吉田恵輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「𠮷田恵輔」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
よしだ けいすけ
𠮷田 恵輔
生年月日 (1975-05-05) 1975年5月5日(47歳)
出生地 日本の旗 日本埼玉県
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
活動期間 2006年 -
主な作品
さんかく
銀の匙 Silver Spoon
ヒメアノ〜ル
愛しのアイリーン
犬猿
BLUE/ブルー
空白
 
受賞
日本映画批評家大賞
監督賞
第23回『ばしゃ馬さんとビッグマウス
新藤兼人賞 銀賞
2010年『さんかく
テンプレートを表示

𠮷田 恵輔(よしだ けいすけ、1975年5月5日 - )は、日本映画監督脚本家[1]

来歴[編集]

埼玉県出身[1]東京ビジュアルアーツ卒業。在学中から自主映画を制作し、それと同時に憧れでもあった塚本晋也の作品制作に参加し、照明を担当した。また、映画のほかにプロモーション・ビデオCMの照明も担当した。照明を担当することになったのは、自主映画を制作する際に照明と音響に関してどう生かせばいいのか分からず、勉強を兼ねてのものだった[2]

2006年に『なま夏』で映画監督デビューする。この作品は同年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭・ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門でグランプリを獲得する。

その後、塚本作品などで照明技師として活動する傍ら、2008年6月19日に小説『純喫茶磯辺』を発表、同年自ら映画化した。

『なま夏』や『机のなかみ』のように、女子高生が主体の作品を監督することが多い。また、自身が手掛ける作品では監督の他、脚本を自ら執筆したり編集も手掛けている。

BLUE/ブルー』『空白』により2021年度芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞[3]

主な監督作品[編集]

その他[編集]

小説[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b キャスト・スタッフ、映画「麦子さんと」公式サイト、2013年11月22日閲覧。
  2. ^ 映画芸術:『机のなかみ』吉田恵輔監督インタビュー
  3. ^ 佐野元春さんに大臣賞 21年度芸術選奨、濱口竜介監督も” (日本語). 日本経済新聞 (2022年3月9日). 2022年3月9日閲覧。

関連項目[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]