森崎東

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「森﨑東」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
もりさき あずま
森﨑 東
生年月日 (1927-11-19) 1927年11月19日
没年月日 (2020-07-16) 2020年7月16日(92歳没)
出生地 日本の旗 日本 長崎県島原市[1]
死没地 日本の旗 日本 神奈川県茅ヶ崎市[2]
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1956年 - 2020年
主な作品
男はつらいよ フーテンの寅』(1970年)
喜劇 特出しヒモ天国』(1975年)
生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』(1985年)
ペコロスの母に会いに行く』(2013年)
テンプレートを表示

森﨑 東(もりさき あずま、1927年11月19日 - 2020年7月16日)は、日本の映画監督脚本家である[3]

経歴[編集]

1927年、長崎県島原市に生まれる[4]京都大学法学部を卒業[4]

1956年、松竹京都撮影所に入社する[5]

1965年、大船撮影所に移籍し[3]野村芳太郎監督や山田洋次監督の助監督、脚本を手がける[4]

1969年、『喜劇 女は度胸』で監督デビュー[6]。以降、『男はつらいよ フーテンの寅』をはじめとする喜劇を撮り続ける[4]

1971年、一連の作品により、芸術選奨新人賞を受賞する[要出典]

1974年、フリーとなる[3]

1977年、居酒屋で口論となった学生の伊藤裕一を『黒木太郎の愛と冒険』の脚本製作に誘い、映画監督を目指す青年「伊藤銃一」役としても起用し、制作。

1985年、『生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』を発表[4]

1996年、『美味しんぼ』を監督する[7]

2003年、第4回東京フィルメックス審査員を務める[8]。2004年、『ニワトリはハダシだ』が第17回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され[9]、最優秀芸術貢献賞を受賞した[10]

2005年、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞[11]

2013年、9年ぶりの新作となる『ペコロスの母に会いに行く』を発表[12]、第87回キネマ旬報ベスト・テンで日本映画1位に選ばれた[13]

2014年、体調不良で欠席予定だった『黒木太郎の愛と冒険』上映イベントに体調不良を押して途中から参加した。

2020年7月16日午後10時15分、神奈川県茅ヶ崎市内の病院に於いて脳梗塞の為に亡くなった[2]。92歳没。

フィルモグラフィー[編集]

映画(脚本)[編集]

  • 女の一生(1967年)
  • 喜劇 夫婦善哉(1968年)
  • 惚れた強み(1968年)
  • こわしや甚六(1968年)
  • 吹けば飛ぶよな男だが(1968年)
  • 日本ゲリラ時代(1968年)
  • 喜劇 一発大必勝(1969年)
  • 男はつらいよ(1969年)
  • ドリフターズですよ!特訓特訓また特訓(1969年)
  • メス(1974年)
  • ダンプ渡り鳥(1981年)
  • ソクラテス(1996年)
  • 白い犬とワルツを(2002年)

映画[編集]

出演[編集]

世界の終わりという名の雑貨店(2001年 監督・脚本:濱田樹石)

テレビ映画・テレビドラマ[編集]

