合津直枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ごうづ なおえ
合津 直枝
別名義 野々山 花見
生年月日 1953年
出生地 長野県大町市
職業 テレビプロデューサー
映画プロデューサー
ディレクター映画監督脚本家
事務所 テレビマンユニオン
主な作品
テレビドラマ
真昼の月 続・病院で死ぬということ
書店員ミチルの身の上話
映画
幻の光
落下する夕方
ドキュメンタリー
1999・大島渚・映画と生きる
オリジナルビデオ
大災難

舞台
秘密の二人
奇跡の人

合津 直枝(ごうづ なおえ、1953年 - )は、日本のテレビプロデューサー映画プロデューサーディレクター映画監督脚本家。脚本家としては、野々山 花見(ののやま はなみ)という筆名を用いることもある。テレビマンユニオン所属。長野県大町市出身。

略歴[編集]

長野県松本深志高等学校を経て早稲田大学第一文学部心理学科を卒業後、テレビマンユニオンに参加。音楽番組、ドキュメンタリー番組などの制作を経て、テレビドラマのプロデュースに携わる。1994年放送のテレビドラマ『真昼の月 続・病院で死ぬということ』は放送文化基金賞奨励賞、ATP賞優秀賞、ギャラクシー賞奨励賞を受賞。ドラマ番組では以降も単発・連続もののプロデュースを主に行うが、2013年のNHK連続ドラマ『書店員ミチルの身の上話』では、プロデュース・演出・脚本の三役を務めた。

映画作品では、初プロデュースの『幻の光』(1995年 監督:是枝裕和)がヴェネチア国際映画祭で金のオゼッラ賞を受賞、国内外で高い評価を受け、藤本賞(第15回)、日本女性放送者懇談会賞(現・放送ウーマン賞)に選ばれる。また、初めて自身で監督と脚本を担当した江國香織原作の映画『落下する夕方』(1998年)は、ベルリン国際映画祭招待作品となり、日本インディペンデント映画祭で優秀新人監督賞(現・新藤兼人賞 銀賞)を受賞した。

ドキュメンタリー作品には、映画監督・大島渚の映画『御法度』の撮影現場に単独で密着取材した『1999・大島渚・映画と生きる』(1999年 NHK BS2)がある。同作はヴェネチア国際映画祭にて招待上映された。

このほか、周防正行のビデオ作品『大災難』(1990年)や、明石家さんま主演の『秘密の二人』(1991年)、大竹しのぶ主演の『奇跡の人』(1993年)といった舞台作品などのプロデュースも手掛けている。

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ドキュメンタリー[編集]

オリジナルビデオ・DVD[編集]

舞台・コンサート[編集]

  • 人形の家
  • 秘密の二人(1991年、プロデュース、主演:明石家さんま
  • Seven Stories(1992年、プロデュース、主演:大竹しのぶ
  • 奇跡の人(1993年、プロデュース、主演:大竹しのぶ)
    • ガンを告知されて闘病を続ける子供たちとその家族を劇場に招待する取り組みが、作品の完成度とともに社会的に評価された
  • 恋人たちの短い夜(1993年、プロデュース、主演:大竹しのぶ、役所広司
  • ふたりものがたり I「乳房」(2016年5月、企画・台本・演出、出演者:内野聖陽、波瑠)
  • ふたりものがたり II「檀」(2016年7月、企画・台本・演出、出演者:中井貴一、宮本信子)
  • ふたり芝居「悪人」(2018年3-4月、企画・台本・演出 出演:中村蒼、美波)

著作[編集]

  • 黒いリボンの父へ

受賞歴[編集]

1987年

1988年

1990年

1995年

1999年

2000年

脚注[編集]

  1. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]