男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
製作 島津清
佐生哲雄
出演者 渥美清
いしだあゆみ
柄本明
片岡仁左衛門
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1982年8月7日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 10億4000万円[1]
前作 男はつらいよ 寅次郎紙風船
次作 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎
テンプレートを表示

男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』(おとこはつらいよ とらじろうあじさいのこい)は、1982年8月7日に公開された日本映画。『男はつらいよ』シリーズの29作目。

作品概要[編集]

控えめに見えるが情熱を秘めた大人の女性(いしだあゆみ)から好意をもたれた寅次郎(渥美清)。他人に誠実であること、自身の心に嘘をつかないこと。一緒のようでいて社会の上では折り合いのつかない二つの問題に挟まれた男の答えは。

浅草軽演劇の渥美、新宿演劇の流れを汲む柄本明、歌手から大女優へ成長したいしだなど異色の組み合わせだが、客演に迎えた片岡仁左衛門 (13代目)の存在が大きい。山田洋次監督は情熱と雅量を持つ名優に憧れていたとされ、100年インタビュー(NHKデジタル衛星ハイビジョン2007年11月15日放送)でも十三代目の佇まいに感動した様子を語っている。また、冒頭の寅次郎の夢のシーンの常連だった津嘉山正種が「寅次郎ハイビスカスの花」に続いて本編に登場した。

恋の病で寅次郎が寝込んだ際の源公のお見舞い袋には「源吉」と書かれている。

後の『男はつらいよ 寅次郎紅の花』では満男と寅次郎の会話のやりとりでかがりの事が言及されている。

あらすじ[編集]

京都へ旅に来ていた寅次郎。そこで寅次郎は、京都名物の葵祭で老人加納(片岡仁左衛門)と知り合う。当代屈指の陶芸家である老人の家を訪ねてみると、そこにはかがり(いしだあゆみ)という名の美しい女性が居た。美人を見るとたちまち自制心を失う寅次郎は、献身的に老人の世話をするかがりにすっかり夢中になる。そんな寅次郎に対して、かがりの方も、自分の境遇に同情してくれるばかりか、励ましの言葉を掛けて励ましてくれる寅次郎に好意を持つようになっていった。かがりが故郷に帰ったと聞いて、丹後まで訪ねていく。とらやへ帰った寅次郎へ、かがりが訪ねて来る。寅次郎とかがりは鎌倉のあじさい寺(成就院)へデートへ行く事に。デートを前に緊張した寅次郎は無理やり満男を同行させる。そんな満男は寅次郎から「プラモデル買ってやるからついてこい」と友達との釣りの約束をすっぽかされてしまったのだ。さくらはかがりとの恋愛をどうなるのかと心配していた。そんな様子が気がかりだったさくらは満男に時々電話するようにと伝えた。やがて夕方になって江ノ島で酒を酌み交わしながらデートを続けている寅次郎を監視していた満男を気の毒に感じた博は「ついていかせるのがまずかった。大人なんだぞ。兄さんもかがりさんも。甘いんだよ君は」と諭す中、さくらが夜遅くなりそうだと判断し「一人で帰っておいで」と伝えようとしたが電話が切れてしまった。かがりは寅次郎に会いたかった印象とは違っていたことに寅次郎は「いつもと同じつもりだけど」と言ってはいた。しかし、恋はまたしても暗礁に乗り上げ、品川でかがりと別れた寅次郎は一人涙を流す。そこでかがりはとらやに電話をかけ「大阪行きの新幹線の最終便で京都に帰ります」と伝えた。所詮はかない恋ははかない恋でしかなかったのだ。そんな寅次郎はすぐ、意気消沈した寅次郎は旅に出た。数日後、かがりから届いたはがきには「とても恥ずかしいことをしてしまいましたけど、寅さんならきっと許してくれるはずです」とつづってあった。寅次郎は加納の作品を彦根城の下にある公園で商売をしていたところで加納と再会する。

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

スタッフ[編集]

記録[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]