男はつらいよ 奮闘篇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
男はつらいよ 奮闘篇
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
製作 斎藤次男
出演者 渥美清
榊原るみ
田中邦衛
ミヤコ蝶々
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1971年4月28日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 2億5000万円[1]
前作 男はつらいよ 純情篇
次作 男はつらいよ 寅次郎恋歌
テンプレートを表示

男はつらいよ 奮闘篇』(おとこはつらいよ ふんとうへん)は、1971年4月28日に公開された日本映画。『男はつらいよ』シリーズの7作目。同時上映は『花も実もある為五郎』。

あらすじ[編集]

集団就職で雪国から上京しようとする若者を寅次郎が励ますというドキュメンタリー風の映像で始まる。

一年ほど前の「近々嫁をもらう」[2]という便りを元に、寅次郎の産みの親・お菊(ミヤコ蝶々)がとらやを訪ねてきた。ふらりと寅次郎本人も帰ってくるが、お菊は「相変わらず独り身で迷惑ばかりかけている」とだらしない生活振りに怒り始める。さくらは、寅次郎の態度[3]に怒りつつも、多少の問題のある女性であっても嫁に来てもらえるだけでありがたく思わなければならないほどの出来損ないと寅次郎を否定するお菊の言葉に対しては、猛然と抗議する。お菊は、そんな寅次郎への愛情に満ちたさくらの態度に涙ぐむ。

嫌気が差した寅次郎は、たった一晩いただけで柴又から旅立ってしまう。富士市啖呵売に来た寅次郎は、沼津津軽訛りの少女・花子(榊原るみ)を見かける。花子が普通の女の子よりやや頭が弱いことに気が付いた寅次郎は放っておけなくなり、職場に合わずに故郷の青森県・轟木に帰りたいと知って、旅費をカンパして弘前までの行き方を教える[4]。万が一のためにとらやの住所をひらがなで書いたメモを渡し、「とらちゃんに聞いてきたと言えばいい」と告げて、二人は別れる。

数日後、桜の季節を迎えた柴又のとらやに、花子が訪ねてくる。そこへ、花子がいるのではないかと寅次郎も戻ってきて、二人は再会を果たす。とらやの面々は花子の肉親を探そうと提案するが、寅次郎は自分が花子の面倒を見るといって聞かない。寅次郎の大袈裟とも思える世話焼きっぷりに唖然とする一同だが、当の花子は寅次郎にいつしか好意を抱くようになっていき、ついには「とらちゃんの嫁コになりたい」と打ち明ける。寅次郎は一瞬照れつつも、「花子、もうお前、どこへも行くな。ふるさとにも帰るなよ。ずっとここにいろよ。俺が一生面倒見るからよ」と本気にしてしまう。そんな寅次郎の言葉を、花子は聞いていない。しかし、寅次郎は世帯を持つことを真剣に考えるようになってしまい、挙句その話がお菊にまで伝わったことに、さくら達は不安を隠せない。

そんなある日、寅次郎が不在の折に、花子の小学校時代の教師をしていた福士先生(田中邦衛)が身元引受人としてとらやを訪れ、愛情あふれる態度で花子を連れて津軽へ帰ってしまう。それを知った寅次郎は激高し、花子は自分のようなヤクザ者のそばにいるよりも津軽の福士先生のそばにいるほうが幸せなのかよと問う。さくらは一瞬ためらうが、毅然として「そうよ」と答える。失望した寅次郎は、さくらを突き飛ばしてとらやを飛び出す。

数日後、寅次郎からとらやに速達が届く。「花子も元気にしていたし、俺はもう用のない人間だ」といった文面に、とらや一家は嫌な予感を覚え、さくらは発信元の轟木に向かう。そこで、福士先生と、先生の学校で給食のアルバイトをして元気に過ごす花子に会う。福士先生から寅次郎が訪ねてきた時の様子を聞き、「花子ちゃんの元気な姿見て納得いったんじゃないの」ととらやに報告するほどの感触はあったものの、まだ不安がよぎる。しかし次の瞬間、あるバス停で乗客や女性車掌に親しげに話しかける寅次郎の姿が見える。「(俺が)死ぬわけねーよな」と満面の笑みを浮かべる寅次郎であった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

記録[編集]

  • 観客動員:92万6000人[1]
  • 配給収入:2億5000万円[1]

受賞[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。
  2. ^ とらやの人たちの推測により、第2作の夏子・第4作の春子(「あき子」と言われている)あたりが候補に挙がる。第1作の冬子・第5作の節子は、いったん候補に挙がるが、時期が違うということになる。
  3. ^ 第2作では、会った当初の寅次郎とお菊は喧嘩別れするような関係であったが、最後に夏子が目撃したところによると、仲むつまじい関係になっている。 本作では、その最後のシーンがなかったかのように、寅次郎は「ひりっぱなしにしやがって」とお菊を恨んでいる。
  4. ^ 花子は後日、寅次郎の問いかけに対し「きっぷをなくしていない」とうなずいているが、結果として、列車で弘前まではたどり着いていない。

外部リンク[編集]