小路紘史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しょうじ ひろし
小路 紘史
生年月日 (1986-07-11) 1986年7月11日(33歳)
出身地 日本の旗 日本 広島県三次市
職業 映画監督
主な作品
映画
ケンとカズ
辰巳
テンプレートを表示

小路 紘史(しょうじ ひろし、1986年7月11日 - )は、日本映画監督広島県三次市出身[1]

来歴[編集]

広島県立三次高等学校[1]東京フィルムセンター映画・俳優専門学校卒業[2]。卒業後はフリーランスのカメラマンとして活動しながら映画を制作。10作品以上の短編映画を制作し、国内外の映画祭で上映されてきた[1]

2015年、2011年製作の短編映画『ケンとカズ』を自身初の劇場用長編映画にリメイクすると、第28回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞。2016年7月30日に全国26館で劇場公開。同作の公開をもって、同年末から翌年にかけて第57回日本映画監督協会新人賞、2016年度新藤兼人賞 銀賞、第26回日本映画プロフェッショナル大賞 新人監督賞、第26回日本映画批評家大賞 新人監督賞、第31回高崎映画祭 新進監督グランプリといった、様々な新人監督賞を受賞した。

主な作品 [編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “三次出身の映画監督・小路さん初の長編「ケンとカズ」、広島などで公開へ”. 産経ニュース. (2016年8月16日). https://www.sankei.com/region/news/160816/rgn1608160014-n1.html 2019年10月27日閲覧。 
  2. ^ 小路紘史 プロフィール”. BOOKSTAND(ブックスタンド). 水道橋博士のメルマ旬報. 2019年10月15日閲覧。
  3. ^ 遠藤雄弥「傑作になる可能性を感じています」…小路紘史監督の長編第2作「辰巳」で主演” (日本語). スポーツ報知 (2019年10月10日). 2019年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]