西川美和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
にしかわ みわ
西川 美和
生年月日 (1974-07-08) 1974年7月8日(47歳)
出生地 日本の旗 日本 広島県広島市安佐南区
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画テレビドラマ
事務所 分福
公式サイト 西川美和プロフィール│株式会社 分福
主な作品
蛇イチゴ
ゆれる
ディア・ドクター
永い言い訳
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀脚本賞
2009年ディア・ドクター
ブルーリボン賞
監督賞
2006年『ゆれる』
2009年『ディア・ドクター』
その他の賞
キネマ旬報
ベスト・ワン
2009年『ディア・ドクター』
脚本賞
2006年『ゆれる』
2009年『ディア・ドクター』
報知映画賞
監督賞
2009年『ディア・ドクター』
毎日映画コンクール
日本映画大賞
2006年『ゆれる』
監督賞
2016年『永い言い訳』
東京スポーツ映画大賞
作品賞
2006年『ゆれる』
監督賞
2006年『ゆれる』
2009年『ディア・ドクター』
日刊スポーツ映画大賞
作品賞
2009年『ディア・ドクター』
監督賞
2009年『ディア・ドクター』
高崎映画祭
最優秀監督賞
2006年『ゆれる』
2013年夢売るふたり
ヨコハマ映画祭
作品賞
2006年『ゆれる』
監督賞
2006年『ゆれる』
おおさかシネマフェスティバル
作品賞
2006年『ゆれる』
2009年『ディア・ドクター』
脚本賞
2009年『ディア・ドクター』
2009年『きのうの神さま』で第141回直木賞候補
2015年『永い言い訳』で第28回山本周五郎賞候補、第153回直木賞候補
テンプレートを表示

西川 美和(にしかわ みわ、1974年7月8日 - )は、日本映画監督脚本家小説家

経歴[編集]

広島県広島市安佐南区出身[1][2]浄土真宗(安芸門徒)の根強い地域に生まれ育つ[3]。しかし、中学・高校はカトリックノートルダム清心中学校・高等学校に通う[4]早稲田大学第一文学部美術史学専修卒業[5]。卒論の題名は「地獄絵の東西比較」だった[3]。学生時代より、映画製作を志し、映画制作会社などの就職面接を受けるも、ことごとく落ちるが、テレビマンユニオンの面接担当だった是枝裕和監督に意気込みを見出され、映画『ワンダフルライフ』にフリーのスタッフとして参加する[5]。以後、諏訪敦彦監督の『M/OTHER』など、様々な日本映画の現場で活動した。

2002年、自作脚本のブラックコメディ『蛇イチゴ』(主演:宮迫博之)で監督デビュー[5]。日本の典型的な家族の崩壊をシニカルに描いた同作は、第58回毎日映画コンクール・脚本賞[5]、最も将来性を期待できる監督に与えられる新藤兼人賞ほか、その年の数々の国内映画賞の新人賞を受賞する[6]。製作は是枝裕和。

2003年、NHKハイビジョンスペシャルでは、ドキュメンタリーと架空のドラマを交差させた、異色のテレビ作品『いま裸にしたい男たち/宮迫が笑われなくなった日』を発表[7]。第20回ATP賞・ドキュメンタリー部門優秀賞を受賞した[7]

2005年、監督5名の競作によるオムニバス『female』では、乃南アサ原作の短編小説を脚色・演出した「女神のかかと」(主演:大塚寧々)を発表。

2006年、再びオリジナル脚本・監督した『ゆれる』が公開[5]カンヌ国際映画祭の監督週間に、日本映画で唯一正式出品[5]。2006年度、キネマ旬報ベスト・テン2位、及び脚本賞、朝日ベストテン映画祭日本映画1位、毎日映画コンクール日本映画大賞、東京スポーツ映画大賞ビートたけし審査委員長)作品賞、おおさかシネマフェスティバル日本映画1位、ブルーリボン賞監督賞などを受賞[7]。これらの映画賞で、作品賞・監督賞部門での受賞は女性監督では史上初。また、同作の脚本は、2007年2月に読売文学賞戯曲・シナリオ賞も受賞する[5]。2006年、9月創刊の男性誌『月刊キング』に、コラム「モノゴト(名作)はいつもアイマイ」を連載。

2007年1月にはオムニバス映画『ユメ十夜』(原作:夏目漱石)が公開[7]。同年4月からは、読売新聞の読書委員として、日曜日(随時)に書評を執筆している。また、映画『ゆれる』を自らノベライズした同名小説(ポプラ社)が、第20回三島由紀夫賞の候補となった[7]。2008年6月に、初の読書案内集『名作はいつもアイマイ』(講談社)を、7月にはポプラ社のPR誌『asta*』で、読切小説「1983年のほたる」、2009年1月に「ありの行列」を発表。この2篇に書き下ろし3篇を加えた、3年ぶりの単行本『きのうの神さま』をポプラ社から2009年4月15日に刊行[7]。同作は第141回直木賞候補となり[7]、受賞は逃すも、選考委員である浅田次郎から「はっきりと文学である」と評価された。

2009年6月にオリジナル脚本・監督による長編3作目『ディア・ドクター』(主演:笑福亭鶴瓶)が公開[7]。キネマ旬報ベスト・テンで日本映画1位、2度目のブルーリボン賞監督賞、芸術選奨新人賞など数多くの賞を受賞した[7]

