荒井晴彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あらい はるひこ
荒井 晴彦
生年月日 (1947-01-26) 1947年1月26日(70歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
職業 脚本家監督
ジャンル 映画ドラマ
活動期間 1977年 -
主な作品

映画
赫い髪の女
遠雷
Wの悲劇
ヴァイブレータ
大鹿村騒動記

共喰い』など

荒井 晴彦(あらい はるひこ、1947年1月26日 - )は、日本の脚本家映画監督日本映画大学教授。季刊誌『映画芸術』発行人、編集長。若松プロダクション出身。 東京都生まれ。東京都立立川高等学校卒業。早稲田大学文学部除籍。

エピソード[編集]

  • 母方の祖父は日本画家の石井林響
  • 脚本家の田中陽造に師事。
  • 1997年、『身も心も』で脚本・監督を務めた。
  • 「シナリオはシナリオ作家の著作物である」とのスタンスから、監督やプロデューサーが自身に無断で自作シナリオを改変したとして、『眠らない街 新宿鮫』『KT』の公開時に、『月刊シナリオ』や『映画芸術』誌上で強い不快感を表明している。2008年川崎市市民ミュージアムで特集上映“脚本家 荒井晴彦”が開催された際も、この2作品は上映されていない。
  • 2006年絲山秋子の小説『イッツ・オンリー・トーク』を原作とした映画『やわらかい生活』の脚本を手がけるが、荒井のシナリオの『年鑑代表シナリオ集』(日本シナリオ作家協会)への収録を絲山が拒否。荒井とシナリオ作家協会が、出版妨害の禁止等を求め、東京地方裁判所に提訴した(2010年9月10日、東京地裁は荒井らの請求を棄却し、絲山の勝訴となった)。
  • 2009年、映画『アマルフィ 女神の報酬』が脚本クレジットを無記名の状態で公開されたことに関して、シナリオ作家協会が、製作したフジテレビに「脚本家軽視の疑いがあり、これは前代未聞の異常事態」として抗議を申し入れた件で、製作者であるフジテレビのプロデューサーを招いた対談の形で、ことの経緯を問いただしている。このやりとりの模様は作協ニュースにまとめられ、『月刊シナリオ』2009年11月号に掲載された。

受賞[編集]

主な作品[編集]

特記の無い物は脚本担当。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • イーストサイド・ワルツ 悦楽の園(1998年、東映ビデオ

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中山雄一朗、第68回毎日映画コンクール発表!『舟を編む』が日本映画大賞(2014年1月21日)、シネマトゥデイ、2014年1月21日閲覧。
  2. ^ “田中麗奈、重松清「幼な子われらに生まれ」映画化で浅野忠信と初共演!”. 映画.com. (2016年6月9日). http://eiga.com/news/20160609/1/ 2016年6月9日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]