  • はぐれ刑事(1975年、日本テレビ)- 監督
    • 第5話「偽証」
    • 第6話「姉弟」
  • 長崎犯科帳(1975年、日本テレビ)- 監督
    • 第6話「虎の罠を噛み破れ」
    • 第23話「風の噂の孫七郎」
  • 欲望の河(1976年、東海テレビ)- 監督
  • 新・必殺からくり人・東海道五十三次殺し旅 最終回「京都」(1978年、ABC) - 監督
  • 翔べ! 必殺うらごろし(1978年、ABC)- 監督
    • 第1話「仏像の眼から血の涙が出た」
    • 第2話「突如奥方と芸者の人格が入れ替わった」
  • ハッピーですか?(1978年、日本テレビ) - 監督
  • 幽霊海岸(1978年、テレビ朝日) - 監督
  • 田舎刑事 まぼろしの特攻隊(1979年、テレビ朝日) - 監督
  • 俺が愛した謎の女(1979年、読売テレビ) - 監督
  • 帝銀事件 大量殺人・獄中32年の死刑囚(1980年、テレビ朝日) - 監督
  • 妻の失ったもの(1981年、読売テレビ) - 監督
  • カムバック・ガール(1982年、毎日放送)- 脚本
  • 妻は何を見たか(1982年、テレビ朝日) - 監督
  • 天使が消えていく(1982年、福岡放送) - 監督
  • 花嫁のアメリカ(1982年、読売テレビ) - 監督
  • 妻は何をしたか(1983年、テレビ朝日) - 監督
  • 妻は何を感じたか(1983年、テレビ朝日) - 監督
  • 赤い妄執(1983年、読売テレビ) - 監督
  • ニュードキュメンタリードラマ昭和 松本清張事件にせまる 第1回「昭和20年8月15日 終戦日の荷風と潤一郎」(1984年、テレビ朝日)- 監督
  • 赤い本能(1984年、読売テレビ) - 監督
  • 赤い罠(1985年、読売テレビ) - 監督・脚本
  • 遺言状戦争(1985年、読売テレビ) - 監督・脚本
  • 喜劇・ああ結婚式(1986年、読売テレビ) - 監督・脚本
  • 喜劇・ああ出産(1986年、読売テレビ) - 監督・脚本
  • 家族の肖像(1987年、読売テレビ) - 監督
  • ああ離婚(1987年、読売テレビ) - 監督・脚本
  • 喜劇・ああ未亡人(1988年、読売テレビ) - 監督・脚本
  • 帰郷(1988年、読売テレビ) - 監督
  • 妻の疑惑(1989年、読売テレビ) - 監督
  • 金のなる木に花は咲く(1990年、読売テレビ) - 監督
  • 弟よ!(1990年、日本テレビ) - 監督・脚本
  • 離婚・恐婚・連婚(1990年、日本テレビ) - 監督

著書[編集]

  • 頭は一つずつ配給されている(2004年、パピルスあい)ISBN 478459101X

脚注[編集]

  1. ^ 森崎東監督、威風堂々の佇まい 「ペコロスの母に会いに行く」撮影順調”. 映画.com (2012年9月18日). 2014年3月21日閲覧。
  2. ^ a b "森崎東さんが死去 映画監督「時代屋の女房」". 日経電子版. 日本経済新聞社. 17 July 2020. 2020年7月17日閲覧
  3. ^ a b c 映画を巡るおんな旅 森崎東 篇!”. LOAD SHOW (2013年11月15日). 2014年3月21日閲覧。
  4. ^ a b c d e 老いを前向きに描く 東京新聞映画賞の「ペコロスの母に会いに行く」”. 東京新聞 (2014年2月19日). 2014年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月21日閲覧。
  5. ^ 映画監督・森崎東 追憶の風景 香良州海岸(津市)”. asahi.com (2010年9月28日). 2014年3月21日閲覧。
  6. ^ 講座:「森崎東党宣言!」29日、長田・神戸映画資料館 兵庫”. 毎日新聞 (2013年12月21日). 2014年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月21日閲覧。
  7. ^ テレ東、三國さん偲んで親子共演作『美味しんぼ』放送”. ORICON STYLE (2013年4月17日). 2014年3月21日閲覧。
  8. ^ Incense wins top Tokyo FILMeX prize” (英語). Screen International (2003年12月2日). 2014年3月21日閲覧。
  9. ^ 危機的状況には歌。「ニワトリはハダシだ」秘話”. 映画.com (2004年10月26日). 2014年3月21日閲覧。
  10. ^ ウルグアイ作品にグランプリ 第17回東京国際映画祭 観客・映画人の交流深夜まで”. しんぶん赤旗 (2004年11月12日). 2014年3月21日閲覧。
  11. ^ 芸術選奨文科大臣賞新人賞にジブリ美術館長”. 読売新聞 (2005年3月15日). 2014年3月21日閲覧。
  12. ^ 森崎東監督、初日挨拶で86歳誕生日祝福され「まるで映画のよう」”. 映画.com (2013年11月16日). 2014年3月21日閲覧。
  13. ^ 邦画1位に「ペコロス」 キネマ旬報ベストテン”. 日本経済新聞 (2014年1月9日). 2014年3月21日閲覧。

関連項目[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]