山崎貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまざき たかし
山崎 貴
山崎 貴
本名 山崎 貴
生年月日 (1964-06-12) 1964年6月12日(52歳)
出生地 日本の旗 長野県松本市
国籍 日本の旗 日本
職業 映画監督
VFXディレクター
ジャンル 実写映画
アニメーション映画
ミュージックビデオ
配偶者 佐藤嗣麻子(2012年 - )
主な作品
映画
ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ
SPACE BATTLESHIP ヤマト
永遠の0
STAND BY ME ドラえもん
寄生獣』シリーズ

山崎 貴(やまざき たかし、1964年6月12日[1] - )は、日本映画監督VFXディレクター。長野県松本市出身[2]白組所属。

来歴[編集]

13歳の時に『スター・ウォーズ』と『未知との遭遇』に出会い、特撮の仕事を志すようになる[3]

長野県松本県ヶ丘高等学校を経て阿佐ヶ谷美術専門学校卒業。

1986年株式会社白組に入社[4]。CMや映画でのミニチュア製作を担当。『大病人』『静かな生活』など、伊丹十三監督作品でSFXデジタル合成を担当する。

オリジナル作品『鵺/NUE』を企画するが、予算の面で思うように企画が進まなかったため、現実的に実現可能な規模の企画として提出した2000年公開の『ジュブナイル』が映画監督としてのデビューとなる[5]

2005年、『ALWAYS 三丁目の夕日』で第30回報知映画賞で最優作品賞、日本アカデミー賞の監督賞を受賞、映画監督としての確固たる地位を築いた。また、同作品は日本アカデミー賞の全部門で受賞し、2006年に行われた日本アカデミー賞授賞式では主演女優賞を除くすべての部門(12部門)で最優秀賞を受賞している(これは1997年の『Shall we ダンス?』の全13部門制覇に次ぎ、2003年の『たそがれ清兵衛』と並ぶ)。2006年ブルーリボン賞でも監督賞の候補として発表されている。

2013年より設立されたVFX-JAPANアワードでは、『ALWAYS 三丁目の夕日‘64』が劇場公開映画部門、『friends もののけ島のナキ』が劇場アニメーション映画部門で受賞し、山崎は映画2部門でのダブル受賞となった[6]

人物[編集]

いつか撮ってみたい映画として、原作版『風の谷のナウシカ』の映画化を挙げている[7]

私生活では、2012年4月に専門学校時代からの仲間である映画監督の佐藤嗣麻子と結婚している[8][9]

また、BUMP OF CHICKENのファンであることを公言しており、映画の主題歌をオファーしたり、「涙のふるさと」などのミュージックビデオを製作するなどしたほか、逆にBUMP OF CHICKENからツアーのオープニングムービーの製作を依頼を受けたりもした。

監督作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

PV[編集]

ショートムービー[編集]

  • BUMP OF CHICKEN「Good Luck」(2012年)※監督・脚本

その他参加作品[編集]

小説[編集]

受賞歴[編集]

映画

脚注[編集]

  1. ^ 【山崎貴】「永遠の0」こだわったリアリティー 映像効果の第一人者が大事にする“重なり” (2/2ページ)”. ZAKZAK (2013年12月20日). 2015年1月3日閲覧。
  2. ^ 地域 : 松本出身の山崎監督映画「永遠の〇」 霧ヶ峰高原でロケ”. 長野日報 (2012年9月6日). 2015年1月3日閲覧。
  3. ^ 【山崎貴】「永遠の0」こだわったリアリティー 映像効果の第一人者が大事にする“重なり” (1/2ページ)”. ZAKZAK (2013年12月20日). 2015年1月3日閲覧。
  4. ^ 狙った個性にろくなものはない 「永遠の0」山崎貴監督の現場拝見2(1/2ページ)”. 日本経済新聞 (2013年12月14日). 2015年1月3日閲覧。
  5. ^ 「「ジュブナイル」山崎貴監督インタビュー」『宇宙船YEAR BOOK 2001』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、2001年4月30日、69頁。雑誌コード:01844-04。
  6. ^ 「三丁目の夕日’64」、もののけ島、巨神兵など VFX-JAPANアワード受賞 | アニメ!アニメ!
  7. ^ 『別冊カドカワ 総力特集「崖の上のポニョ」』2008年、角川書店、61p
  8. ^ 佐藤嗣麻子(@satoshimako)2012年5月12日の発言、2012年5月17日参照。
  9. ^ 福田麗 (2012年6月1日). “『三丁目の夕日』山崎貴監督と『アンフェア』佐藤嗣麻子監督が結婚!”. シネマトゥデイ. 2015年1月27日閲覧。
  10. ^ a b “山崎貴監督エンタメ貫き2冠/映画大賞”. 日刊スポーツ. (2014年12月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20141204-1404418.html 2014年12月5日閲覧。 
  11. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年2月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]