那須博之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なす ひろゆき
那須 博之
生年月日 (1952-01-27) 1952年1月27日
没年月日 (2005-02-27) 2005年2月27日(53歳没)
出生地 東京都杉並区桃井
国籍 日本の旗 日本
職業 映画監督
配偶者 那須真知子

那須 博之(なす ひろゆき、1952年1月27日 - 2005年2月27日)は、日本映画監督東京都杉並区桃井出身[1]。妻は脚本家那須真知子

来歴・人物[編集]

父は建設会社社長。都立西高校東京大学経済学部卒業。大学在学中はワンダーフォーゲル部に所属し、山登りに熱中。そんな折に映画『仁義なき戦い』を見て強い衝撃を受け、アクション映画監督を志し日活に助監督として入社し[2]田中登曽根中生澤田幸弘らに師事。1982年日活ロマンポルノ『ワイセツ家族 母と娘』で監督デビューする。ポルノ畑で修業を積んだのち、1985年に念願叶って手がけた初のアクション映画『ビー・バップ・ハイスクール』のヒットで注目され、同シリーズを立て続けに成功させて一時代を築く。また同作品では仲村トオルをオーディションで見出し、デビューへと導いた。

那須が監督を担当した作品のうち、『ビー・バップ・ハイスクール』以降はその全ての脚本を妻の那須真知子が手がけている。2004年の『デビルマン』においては、「シナリオライターの卵20人にシナリオを書かせたが、満足のいくシナリオが無かった」ため、真知子を起用したと語っている[3][4]。完成した作品は、2004年度の第1回文春きいちご賞文藝春秋)で最低映画賞を、同じく2004年度の第1回蛇いちご賞スポーツ報知)で最低映画賞と最低監督賞を同時受賞するという不名誉な結果を残した。

2005年2月27日、肝臓がんのため53歳で死去。同年には遺作となった『真説タイガーマスク』が発表された。

主な監督作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 那須博之 KINENOTE 2018年8月26日閲覧。
  2. ^ 日本テレビ「おもいッきりイイテレビ」内「きょうは何の日」 2005年2月27日放送分
  3. ^ 映画「デビルマン」公式完全バイブル
  4. ^ これに対して作家の山本弘は「この際、『脚本は監督の奥さんに書かせたらあかん』という条項もつけ加えるべきかもしれんな(笑)。」とシナリオの破綻を揶揄している(山本弘の『SF秘密基地』内の「『デビルマン』は映画ファン必見だ!」)。

外部リンク[編集]