一色伸幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一色 伸幸
プロフィール
誕生日 (1960-02-24) 1960年2月24日(57歳)
出身地 日本の旗 日本東京都葛飾区亀有
主な作品
テレビドラマ 私鉄沿線97分署
ネットワーク・ベイビー
彼女が死んじゃった。
ラジオ
映画 私をスキーに連れてって
七人のおたく
僕らはみんな生きている
LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版
アニメ 宇宙船サジタリウス
舞台 紙のドレスを燃やす夜
受賞
日本アカデミー賞優秀脚本賞
ヨコハマ映画祭脚本賞
菊島隆三賞 ほか

一色 伸幸(いっしき のぶゆき、1960年2月24日 - )は、日本脚本家小説家東京都葛飾区亀有出身。神奈川県鎌倉市在住。グランドスラム所属。

来歴[編集]

鎌倉学園高校卒業、青山学院大学文学部英米文学科中退。自主映画製作を経て、松竹シナリオ研究所の一期生としてシナリオを学んだ後、野村芳太郎監督、浦山桐郎監督らに師事し、1982年火曜サスペンス劇場松本清張の脊梁」で脚本家デビュー。1987年、「私をスキーに連れてって」などの大ヒットで名を高め、アイディア豊富な喜劇や青春映画を得意とする売れっ子となった。以降、各ジャンルで多彩な作品を発表している。

1993年から1994年にかけ、うつ病を患い、うつ病患者の内面を、2007年のエッセイ「うつから帰って参りました」、2008年の小説「配達されたい私たち」(後にドラマ、舞台化)で表現している。

劇中歌の作詞を好み、「紙のドレスを燃やす夜~香港大夜総会~」の「ホンコンフラワー」、「彼女が死んじゃった。」の「とんちたいそう」や「555」、「LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと」の「GIGつもり」などを書いている。

趣味は旅行とスクーバ・ダイビング。

俳優の一色洋平は実の息子である。

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

舞台[編集]

漫画原作[編集]

アニメ[編集]

ゲームシナリオ[編集]

  • 1994年 : 娯楽の殿堂 Theatre Wars
  • 2002年 : 紅の海(脚本協力)

著作[編集]

  • 『ネットワーク・ベイビー』太田出版 1990
  • 『熱帯楽園倶楽部』扶桑社文庫 1994
  • 『香港大夜総会 タッチ&マギー』日本テレビ 1997
  • 『お受験』角川文庫 1999
  • 『うつから帰って参りました』 アスコム、2007年9月。 のち文春文庫
  • 『配達されたい私たち』 小学館、2008年10月。 のち角川文庫
  • 『シューボコ』電子書籍、2012年8月。
  • 『LOST HOME』 SUPER LABO、2013年10月。ISBN 978-4905052579
  • 『妻と女と雨が好き』 角川書店、2013年12月。ISBN 978-4041106563
  • 『幸せであるように』幻冬舎文庫、2015年8月。ISBN 978-4-344-42367-1
  • 『LIVE!LOVE!SING!生きて愛して歌うこと』河出書房新社、2015年12月。ISBN 978-4-309-02427-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]