丸山昇一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まるやま しょういち
丸山 昇一
生年月日 (1948-04-06) 1948年4月6日(74歳)
出生地 日本の旗 日本 宮崎県南那珂郡[1]
職業 脚本家
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1979年 -
主な作品
野獣死すべし
いつかギラギラする日
マークスの山
凶気の桜
一度も撃ってません
 
受賞
日本アカデミー賞
優秀脚本賞
1993年いつかギラギラする日
その他の賞
ヨコハマ映画祭
脚本賞
1981年翔んだカップル
野獣死すべし
テンプレートを表示

丸山 昇一(まるやま しょういち、1948年4月6日[1] - )は、日本の脚本家である。映画『野獣死すべし』やテレビドラマ『探偵物語』で知られる[2]

経歴[編集]

1948年、宮崎県南那珂郡に生まれる[3][1]。兄と姉は年齢が離れており、本人曰く「一人っ子同然に育てられた」とのこと[1]。『年鑑代表シナリオ集』(1964年版)に掲載されていた新藤兼人の『鬼婆』を読み、シナリオライターを志す[4]。高校の演劇で戯曲を2本ほど書いたことが地元の新聞に載り、本人は「日本演劇界の天下を取るには」ということで上京[1]。芝居を見まくるという学生時代を過ごす[1]

日本大学芸術学部を卒業[5]。大学の卒業シナリオ『三匹のガニ股』が映画学科主任賞を受賞[1]。大学卒業後はオートスライド(CM・社内教育用スライド)製作会社に就職[1]。同社は2年で退職し、フリーのライターになる[1]。大学4年の時に出会った猪俣勝人に師事[1]。猪俣を通じて、当時日活の撮影所長だった黒澤満と知り合い、その黒澤の紹介により[1]、1979年、テレビドラマ『探偵物語』でデビュー[6]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

著書[編集]

  • 松田優作+丸山昇一 未発表シナリオ集(1995年、幻冬舎

関連作品[編集]

受賞[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 週刊テレビ番組(東京ポスト)1987年10月30日号「脚本家の横顔」69頁(その1)、1987年11月13日号「脚本家の横顔」69頁(その2)
  2. ^ 藤原竜也が壮絶な撮影現場を振り返る! 「カメレオン」初日”. 映画.com (2008年7月7日). 2015年3月14日閲覧。
  3. ^ ゲスト”. もりおか映画祭2010. 2015年3月14日閲覧。
  4. ^ 桂千穂 『にっぽん脚本家クロニクル』青人社、1996年、34-35頁。ISBN 4-88296-801-0 
  5. ^ 2002年 秋 日韓同時上映 日韓合作映画『夜を賭けて』に賭ける想い”. 公益財団法人ワンコリアフェスティバル. 2015年3月14日閲覧。
  6. ^ ゲスト”. 第4回 周南「絆」映画祭. 2015年3月14日閲覧。
  7. ^ Hard Boiled THE MOVIE 予告編 - サミー
  8. ^ 第2回ヨコハマ映画祭 1980年日本映画個人賞”. ヨコハマ映画祭. 2015年3月14日閲覧。
  9. ^ 第10回ヨコハマ映画祭 1988年日本映画個人賞”. ヨコハマ映画祭. 2015年3月14日閲覧。
  10. ^ 毎日映画コンクール 第47回(1992年) - 毎日新聞”. 2018年1月5日閲覧。
  11. ^ 第16回日本アカデミー賞優秀作品”. 日本アカデミー賞. 2015年3月14日閲覧。
  12. ^ 長澤まさみ主演『MOTHER マザー』 毎日映画コンクール日本映画大賞”. ORICON NEWS. オリコン (2021年1月22日). 2021年2月2日閲覧。

外部リンク[編集]