇しくも横澤のフジテレビ時代の先輩だった高田明侑プロデューサーも尿毒症で横澤と同じ2011年1月8日に逝去した[9]

プロ野球横浜ベイスターズの大ファンであり、同じく大の横浜ファンであるジャズピアニスト山下洋輔1998年に横浜が38年ぶりの日本一になった日に共に美酒を味わった事を思い出として語っている[10]。また、TBS調査情報で行ったテレビマンユニオン代表取締役会長の重延浩とTBS常務取締役の衣笠幸雄との三者対談では、TBSニュースバードで横浜戦を試合開始から欠かさず見ており、横浜が負けた時はあまりの悔しさにテレビを蹴り上げていると述べている[11]

担当番組[編集]

フジテレビ時代[編集]

吉本興業役員時代[編集]

()内は横澤が担当した役職。

  • モーリーモールの冒険(総合プロデューサー、制作)※吉本興業移籍後の初仕事。
  • AHERA(ゼネラルプロデューサー)
  • アメジャリチハラ(スペシャルアドバイザー)

出演番組[編集]

横澤班のスタッフ[編集]

概要[編集]

フジテレビに限らず、テレビ局の制作スタッフはいくつかの班に分かれて番組を制作する。

かつての部下だった石田弘率いる「石田班」とは仲が悪く、部下の王東順率いる「王班」とも一線を画していた。

そのためか、横澤班が担当していた番組の収録中には、石田が敬遠していた『ザ・ベストテン』(TBSテレビ)への追っかけ中継の立ち入りを許可する等、同番組に友好的な対応を取っていた。

後年、横澤・王ともにフジテレビを退社し、また石田もエグセクティブプロデューサーとなり、横澤班・石田班・王班にそれぞれ所属していた部下はプロデューサー等になっている。ちなみに1987年9月以降、横澤が担当していた番組のプロデュースは『笑っていいとも!』を佐藤義和と荻野繁が、『オレたちひょうきん族』を三宅恵介が、『ライオンのいただきます』を山縣慎司がそれぞれ引き継いだ。近年はFNSの日等の特番で港浩一ら石田班出身のスタッフと組む事が多い。

スタッフの近況[編集]

()内は肩書・愛称

三宅恵介(デタガリ)
役員待遇を経て2011年に定年を迎えたが、現在も嘱託社員としてフジテレビに在籍中。編成制作局バラエティー制作センターゼネラルディレクター。
荻野繁(ビビンバ)
BSフジ出向などを経て、2008年にフジテレビを定年退職。現在は個人事務所・株式会社おぎの屋CREATIVE Mix代表取締役社長。
山縣慎司(ベースケ)
広報局視聴者センター専任部長を経て、2010年にフジテレビを定年退職。現在はカレント所属のフリープロデューサー。
永峰明(アンノン)
発掘!あるある大事典』スーパーバイザー、フリープロデューサー。
佐藤義和(ゲーハー)
フリープロデューサー。沖縄県へ移住。
小林豊(ぶーちゃん、ブッチャー)
フジ・メディア・ホールディングス・フジテレビジョン取締役を経て、現在はテレビ静岡代表取締役社長。
小畑芳和
フジテレビKIDS代表取締役社長。
吉田正樹
ワタナベエンターテインメント代表取締役会長。
片岡飛鳥
編成制作局バラエティー制作センター ゼネラルプロデューサー。
栗原美和子
編成制作局ドラマセンター副部長。
大平司
美術制作局美術センターゼネラルプロデューサー。
清水淳司
ライツ開発局 コンテンツ事業センター 映像コンテンツ事業部プロデューサー
窪田豊(スマイリー)
あっぱれさんま大教授』ディレクター。

その他エピソード[編集]

