犬童一心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いぬどう いっしん
犬童 一心
生年月日 1960年6月24日(53歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
ジャンル 映画監督脚本家
主な作品
映画

ジョゼと虎と魚たち
メゾン・ド・ヒミコ
眉山-びざん-

犬童 一心(いぬどう いっしん、1960年6月24日 - )は、日本映画監督CMディレクター脚本家

来歴[編集]

東京都生まれ。

法政大学第一高等学校(現:法政大学高等学校)在学中より自主制作映画の監督、製作をスタートする。1979年『気分を変えて?』の脚本・監督をつとめ、ぴあフィルムフェスティバル入選。入選後、黒沢清手塚眞らと知り合い、交友を深める。

自主制作時代、池袋文芸坐(現・新文芸坐)主催のMWC(マインド・ウェーブ・シネマ)に参加、1982年『赤すいか黄すいか』(16mmフィルム)、1983年『夏がいっぱい物語』(8mmフィルム)などのフィルムによる作品を手がけた。

東京造形大学造形学部卒業後は朝日プロモーション(現・ADKアーツ)入社。CMディレクターとして数多くのTVCMの企画・演出を手掛け、ACC賞、IBAニューヨークフィルムフェスティバルなど受賞多数。

CM演出のかたわら、1993年何もかも百回も言われたこと』(西岡由美子/クララサーカス 脚本・主演)監督・製作。 同年、実写とアニメーションを組み合わせた短編『金魚の一生』監督・製作で「キリンコンテンポラリーアワード」1993年度最優秀作品賞を受賞した。翌年『二人が喋ってる。』で長編デビュー。サンダンスフィルムフェスティバル in東京でグランプリ、第37回日本映画監督協会新人賞受賞。 同作をきっかけに1998年市川準監督より『大阪物語』の脚本執筆を依頼された。脚本家としては他に、塩田明彦監督『黄泉がえり』も担当した。

2003年、第54回芸術選奨映画部門において、監督作品『ジョゼと虎と魚たち』が大林宣彦佐藤忠男羽田澄子山田洋次高野悦子市川準などの審査員によって「芸術選奨新人賞」に選出された。

自主製作時代、大林宣彦監督の『ねらわれた学園』(1981年)に生徒会長『高見沢みちる』の超能力で懲らしめられる不良学生役で出演しているとWikipediaで書かれていた事について、本人がツイッター上で否定している[1]。(同作品には『有川正彦』役の手塚眞をはじめ、当時の自主映画関係者が多数エキストラ参加している)。

大島弓子のファンで、現時点で自主映画時代を含め3本の長編作品を映画化している。2000年の『金髪の草原』と2008年の『グーグーだって猫である』では監督・脚本を兼務している。

また1970年代のホラー映画のファンでもあり、『金髪の草原』『ジョゼと虎と魚たち』等も「ホラー映画の『館もの』の雰囲気で演出した」と語り、また「今後、純粋なホラー映画を是非撮りたい」とも発言している[2]

フィルモグラフィー[編集]

監督[編集]

映画
テレビ
WEB

脚本[編集]

受賞TV-CM[編集]

  • そふとシンコー(ACC地域奨励賞 1991年)
  • VISAインターナショナル(ACC秀作賞、IBAファイナリスト、NYフェスティバルファイナリスト 1995年)
  • アウディA6(IBAファイナリスト 1997年)
  • 小岩井乳業(岩手県広告大賞、ACC奨励賞 1999年)
  • オリコJUクレジット(ACC銀賞 2001年)
  • カプコン(ACC賞 2001年)

音楽PV[編集]

脚注[編集]

  1. ^ https://twitter.com/inudoisshin/status/222661114448719872
  2. ^ 映画秘宝』2008年10月号掲載のインタビューより。

外部リンク[編集]