津嘉山正種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つかやま まさね
津嘉山 正種
本名 同じ[1]
生年月日 1944年2月6日(72歳)
出生地 日本の旗 日本沖縄県那覇市
身長 176 cm
血液型 B型
職業 俳優声優ナレーター
活動期間 1964年 -
配偶者 成田絵智子
事務所 劇団青年座
主な作品
テレビドラマ
踊る大捜査線』シリーズ
八重の桜
映画
陰陽師 (映画)』シリーズ

津嘉山 正種(つかやま まさね、1944年2月6日 - )は、日本俳優声優ナレーター。妻はオペラ歌手の成田絵智子

人物・経歴[ソースを編集]

沖縄県那覇市出身。沖縄県立那覇商業高等学校卒業。琉球放送に勤務する傍ら、地元の劇団創造で活動し、上司の薦めで上京。1964年劇団青年座に入団する。1970年頃からは、洋画や外国テレビドラマの吹替え・アニメーションなどの声優としても活動を開始する。

1980年に蜷川幸雄演出、平幹二朗主演の『NINAGAWA マクベス』に出演した。1985年の再演では準主役格のバンクォーをつとめた。1987年同作のロンドン公演では、休演の平に代わりマクベス役に選ばれて成功を収め、日本での凱旋公演でも再び主演を務めた。

1982年から、富山敬の後任としてNHK-FMの深夜番組『クロスオーバーイレブン』でパーソナリティを担当。2001年の番組終了まで20年近く出演した。

1988年4月、趣味である麻雀の最中にクモ膜下出血で倒れ、長期の療養とリハビリを余儀なくされたが、同年の舞台『テンペスト』で復帰。以後も青年座の中心俳優の一人として、舞台、映像で活躍する。

2005年7月1日に体調不良により、出演予定であった青年座の公演『夢・桃中軒牛右衛門の』の桃中軒牛右衛門役を降板、軽度の脳梗塞と判明した(後任は、同劇団の山本龍二)。2005年8月15日から8月19日までNHK-FMでオンエアの『よみがえる伝説〜クロスオーバーイレブン2005』で復帰した。舞台への復帰は井上ひさし作の原爆告発劇『父と暮せば』。「語り継いでいかなければならない作品。僕は芝居でなく、語りでこの作品に挑戦し、語りを極めてみたい」と朗読劇を全国で続けている。通常の舞台も2006年5月の『殺陣師段平』から復帰している[2]

2009年3月23日、3度目の脳卒中発作を起こしたため、出演予定の舞台を降板した[3]。しかし、同年中にテレビドラマにて復帰を果たした。

現在は青年座の劇団員ではなく「座友」として活動している。

テレビドラマ・映画でのニヒルな権力者役は、定番の役どころである。声優としては洋画の吹き替えに出演することが多くケビン・コスナーの吹き替えをほぼ専任で務めている他、リーアム・ニーソンロバート・デ・ニーロリチャード・ギアなども複数担当している。また長年、映画『男はつらいよ』シリーズではオープニングシーン(絵かき・サックス奏者などセリフのない役)の常連であり、『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』にて本編への登場を果たした。

前述の通り麻雀が趣味であり、テレビアニメ「闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜」に出演した際は、DVD特典用の映像として出演者の萩原聖人らと実際に鷲津麻雀を打つ映像を撮影した。その際は親倍をツモり上げ、解説者に「物の怪のようなアガり」と評された。

出演作品(俳優)[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

配信ドラマ[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

出演作品(声優)[ソースを編集]

テレビアニメ[ソースを編集]

1976年
1977年
1980年
1981年
1983年
1986年
1988年
1989年
1996年
1997年
1999年
2002年
2004年
2006年
2008年
2009年
2010年
2011年
2015年
2016年

OVA[ソースを編集]

1987年
1995年
1997年
2004年
2007年

劇場アニメ[ソースを編集]

1979年
1983年
1986年
1987年
1989年
1992年
1994年
1997年
2001年
2002年
2004年
2005年

Webアニメ[ソースを編集]

2006年
2015年

ゲーム[ソースを編集]

2006年
2007年
  • METAL GEAR SOLID Metal Gear Saga 20th Anniversary Collection(ナレーション)
2008年
2011年
2012年
  • 第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇(ゲル)
2016年

吹き替え[ソースを編集]

俳優[ソースを編集]

ガブリエル・バーン
ケビン・コスナー
ジョン・マルコヴィッチ
ピーター・フォンダ
マイケル・ダグラス
ライアン・オニール
リーアム・ニーソン
リチャード・ギア
ロバート・デ・ニーロ

洋画[ソースを編集]

海外ドラマ[ソースを編集]

海外アニメ[ソースを編集]

ラジオ[ソースを編集]

ドラマCD[ソースを編集]

ナレーション[ソースを編集]

その他[ソースを編集]

受賞[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『声優名鑑』 成美堂出版、1999年ISBN 978-4415008783
  2. ^ 讀賣新聞: p. 27. (2007年8月2日) 
  3. ^ “津嘉山正種さん、舞台降板”. サンケイスポーツ [いつ?]
  4. ^ 銀座 博品館劇場:過去の公演 1993年 2016年9月10日閲覧
  5. ^ ブロッカー軍団IVマシーンブラスター”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  6. ^ “ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!”. トムス・エンタテインメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=455 2016年5月2日閲覧。 
  7. ^ “ルパン三世 ワルサーP38”. トムス・エンタテインメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=463 2016年5月2日閲覧。 
  8. ^ “ルパン三世 セブンデイズ・ラプソディ”. トムス・エンタテインメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=472 2016年5月2日閲覧。 
  9. ^ 逆境無頼カイジ”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。
  10. ^ “ルパン三世 the Last Job”. 金曜ロードショー. http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20100212/index.html 2016年5月2日閲覧。 
  11. ^ 宇宙戦艦ヤマト 完結編”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  12. ^ “時空の旅人”. マッドハウス. http://www.madhouse.co.jp/works/1986-1983/works_movie_timestranger.html 2016年5月1日閲覧。 
  13. ^ 迷宮物語”. マッドハウス. 2016年6月26日閲覧。
  14. ^ ジャングル大帝 劇場版(1997)”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月8日閲覧。
  15. ^ ドラえもん のび太と翼の勇者たち”. メディア芸術データベース. 2016年8月12日閲覧。
  16. ^ 千年女優”. マッドハウス. 2016年6月7日閲覧。
  17. ^ STEAM BOY”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  18. ^ STAFF”. 『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』公式サイト. 2015年2月27日閲覧。
  19. ^ 週刊ファミ通』2016年5月26日号、KADOKAWA2016年5月12日
  20. ^ CAST”. 龍が如く6 命の詩。. セガ. 2016年8月19日閲覧。
  21. ^ ボディガード”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月28日閲覧。
  22. ^ マン・オブ・スティール”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月12日閲覧。
  23. ^ スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月30日閲覧。
  24. ^ ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月16日閲覧。
  25. ^ 6月30日発売「ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲!」 ドラマCDキャスト発表!!”. ニンジャスレイヤー書籍公式サイト. 2013年5月6日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]