日本映画大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本映画大学
日本映画大学白山キャンパス
大学設置 2011年
創立 1975年
学校種別 私立
設置者 学校法人神奈川映像学園
本部所在地 神奈川県川崎市麻生区万福寺一丁目16-30
キャンパス 新百合ヶ丘(川崎市麻生区
白山(川崎市麻生区
学部 映画学部
ウェブサイト 日本映画大学公式サイト
テンプレートを表示

日本映画大学(にほんえいがだいがく、英語: Japan Institute of the Moving Image)は、神奈川県川崎市麻生区万福寺一丁目16-30に本部を置く日本私立大学である。2011年に設置された。

今村昌平記念スタジオ(外観)
今村昌平記念スタジオ(内観)

概観[編集]

今村昌平の理念を受け継ぎ、学校法人神奈川映像学園が運営する日本映画学校を発展改組する形で2011年に開学した。日本では初となる映画学部のみの単科大学である。

太平洋戦争中に存在した日本映画学校とは全く関係がない。

理念には、今村昌平が遺した言葉が使用されている[1]

沿革[編集]

  • 1975年(昭和50年)4月 - 今村昌平が横浜駅前に横浜放送映画専門学院(2年制・各種学校)を開校
  • 1984年(昭和59年)4月 - 留学生の募集を開始
  • 1985年(昭和60年)11月 - 学校法人神奈川映像学園設立。横浜放送映画専門学院を日本映画学校(3年制・専門学校)に改称・改組(神奈川県知事より認可)
  • 1986年(昭和61年)4月 - 川崎市麻生区へ移転。今村昌平が学校法人神奈川映像学園理事長・日本映画学校校長となる。映像科・俳優科を設置
  • 1992年(平成4年)4月 - 日本映画学校校長に石堂淑朗が就任
  • 1996年(平成8年)4月 - 日本映画学校校長に佐藤忠男が就任
  • 2004年(平成16年)11月 - 学校法人神奈川映像学園理事長に佐藤忠男が就任(日本映画学校校長と兼任となる)
  • 2007年(平成19年)10月 - 学校法人神奈川映像学園理事長に佐々木史朗が就任
  • 2010年(平成22年)10月 - 文部科学省より日本映画大学設置認可
  • 2011年(平成23年)4月 - 日本映画大学開学(映画学部映画学科)
  • 2012年(平成24年)3月 - 日本映画学校の俳優科を廃止
  • 2013年(平成25年)3月 - 日本映画学校の映像科を廃止

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 新百合ヶ丘キャンパス(神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30 元日本映画学校校舎、位置
  • 白山キャンパス(神奈川県川崎市麻生区白山2-1-1 映画撮影スタジオ・元川崎市立白山小学校校舎、位置

教育および研究[編集]

学部[編集]

  • 映画学部
    • 映画学科(以下2018年度からの新カリキュラムに基づく「系」と「コース」)
      • 演出系
        • 演出コース
        • 身体表現・俳優コース
        • ドキュメンタリーコース
      • 技術系
        • 撮影照明コース
        • 録音コース
        • 編集コース
      • 文章系
        • 脚本コース
        • 文芸コース

かつての組織

  • 映画学部
    • 映画学科(特記のない限り、開学時からのカリキュラムに基づいた「系」と「コース」)
      • 創作系
        • 脚本演出コース
        • 撮影照明コース
        • 録音コース
        • 編集コース
        • ドキュメンタリーコース
      • 理論系
        • 理論系Aコース(2011年度入学者)
        • 理論系Bコース(2011年度入学者)
        • 理論コース(2012年度入学者。上記の2コースを統合した)
        • 映画・映像文化コース(2013年度入学者より受け入れ)
        • 身体表現・俳優コース(2016年度入学生より受け入れ/開設前は「身体表現(俳優)コース」と告知された)

なお、日本映画大学では、2年次前半までは全員同一のカリキュラムとなり、以降は6コースに分かれて履修する。

大学関係者一覧[編集]

学長[編集]

  • 佐藤忠男(初代学長を経て名誉学長)
  • 天願大介(初代学科長、2代学部長を経て2代学長)

学部長[編集]

学科長[編集]

教授[編集]

 ※50音順

准教授[編集]

 ※50音順

講師[編集]

助手[編集]

特任・客員教授[編集]

