石井裕也 (映画監督)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いしい ゆうや
石井 裕也
生年月日 (1983-06-21) 1983年6月21日(35歳)
出身地 日本の旗 日本 埼玉県浦和市(現・さいたま市
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 2005年 -
配偶者 満島ひかり(2010年 - 2016年)[1]
相楽樹(2018年 - )
事務所 ブレス・チャベス事業部
公式サイト 有限会社ブレス・チャベス事業部(Breath.Inc Chavez)|石井裕也
主な作品
映画
川の底からこんにちは
あぜ道のダンディ
舟を編む
ぼくたちの家族
バンクーバーの朝日
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

石井 裕也(いしい ゆうや、1983年6月21日[2] - )は、日本映画監督

埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身[3]川越東高等学校を経て[4]大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業、日本大学大学院芸術学研究科映像芸術専攻修士課程修了[2]ブレス・チャベス事業部・チャベス事業部所属・業務提携[注 1]。妻は女優の相楽樹

来歴・人物[編集]

1983年銀行員の父を持つ二人兄弟の次男として生まれる[5]。7歳のときに母を病気で亡くし、父親に育てられる[6]。映画監督になろうと決めたのは高校生のときで、幼い頃から生と死に対する意識を強く感じており、自分にとって生きている事への実感に行きついたのが映画を撮る事だった[7]大阪芸術大学進学後は映画制作のためにひたすらバイトで制作資金を稼ぎ、映画を作り続けた[8]

2005年『剥き出しにっぽん』を大阪芸術大学の卒業制作として監督[2]、第24回そつせい祭グランプリを受賞し、その後2007年、第29回ぴあフィルムフェスティバルにおいてもグランプリを受賞[2]

2008年に行われた第37回ロッテルダム国際映画祭では『剥き出しにっぽん』を始め、京都国際学生映画祭やTAMAシネマフォーラムゆうばり国際ファンタスティック映画祭にノミネートされた低予算映画『反逆次郎の恋』、大阪市より助成金が給付され制作された2007年の映画『ガール・スパークス』[5]、そして『ばけもの模様』の計4作品が選出され、特集上映された[2]。国際舞台のみならず日本でもほとんど名を知られていない新人監督の自主制作映画が特集上映されるという異例の待遇を受け、開催期間中はその前評判から各上映のチケットが完売となり約4000人を動員した[2]。 その後、続けて第32回香港国際映画祭においても長編4作品が特集上映され、さらにアジア・フィルム・アワードでは第1回「エドワード・ヤン記念」アジア新人監督大賞を受賞した[2]

2009年、第19回PFFスカラシップ作品として長編映画『川の底からこんにちは』を完成させると、第60回ベルリン国際映画祭正式出品され、モントリオールファンタジア映画祭では作品賞を受賞。さらに商業映画デビュー作にして第53回ブルーリボン賞監督賞を史上最年少(28歳)で受賞した[2][9]

2013年9月、松田龍平主演の映画『舟を編む』(同年4月公開)が史上最年少(30歳)で第86回アカデミー賞外国語映画部門日本代表作品に選出された[10]。同作では、第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞や最優秀監督賞、芸術選奨新人賞(映画部門)など国内の映画賞も多数受賞。

自主制作時代から、家族の話を取り入れた作品を多く作ってきたが、2014年、『ぼくたちの家族』で余命宣告された母を救おうとする家族の姿を描き、20代最後に改めて家族に全力で向き合う作品を作る[6]。この作品は原作がありながらも石井にとって自分自身の話でもあったが、普遍的な要素が重なり、多くの人が自分と重ねる作品となった[6]。この年続けてカナダに実在した日系人野球チームを描いた大作映画『バンクーバーの朝日』を制作。『ぼくたちの家族』で主演を務めた妻夫木聡が続けて主演し、弟役だった池松壮亮も続けて出演した。

