澤井信一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さわい しんいちろう
澤井 信一郎
本名 澤井さわい 信治しんじ
生年月日 (1938-08-16) 1938年8月16日
没年月日 (2021-09-03) 2021年9月3日(83歳没)
出生地 日本の旗 日本 静岡県浜名郡雄踏町(現在の浜松市西区
死没地 日本の旗 日本 東京都
職業 映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1961年 - 2007年
配偶者
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀監督賞
1985年Wの悲劇
その他の賞
日本映画監督協会新人賞
1985年早春物語
日本映画プロフェッショナル大賞
特別功労賞
2021年
テンプレートを表示

澤井 信一郎(さわい しんいちろう、1938年8月16日 - 2021年9月3日)は、日本映画監督

経歴[編集]

静岡県浜名郡雄踏町(現在の浜松市西区)出身[1][2]。兄が四日市公害関係の記録人の沢井余志郎

1961年、東京外国語大学ドイツ語科を卒業[3]。同年、東映に入社[3]マキノ雅弘に師事した[3]

1981年、『野菊の墓』で映画監督デビュー[4]

1985年、『早春物語』で第26回日本映画監督協会新人賞を受賞した[5]

2021年9月3日午後7時5分、多臓器不全のため、東京都内の病院で死去[6]。83歳没。

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

監督[編集]

助監督[編集]

脚本[編集]

テレビドラマ[編集]

著書[編集]

  • 澤井信一郎、鈴木一誌 『映画の呼吸: 澤井信一郎の監督作法』ワイズ出版、2006年10月。ISBN 978-4-89830-202-6 

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 静岡を舞台とした映画・小説」『中小企業静岡』2000年7月号
  2. ^ 鶴田浩二に木下恵介、長澤まさみ… - 気候の良い静岡県が輩出する 明るさと渋さ持つ映画人”. WEDGE Infinitiy (2010年1月2日). 2016年9月1日閲覧。
  3. ^ a b c アイドル映画の撮り方 - 澤井信一郎VS金子修介 - アイドル映画って何だろう?”. 日本映画監督協会 (2003年12月25日). 2016年9月1日閲覧。
  4. ^ 日本映画が好き2015”. 水戸芸術館 (2015年). 2016年9月1日閲覧。
  5. ^ a b 日本映画監督協会新人賞”. 日本映画監督協会. 2016年9月1日閲覧。
  6. ^ “「Wの悲劇」の澤井信一郎監督が死去 「野菊の墓」「時雨の記」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2021年9月6日). https://www.asahi.com/articles/ASP947WRTP94ULZU00L.html 2021年9月6日閲覧。 
  7. ^ 毎日映画コンクール - 39th(1984年)”. 毎日新聞. 2016年9月1日閲覧。
  8. ^ a b 第9回日本アカデミー賞優秀作品”. 日本アカデミー賞. 2016年9月1日閲覧。
  9. ^ a b 第17回日本アカデミー賞優秀作品”. 日本アカデミー賞. 2016年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]