  • 「ひょうきん族」スタート当初は「あまり楽しくなかった」という[12]
  • 日本テレビ編成局専門局長の土屋敏男は、若手時代にバラエティ番組制作のノウハウを学ぶため当時のフジテレビ河田町本社スタジオアルタの収録スタジオに芸能事務所マネージャーを装って頻繁に出入りしていた時期があり、その際に当時『オレたちひょうきん族』『笑っていいとも!』のプロデューサーだった横澤と知り合ってバラエティ番組制作に関する様々な助言を受けた事から、横澤の事を尊敬するテレビマンであると公言している。横澤もこの当時から土屋の番組制作に対する熱意や姿勢を高く評価しており、吉本興業退社後には数々の講演会やフォーラムで土屋との共演を果たした。
  • 『オレたちひょうきん族』のADだった吉田正樹(『笑う犬』シリーズ等のプロデューサー)と2010年4月16日に「師弟対談」を行っている。この対談の様子は、吉田が2010年7月に上梓した著書『人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ 〜『笑う犬』プロデューサーの履歴書〜』(キネマ旬報社・刊)に収められている。
  • 1994年2月には日本共産党機関紙『赤旗』(現・しんぶん赤旗)のインタビューを受け、自らの政治思想を語った記事が顔写真付きで同紙の一面に大々的に掲載された[13]。当時まだフジテレビ社員であった上に、過去には反共主義を掲げている産経新聞のイメージキャラクターまで務めた横澤が共産党の機関紙に登場した事は、当時大きな話題となった[14]。尚、横澤はこの1年1ヶ月後にフジテレビを退社している。
  • フジテレビのメディア研究誌『AURA』に、1995年から2006年に亘って連載されたエッセイをまとめたkindle版電子書籍「横澤彪の吉本探訪記」1〜6、「横澤彪 メディアのご意見番 其の壱」(供に新翠舎)が2013年3月27日に出版された。(2013年5月31日にiBookstoreでも出版)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 京成電鉄発行「京成ライン」1999年6月号 6ページより。
  2. ^ 横澤彪『犬も歩けばプロデューサー』 NHK出版 1994年 195-197頁。
  3. ^ 横澤彪『人間メディア』 講談社 1985年 176-190頁。
  4. ^ 同社はヴァージン・レコードの日本法人。その後、ヴァージン・レコード本体がEMIに買収されたのに伴い、洋楽部門は発売権を東芝EMIへ移動。邦楽部門はメディア・レモラスへと分割された後、ポニーキャニオンに吸収された。
  5. ^ 『人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ 〜『笑う犬』プロデューサーの履歴書〜』 p.287
  6. ^ 国分太一が映画『しゃべれども しゃべれども』で箸を左手で使ったことに対する批判。 -
    チャンネルGメン69、2007年6月27日、「国分太一君、箸は右手で持とうよ」の回より
  7. ^ 元フジテレビゼネラルプロデューサー 横澤彪氏死去 Iza 2011年1月10日閲覧
  8. ^ 参照記事:横沢さん通夜 遺影自分で選んだ「大笑い」 - 日刊スポーツ、2011年1月14日。戒名「富岳院衆楽日彪居士(ふがくいんしゅうらくにちひょうこじ)」の上下を組み合わせるとフジテレビの「フジ」となる。
  9. ^ 高田明侑氏死去 元フジテレビプロデューサー 47NEWS・2011年1月9日付
  10. ^ ZAKZAK ひょうきんプロデューサー横澤彪さん秘話(上)ベイスターズ日本一の時昼間から一緒に美酒
  11. ^ TBS調査情報498号(2011/1-2)「「地デジ」でテレビ大変化 巻頭対談 テレビの価値再発見の好機に 横澤 彪×重延 浩×衣笠幸雄」TBSメディア総合研究所
  12. ^ 『人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ 〜『笑う犬』プロデューサーの履歴書〜』 p.278「みんなが痩せた田んぼをもらって耕した、みたいな感じだった(中略)数字が取れないところをやりなさいと言われて、どうすんだ、ここで・・・・・・と思いましたよ」
  13. ^ 赤旗(1994年2月23日付)
  14. ^ 産経新聞愛読者倶楽部

外部リンク[編集]