2017年、最果タヒの詩集から石井が物語を作り出し映画化した『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』が、第91回キネマ旬報ベストテン 日本映画ベスト・テン第1位を獲得した[11]。石井自身もアジア・フィルム・アワードで監督賞を受賞するなど様々な賞を受賞[12]。9月には舞台『宇宙船ドリーム号』で舞台演出に初挑戦した[13]

私生活では『川の底からこんにちは』の主演を務めた女優の満島ひかりと約1年の交際期間を経て2010年10月25日に婚姻届を提出し結婚[1]、「生活や価値観のズレ」から2016年1月に離婚した[14]。同年5月に離婚が成立していたことが発表された[15]。2018年春には、共通の知人を介して知り合い交際に発展した女優の相楽樹と婚姻届を提出し再婚[16][17]、同年に相楽との間に第1子[注 2]が誕生した[18]

作品[編集]

短編映画[編集]

  • ラヴ・ジャパン(第1回CO2映画祭、審査員奨励賞受賞)
  • 蝉が泣く(第9回調布映画祭、横濱国際芸術祭2005入選)
  • 八年目の女二人(東京ネットムービーフェスティバル、優秀作品賞受賞)
  • 東京の空の雲はナタデココ(第10回調布映画祭、審査員賞受賞)
  • 娘の彼氏がコレなんで(2011年)
  • メモリーズ・オブ・「バンクーバーの朝日」

長編映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 宇宙船ドリーム(2017年9月21日 - 10月1日、東京芸術劇場シアターウエスト)

CM[編集]

作詞[編集]

  • GENERATIONS from EXILE TRIBE - [回転](2018.10.31発売[少年]収録)

著作物[編集]

絵本[編集]

受賞歴[編集]

『剥き出しにっぽん』
『川の底からこんにちは』
『舟を編む』
『ぼくたちの家族』
『おかしの家』
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
  • 第9回 TAMA映画賞 最優秀作品賞[27]
  • 第39回ヨコハマ映画祭[28]
    • 作品賞
    • 脚本賞
  • 第91回キネマ旬報ベストテン[11]
    • 日本映画ベスト・テン第1位
    • 脚本賞 - 石井裕也
  • 第30回日刊スポーツ映画大賞 監督賞 - 石井裕也[29]
  • 第72回毎日映画コンクール 脚本賞
  • 第32回高崎映画祭 最優秀監督賞[30]
  • 第12回アジア・フィルム・アワード 監督賞

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 俳優として所属、映画監督として業務提携。
  2. ^ 性別、誕生日は非公表。

出典[編集]