2010年、NHK-BS2で放送された『太宰治短編小説集』のうち、『駆込み訴え』(主演:清水くるみ)の脚本・監督を担当。ユダキリストの関係を、ボランティア活動に携わる現代の女子高生に置き換えて表現している。

2012年9月、オリジナル脚本・監督による長編4作目『夢売るふたり』を公開[7]

2015年には小説『永い言い訳』で第28回山本周五郎賞候補[8]、第153回直木賞候補[9]。2016年に自身により映画化[10][11]。本作は第41回トロント国際映画祭スペシャル・プレゼンテーション部門正式出品[5]、第71回毎日映画コンクール・監督賞を受賞[12]

エピソード[編集]

オリジナル脚本の『蛇イチゴ』と『ゆれる』は、いずれも自身が見た夢が題材となっている。『蛇イチゴ』では「邪険にされる犬」をモチーフに。『ゆれる』では「友人の殺人現場を目撃する自分」をモチーフに。重要な創作源になっている。脚本を書く際に一番いいのは、24時間そのことを考えていられる状態で、寝ているときも、ずっとその夢を見ていると言う。東京にいると、色々な誘いがあって集中出来ないため、脚本執筆の際は、広島に帰り実家に数か月間こもると言う[13][14]

広島出身のため、幼少期から広島市民球場に通っていたが、母親が巨人ファンで、子どもの頃はアンチカープだった[15]。ところが上京して広島カープの小さな赤い帽子を見ていると、それが遠く離れて暮らす父親のように愛おしくなり、それからカープを熱心に応援するようになった[11][15]。特に衣笠祥雄のファンで『永い言い訳』の主人公に「きぬがささちお(表記は衣笠幸夫)」と命名した[15]。本人に許可がいるだろうと衣笠に連絡したところ、快諾され「限りなき挑戦」と書いたサイン色紙をもらったという[15]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

編著書[編集]

小説[編集]

  • 『ゆれる』( ポプラ社、2006年。ポプラ文庫、2008年。文藝春秋文春文庫〉、2012年) - 同名映画のノベライズ。
  • 『きのうの神さま』(ポプラ社、2009年。ポプラ文庫、2012年) - 映画『ディア・ドクター』のアナザーストーリーの短編集。
  • 『その日東京駅五時二十五分発』(新潮社、2012年。新潮文庫、2014年)
  • 『永い言い訳』(文藝春秋、2015年。文春文庫、2016年) - 同名映画の原作。

エッセイ・その他[編集]

  • 『名作はいつもアイマイ 溺レル読書案内』(講談社、2008年) - 編著
  • 『映画にまつわるXについて』(実業之日本社、2013年。実業之日本社文庫、2015年)
  • 『映画にまつわるXについて 2』(実業之日本社、2017年)
  • 『映画の言葉を聞く 早稲田大学「マスターズ・オブ・シネマ」講義録』(フィルムアート社、2018年3月24日)
  • 『遠きにありて』(文藝春秋、2018年12月13日)
  • 『スクリーンが待っている』(小学館、2021年1月15日』

映画関連[編集]

  • 『夢売るふたり 西川美和の世界』(文藝春秋、2012年) - 文藝春秋編。小説「みどりの春」所収。
  • 『映画「永い言い訳」にまつわるXについて』(実業之日本社、2016年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中国地方2015回顧 <下> 文芸 原爆文学保存へ新展開 地元作家も動き活発 - 中国新聞 2015年12月26日
  2. ^ Vibe ON! MUSIC GUEST & HIROSHIMA: 西川美和監督
  3. ^ a b AERA MOVIE ニッポンの映画監督、2008年3月、106頁、朝日新聞社
  4. ^ 直木賞候補 卒業生 西川美和さんの紹介企画 by 図書委員会
  5. ^ a b c d e f g h 「いびつなのは私だけじゃない」 西川美和監督の“すばらしき世界”の原体験” (日本語). 早稲田ウィークリー. 2021年9月22日閲覧。
  6. ^ 蛇イチゴ”. www.kore-eda.com. 2021年9月22日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j 西川美和 プロフィール”. 株式会社 分福. 2021年9月22日閲覧。
  8. ^ 三島賞・山本賞の候補作発表”. 産経ニュース (2015年4月29日). 2015年6月19日閲覧。
  9. ^ 直木賞候補には映画監督の西川美和氏ら 馳氏は6回目ノミネート”. Sponichi Annex (2015年6月19日). 2015年6月19日閲覧。
  10. ^ a b 『ゆれる』西川美和監督、直木賞候補作の自著「永い言い訳」を映画化!”. シネマトゥデイ (2015年7月30日). 2015年7月30日閲覧。
  11. ^ a b “カープ女子”の西川監督 広島優勝の年に映画公開「神ってます」 - Sponichi Annex(スポーツニッポン新聞社)2016年9月16日
  12. ^ “毎日映画コンクールで「シン・ゴジラ」が大賞ほか3冠獲得、「君の名は。」は2冠”. 映画ナタリー. (2017年1月19日). http://natalie.mu/eiga/news/217340 2017年1月19日閲覧。 
  13. ^ AERA、2008年3月10日号、68頁、朝日新聞社
  14. ^ トップランナーNHK、2009年6月19日
  15. ^ a b c d 「この人の月間日記 カープ愛への「永い言い訳」」『文藝春秋』2016年11月号、215-219頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]