TOHJIRO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

TOHJIRO(トウジロウ、本名:伊藤裕一、1956年6月17日 - )は、日本AV監督映画監督実業家東京都港区六本木出身[1]株式会社オムプロダクション代表取締役

来歴・人物[編集]

  • 小学生時代にチャップリンの『キッド』や『ライムライト』などの作品を観て映画業界を志す。中学校卒業後、明治大学付属中野高等学校定時制に進学。在学中に円谷プロで『ミラーマン』の美術部アルバイトとして携わる[2]
  • 1974年、明治大学付属中野高等学校全日制に転籍。
  • 1975年横浜放送映画専門学院(現:日本映画大学)に入学。第一期生となる。
  • 1976年、横浜放送映画専門学院在籍時に映画監督の森崎東に誘われ、映画『黒木太郎の愛と冒険』の脚本製作や役者として映画監督を目指す青年「銃一」役で出演。
  • 1979年、映像プロデューサーの貞末麻哉子と共にミニシアター「クリエイティブ・スペースOM」を六本木に開設[3](2017年現在、閉鎖)。石井聰亙山本政志と上映会を開くなどの活動を行っていた。同時期、仲代達矢の劇団無名塾の公演に演出助手や演出として関わる。
  • 1984年、5000万円の借金をして映画『ゴンドラ』を制作開始。
  • 1986年4月、『ゴンドラ』が完成するも諸事情により国内での上映が困難となる。試写会で森崎東や川喜多かしこに評価されたのち、海外の映画祭で多数の賞を受賞。マルセル・マルタンらに評価される。
  • 1987年10月、川喜多かしこの助言によりホールを借りて『ゴンドラ』の特別先行上映を行う。
  • 1988年4月、特別先行上映での好評を受け、『ゴンドラ』が国内で正式に劇場公開される。国内での上映では谷川俊太郎ら著名人からも評価を得る[4]一方、制作時の借金が残ってしまう。
  • 1989年、次作の制作準備に入っていたがスポンサーから脚本に手を加えるよう指示されるなどしたことで自身の撮りたかったものが撮れなくなり、頓挫。『ゴンドラ』制作時の借金で悩んでいた際、アダルトビデオメーカーを紹介され、「好きに撮っていい」と言われたことを切っ掛けにアダルトビデオの制作に携わるようになる。『ゴンドラ』制作以前からの知人だった溜池ゴローと共に脚本を書いた『ブルーフィルム』でAV監督デビュー[5]。アダルトビデオ作品の制作を続けるも制作費を超える作品を撮り続けたため借金が増えてしまうが、作品に出演する女性たちに自身が『ゴンドラ』で描いたことに通ずるものを感じ、惹かれる。以降、アダルトビデオ制作を中心に活動する。
  • 1997年、レンタルビデオからセルビデオに活動の場を移す[5]
  • 2001年4月、アダルトビデオメーカー「ドグマ」を設立[5]
  • 2014年3月、『黒木太郎の愛と冒険』上映イベントのトークショーに体調不良で参加出来なくなった森崎東の代わりにゲストとして参加した際、TOHJIRO本人に会うことを目的に体調不良を押して上映イベントに来た森崎東から二作目の映画を撮らないことを叱咤される。
  • 2016年イマジカに保存されていた『ゴンドラ』のネガフィルムの劣化が進んだことや自身が還暦を迎えたこと、当時『ゴンドラ』を評価してくれた人たちの言葉や死、師匠と仰ぐ森崎東からの叱咤など、様々な理由から『ゴンドラ』に次ぐ新作を制作する覚悟の意味を込めてデジタルリマスター版の制作を決める。
  • 2017年、1月~5月にかけて東京や大阪のミニシアターで『ゴンドラ』デジタルリマスター版が上映予定。
  • 2017年現在、二作目の一般映画を制作予定。

監督作品[編集]

映画(一般作品)[編集]

  • ゴンドラ(「伊藤智生」名義、監督・脚本 ※棗耶子と共同、OMプロダクション、1986年)
  • ドアを開ければ(「伊藤智生」名義、監督)

アダルトビデオ[編集]

  • 『ブルーフィルム』(1989年)
  • 『あぶない放課後女教師スペシャル 沢口まりあ』(V&Rプランニング、1991年1月1日)
  • 『監禁ボディドール』シリーズ(マックスエー、1993~1995年)
  • 『うぶ 森下くるみ』(SODクリエイト、1998年9月18日)
  • 『緊縛M女調教』シリーズ(SODクリエイト、1998年)
  • 『秘技伝授』シリーズ(SODクリエイト、1998~1999年)
  • 『全裸若女将 森下くるみ』(SODクリエイト、2000年12月8日)
  • 『愛しの女教師 朝岡実嶺』(ソフトオンデマンド、2001年1月20日) 
  • 『なな 伊藤千夏』(SODクリエイト、2001年6月20日)
  • 『青い性欲』シリーズ(ドグマ、2001~2012年)
  • 『白い性欲』シリーズ(ドグマ、2001~2010年)
  • 『赤い性欲』シリーズ(ドグマ、2002年)
  • 『痴女の性欲』シリーズ(ドグマ、2002~2005年、2009年)
  • 『アナルトランスDX』シリーズ(ドグマ、2002~2007年)
  • 『拘束椅子トランス』シリーズ(ドグマ、2002年~)
  • 『拘束椅子レズビアン』シリーズ(ドグマ、2004~2007年)
  • 『巨乳拘束トランス』シリーズ(ドグマ、2004~2006年)
  • 『Mトランス』シリーズ(ドグマ、2004~2006年)
  • 『Mドラッグ』シリーズ(ドグマ、2005年~)
  • 『エンドレス・ファッカー』シリーズ(ドグマ、2005~2006年)
  • 『縄・M女優 コレクション』シリーズ(ドグマ、2006~2008年)
  • 『旦那の目の前で…ネット中毒の人妻・レイプ奴隷 川上ゆう』(ドグマ、2010年12月24日)
  • 『解禁 TOHJIRO』シリーズ(ドグマ、2016年~)

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 黒木太郎の愛と冒険(「伊藤裕一」名義、「伊藤銃一」役、ATG、1977年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「みんなの☆りれきしょ」2011年7月6日
  2. ^ 「表現の太陽」第一回[1]
  3. ^ 『シネ・フロント』221号(1995年3月、Vol.20、No.2)より
  4. ^ 『ゴンドラ』パンフレットより
  5. ^ a b c 天才鬼才インタビュー カントクたちがAVを撮る理由 第3回 TOHJIRO (前編) - スカパー! アダルト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]