  1. ^ a b 満島ひかり、映画監督・石井裕也氏と交際1年で入籍”. eltha. オリコン (2010年10月26日). 2015年10月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 石井裕也”. KINENOTE. 2016年12月4日閲覧。
  3. ^ 石井裕也 プロフィール|映画24区スクール
  4. ^ 星野昭. 【第8回】インタビュー 川越東高等学校 星野校長. (インタビュー). 川越東高校同窓会.. http://www.kawagoehigashi.jp/interview08 2016年12月4日閲覧。 
  5. ^ a b 石井裕也 (2007年11月21日). 石井裕也監督インタビュー:映画『ガールズ・スパークス』について. インタビュアー:わたなべりんたろう. INTRO.. http://intro.ne.jp/contents/2007/11/21_0738.html 2018年1月22日閲覧。 
  6. ^ a b c これで僕の『若者』としての映画制作は終わる」石井裕也監督が語る『ぼくたちの家族』への気概”. webDICE (2014年5月23日). 2018年6月21日閲覧。
  7. ^ 石井裕也(映画監督)「映画を撮っているときに、生きているなって実感できるんです」映画で抵抗する人間力”. 日刊大衆 (2017年6月9日). 2018年6月21日閲覧。
  8. ^ 世界が注目する新鋭映画監督“石井裕也”とは”. webDICE (2008年5月24日). 2018年6月21日閲覧。
  9. ^ ブルーリボン賞・監督賞の石井裕也監督、史上最年少受賞だった!”. ぴあ映画生活 (2011年1月27日). 2015年10月23日閲覧。
  10. ^ 『舟を編む』がアカデミー賞日本代表に決定!史上最年少監督作品で5年ぶり受賞&ノミネートを目指す”. シネマトゥディ (2013年9月5日). 2013年11月10日閲覧。
  11. ^ a b キネマ旬報ベスト・テン日本映画1位は『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』”. シネマトゥデイ (2018年1月11日). 2018年1月15日閲覧。
  12. ^ “石井裕也、第12回アジア・フィルム・アワードで監督賞受賞!”. 映画.com. (2018年3月19日). http://eiga.com/news/20180319/10/ 2018年3月21日閲覧。 
  13. ^ 勝地涼&笠原秀幸、親友同士の念願成就!2人芝居初日に「長年の夢かなう」”. 映画.com (2017年9月21日). 2017年10月1日閲覧。
  14. ^ 浜中こまき (2016年5月17日). “満島ひかりが極秘離婚 「3年前から別居の噂が…」と映画関係者”. AERA dot. (朝日新聞出版). https://dot.asahi.com/dot/2016051700001.html?page=1 2018年6月21日閲覧。 
  15. ^ “満島さんと石井監督が離婚”. 産経ニュース. (2016年5月16日). http://www.sankei.com/entertainments/news/160516/ent1605160006-n1.html 2016年5月21日閲覧。 
  16. ^ “相楽樹、石井裕也監督と結婚!年の差12歳、年内に出産予定”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年6月21日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180620-OHT1T50276.html 2018年6月21日閲覧。 
  17. ^ “相楽樹が石井裕也監督と結婚「家庭を守っていく」”. 日刊スポーツ. (2018年6月22日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806220000058.html 2018年6月22日閲覧。 
  18. ^ “相楽樹、第1子出産していた 6月に石井裕也監督と結婚”. eltha(エルザ) (oricon ME). (2018年9月1日). https://beauty.oricon.co.jp/news/2118681/full/ 2018年9月19日閲覧。 
  19. ^ “注目ドラマ紹介:「おかしの家」 オダギリジョー主演で石井裕也監督が描く人情物語”. MANTANWEB. (2015年10月20日). http://mantan-web.jp/2015/10/20/20151020dog00m200010000c.html 2015年10月23日閲覧。 
  20. ^ 総合転職情報サイト『マイナビ転職』新イメージキャラクターに石原さとみさんを起用し、1月23日(金)より、2つの新TVCMを全国で放送開始”. マイナビ (2015年1月22日). 2016年3月19日閲覧。
  21. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年3月7日閲覧。
  22. ^ 中山雄一朗、第68回毎日映画コンクール発表!『舟を編む』が日本映画大賞(2014年1月21日)、シネマトゥデイ、2014年1月21日閲覧。
  23. ^ 第6回 TAMA映画賞”. TAMA CINEMA FORUM. 2018年1月22日閲覧。
  24. ^ 受賞者一覧、山路ふみ子文化財団、2014年11月20日閲覧。
  25. ^ “「そこのみにて光輝く」6部門制す おおさかシネフェス”. 大阪日日新聞. (2015年1月31日). オリジナル2015年2月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150203032233/http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/150131/20150131035.html 2016年5月21日閲覧。 
  26. ^ 第10回おおさかシネマフェスティバル受賞者決定!!”. おおさかシネマフェスティバル実行委員会. 2015年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月4日閲覧。
  27. ^ 「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」第9回TAMA映画賞で最優秀作品賞など3冠獲得”. PONYCANYON NEWS (2017年11月6日). 2017年11月27日閲覧。
  28. ^ 第39回ヨコハマ映画祭 2017年日本映画個人賞” (2017年12月2日). 2017年12月4日閲覧。
  29. ^ 石井裕也監督、次回作は「言えません」/映画大賞”. 日刊スポーツ (2017年12月29日). 2018年1月15日閲覧。
  30. ^ 第32回高崎映画祭最優秀作品賞は阪本順治監督「エルネスト」に決定”. 映画.com (2017年12月21日). 2017年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]