男はつらいよ 寅次郎かもめ歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
男はつらいよ 寅次郎かもめ歌
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
製作 島津清
出演者 渥美清
伊藤蘭
倍賞千恵子
村田雄浩
前田吟
下條正巳
松村達雄
笠智衆
音楽 山本直純
主題歌 渥美清『男はつらいよ』
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1980年12月27日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 13億8000万円[1]
前作 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
次作 男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎
テンプレートを表示

男はつらいよ 寅次郎かもめ歌』(おとこはつらいよ とらじろうかもめうた)は、1980年12月27日に公開された日本映画。『男はつらいよ』シリーズの26作目[2]

あらすじ[編集]

寅次郎が旅先でみた夢では、時代劇の柴又村に水害がおこり、代官の命令で、村で一番美しい娘である「おさく」が天狗様への人身御供になることになる。旅の者の寅次郎は、「おさく」のかわりにつづらに入り、悪だくみをしていた代官たちを捕まえる。そして、「おさく」の生き別れの兄だと名乗り出る。

寅次郎が柴又に帰ってくると、さくら・博たちの新築祝いとして、寅次郎は源公にたかって二万円を出すが、博たちは「大金すぎる」と釣りを返そうとする。怒った寅次郎はふたたび、旅に出る。

寅次郎が江差に行くと、江差追分の全国大会が開催されていた。晩秋の江差でテキヤ仲間の一人が寂しく死んで行ったのを聞いた寅次郎。人生の儚さに深い哀れみを覚え、線香の一本もあげてやろうと奥尻島を訪れた寅次郎は忘れ形見の一人娘・すみれ(伊藤蘭)と出会う[2]

東京へ出て働きながら定時制高校で学びたいというすみれの願いにほだされた寅次郎は、すみれとともに東京へ戻り、とらやの面々に協力を仰いで就職の世話や高校の入学手続きに奔走する。さくらや博から編入試験のための勉強を教わったすみれは晴れて試験に合格し、とらやに住み込みながらの学校生活が始まる。すみれの様子が気になる寅次郎は毎晩教室へ顔を出すうちに、クラスメイトや教師らとも顔見知りになり打ち解けていく。

そんなある日、すみれの友人を名乗る男・貞夫(村田雄浩)からとらやに電話が入る。さくらからすみれの勤め先を聞き出した貞夫は仕事帰りのすみれと再会する。恋人同士だった二人は過去の行き違いから喧嘩していたが、一緒に暮らしてくれという貞夫の真摯な気持ちに打たれたすみれは自分もまだ貞夫のことが好きだと告白し、二人は抱き合う。夜になってもとらやに帰ってこないすみれを心配し、慌てふためく寅次郎。翌朝、戻ってきたすみれは心配をかけたことを皆に謝るが、一晩中男と一緒にいた事を知った寅次郎は怒りだす。しかし、すみれの口から貞夫と結婚する意志があることを聞くと、寅次郎は再び旅に出る決意を固め、身支度を始める。

泣きながら謝るすみれに「幸せになれるんだろうな、お前。もし、そうじゃなかったら俺、承知しないぞ」と励ました寅次郎は、とらやを出て行く。

この回では、さくら夫婦がローンで念願の一戸建てのマイホームを購入。二階の一部屋は満男の部屋で、もう一部屋は寅次郎の部屋であった。

第2作から満男を演じた中村はやとは本作をもって降板する。

第1作から様々な役柄で登場していた関敬六が本作以降は寅次郎のテキヤ仲間のポンシュウ役で固定される。

劇中の定時制高校を気に入った寅次郎が入学を希望し提出した際の願書から、寅次郎の生年月日が、1940年(昭和15年)11月29日と判明する(しかし、寅次郎は中学中退のため願書は受け付けられなかった)。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

※公開時のプレスシートより転載

※その他

ロケ地[編集]

同時上映[編集]

記録[編集]

  • 観客動員:188万9000人[3]
  • 配給収入:13億8000万円[1](13億7000万円[3]とも)

脚注[編集]

  1. ^ a b 1981年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ a b 『昭和55年 写真生活』(2017年、ダイアプレス)p39
  3. ^ a b 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]