朝間義隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朝間 義隆(あさま よしたか、1940年6月29日[1] - )は、日本脚本家映画監督

宮城県仙台市生まれ[2]。1965年上智大学文学部英文学科を卒業[3]

松竹大船撮影所演出助手室に入社。山田洋次に師事し、『男はつらいよ』シリーズや『遙かなる山の呼び声』、『同胞』など山田洋次監督作品の脚本を共同で手がけ、『幸福の黄色いハンカチ』では第1回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第51回キネマ旬報賞脚本賞を受ける。

1979年、街で働く若者たちが第九交響曲を一緒に歌うまでのドラマを描いた『俺たちの交響楽』で監督デビューする。1980年、松竹退社、以後契約監督[4]。1996年フリーに[5]

その後も庶民の織り成すほのぼのとしたドラマをやさしい視線で描いた作品を次々と世に送り出す。

また、脚本家としても山田洋次監督作品のほとんどを共同執筆しているほか、『釣りバカ日誌』シリーズにもかかわり、松竹の誇るヒットメーカーである。『たそがれ清兵衛』で、第26回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第76回キネマ旬報賞脚本賞を受けた。

監督作品[編集]

著書[編集]

  • 『スペインからの手紙 ベンポスタの子どもたち』(1993年、メディアパル)
  • 『シナリオをつくる』(1994年、筑摩書房)※山田洋次共著

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報