男はつらいよ 寅次郎紙風船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
男はつらいよ 寅次郎紙風船
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
製作 島津清
佐生哲雄
出演者 渥美清
音無美紀子
岸本加世子
小沢昭一
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1981年12月29日
上映時間 101分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 12億1000万円[1]
前作 男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎
次作 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋
テンプレートを表示

男はつらいよ 寅次郎紙風船』(おとこはつらいよ とらじろうかみふうせん)は、1981年12月29日に公開された日本映画。『男はつらいよ』シリーズの28作目。

あらすじ[編集]

夢は寅がノーベル医学賞受賞。柴又に帰って満男のお土産に紙風船を出す。その日の柴又小学校の同窓会に出席するが、みんなを困らせ、旅に出る。相室を頼まれ、寅次郎は家出娘の愛子(岸本加世子)と知り合い、一緒に旅をする。その途中、テキヤ仲間常三郎(小沢昭一)の若い女房光枝(音無美紀子)から夫が病気だということを知る。常三郎を見舞った寅次郎は、思いがけない相談を持ちかけられる。自分にもしものことがあったらの事を頼むというのだ。間もなく常三郎は亡くなる。柴又に帰り、おばちゃん(三崎千恵子)が「寅ちゃんが真人間になってくれたんだよ」というと博(前田吟)が「まさか」という。愛子は柴又に来るが、兄がマグロ一本持って迎えにくる。ほどなくして、光枝も本郷の旅館で働く。再会した寅次郎はこの若く美しい未亡人と所帯を持とうと皆に語る。就職活動さえ始めるのであった。光枝から夫との約束を聞いていたと言われ…。

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

スタッフ[編集]

記録[編集]

受賞[編集]

同時上映[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 1982年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ a b 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。

外部リンク[編集]