関係機関等[編集]

麻生区6大学公学協働ネットワーク[編集]

学術交流協定締結校[編集]

包括的連携協定[編集]

  • 昭和音楽大学

地方自治体等[編集]

  • 一般社団法人白山まちづくり協議会

日本映画学校[編集]

日本映画学校

概要[編集]

理念に、「日本映画学校は、人間の尊厳、公平、自由と個性を尊重する。個々の人間に相対し、人間とはかくも汚濁にまみれているものか、人間とはかくもピュアなるものか、何とうさんくさいものか、何と助平なものか、何と優しいものか、何と弱々しいものか、人間とは何と滑稽なものなのかを、真剣に問い、総じて人間とは何と面白いものかを知って欲しい。 そしてこれを問う己は一体何なのかと反問して欲しい。個々の人間観察をなし遂げる為にこの学校はある。」とあるように、一貫して人間探求のカリキュラムを組み、映画監督脚本家俳優を始めとして映画スタッフが数多く輩出している。特徴的なカリキュラムとして、3年制である映像科は理念を反映させた「人間研究」という科目を1年次に配し、2年制である俳優科はカリキュラムに「漫才」が取り入れられていたことが挙げられる。このことによりお笑いタレントも多く輩出している(マセキ芸能社へ所属することが多い)。

沿革[編集]

  • 1975年4月、今村昌平が学院長として横浜スカイビルに「横浜放送映画専門学院」を開校。この頃は「今平学校」と呼ばれる。
  • 1984年、留学生の募集を開始する。
  • 1985年、学校法人神奈川映像学園が設立され、3年制の専門学校として神奈川県より設置認可を受ける。名称を「日本映画学校」と改称。
  • 1986年川崎市小田急電鉄、映画各社等の協力により、新百合ヶ丘駅北口に新校舎を設置し、移転。今村昌平が理事長・学校長に就任。
  • 1992年、今村昌平は理事長に専念することとなり、学校長が石堂淑朗となる
  • 1995年、卒業制作映画を外部劇場で上映するようになる
  • 1996年映画評論家佐藤忠男が学校長に就任。
  • 2004年、理事長・学校長が佐藤忠男となる。
  • 2007年、理事長が佐々木史朗となる。
  • 2011年日本映画大学が発足。新入生の受け入れ停止。
  • 2013年、日本映画大学への全面移行により閉校。[1]

学科[編集]

  • 映像科(3年制)
    2年次より下記のコースに分かれる。また、他コースとの合同授業やゼミナール形式で開講される科目もある。
    • 映画演出コース
    • 脚本演出コース
    • 映像ジャーナルコース
    • 撮影・照明コース
    • 映像編集コース
    • 音響クリエイターコース
  • 俳優科(2年制)

所在地[編集]

新百合ヶ丘校舎(日本映画大学新百合ヶ丘キャンパス)

講師陣[編集]

映像科1年

ほか

映像科2・3年
俳優科

卒業者[編集]

横浜スカイビルに所在していた時(横浜放送映画専門学院)の卒業生は横浜○期、日本映画学校の卒業生は映画学校○期と呼称している。

監督・演出[編集]

脚本家・作家[編集]

プロデューサー[編集]

撮影・照明[編集]

録音・音響[編集]

編集[編集]

スクリプター[編集]

美術・大道具・塗装[編集]

VFX[編集]

俳優[編集]

お笑いタレント[編集]

その他[編集]

劇場公開された卒業制作作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

学校法人神奈川映像学園

学校法人神奈川映像学園[編集]

学校法人神奈川映像学園は神奈川県川崎市麻生区に事務所を置く学校法人である[3]

沿革[編集]

設置する学校[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本映画大学・建学の理念と精神
  2. ^ a b 「日本映画学校OB牧場」今村ワールドの仲間たち”. 株式会社シネマネストJAPAN 【第14回・平田弘次】. 2014年4月30日閲覧。
  3. ^ 学校法人神奈川映像学園(仮称)日本映画大学のインターンシップ制度の支援について (PDF)” (2010年2月18日). 2016年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月23日閲覧。

関連項目[編集]

公式サイト[編集]

座標: 北緯35度36分18.0秒 東経139度30分27.1秒 / 北緯35.605000度 東経139.507528度 / 35.605000; 139.507528 (日本映画大学)