近藤明男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

近藤 明男(こんどう あきお、1947年8月3日 - )は、日本映画監督

来歴・人物[編集]

東京都世田谷区生まれ。

1966年、早稲田大学教育学部に入学。在学中から勅使河原宏監督『燃えつきた地図』、三隅研次監督『雪の喪章』の他、『ザ・ガードマン』などのTVドラマの助監督としてキャリアをスタートする[1]。1970年、早稲田大学卒業後、大映に入社[1]増村保造らに師事[1]

大映倒産後、吉村公三郎監督『襤褸(らんる)の旗』(1974年)をはじめ、中平康監督、須川栄三監督、中村登監督など、昭和の名匠のもとで助監督を務める。主な作品は、『大地の子守歌』(1976年)、『曽根崎心中』(1978年)、『ビルマの竪琴』(1985年・市川崑監督)など多数。 日米合作『将軍』(島田陽子三船敏郎主演)、日中合作『炎の女・秋瑾』(謝晋監督)、日仏合作『夢の夢のあと』(高田賢三監督)に参加。その後、1985年、『想い出を売る店』(日仏伊合作)で監督デビュー[1]

1986年、美空ひばり主演のテレビ遺作『女ひとり旅』の演出。1987年、『ザ・瀬戸大橋-21世紀への架け橋』で第25回ギャラクシー賞(奨励賞)受賞。

2007年、監督作品『ふみ子の海』が全国上映され、封切りから3年を過ぎる異例のロングラン上映となる[1]

第31回山路ふみ子映画賞福祉賞受賞。平成20年度児童福祉文化賞(映像・メディア部門)受賞。本作で、盲目の主人公の師匠である笹山タカ役を演じた高橋恵子は、第62回毎日映画コンクール女優助演賞、第17回日本映画批評家大賞助演女優賞を受賞。

2011年、監督作品『エクレール・お菓子放浪記』全国上映。新藤兼人賞2011・銀賞受賞[2]

2019年の太宰治生誕110周年を記念し、太宰の生涯を実写映画化した『斜陽』を同年秋に公開予定[3]

監督作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 劇場用映画|うさぎ追いし — 山極勝三郎物語 —|スタッフ”. 2018年6月20日閲覧。
  2. ^ 本年度の新藤兼人賞、「死にゆく妻との旅路」の塙幸成監督が金賞受賞”. 映画.com (2011年12月2日). 2018年6月20日閲覧。
  3. ^ 太宰生誕110周年で映画「斜陽」制作。”. 陸奥新報 (2017年11月22日). 2018年6月20日閲覧。
  4. ^ a b c d 近藤明男(コンドウアキオ)の映画作品”. Movie Walker. 2018年6月20日閲覧。