男はつらいよ 寅次郎紙風船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
男はつらいよ 寅次郎紙風船
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
製作 島津清
佐生哲雄
出演者 渥美清
音無美紀子
岸本加世子
小沢昭一
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1981年12月29日
上映時間 101分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 12億1000万円[1]
前作 男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎
次作 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋
テンプレートを表示

男はつらいよ 寅次郎紙風船』(おとこはつらいよ とらじろうかみふうせん)は、1981年12月29日に公開された日本映画。『男はつらいよ』シリーズの28作目。

あらすじ[編集]

夢は、寅次郎がノーベル医学賞受賞。「Wマドンナ」[2]も、ともに現れている。

寅次郎は、柴又に帰って満男のお土産に時代遅れとも言える紙風船を渡し、とらやの人たちに気を遣わせる。また、その日行われた柴又小学校の同窓会に出席するが、みんなにバカにされているのを感じ取り、家に帰ってクダを巻く。そんな自分を反省し、翌日とらやを寂しく出て行く。

大分県・夜明にやってきた寅次郎は、家出娘の愛子(岸本加世子)と相部屋を頼まれた縁で知り合い、気っ風のよい彼女にすっかり気に入られ、一緒に啖呵売の旅をする。その途中、テキヤ仲間・常三郎(小沢昭一)の若い女房・光枝(音無美紀子)に声をかけられ、夫が重病だということを聞く。故郷の秋月に常三郎を見舞った寅次郎は、光枝のいないところで、思いがけない相談を持ちかけられる。自分にもしものことがあったら、光枝を妻としてもらってくれというのだ。寅次郎は、真に受けないながらも、病人の手前、そうすると約束する。光枝に送ってもらいつつ、何か困ったことがあれば柴又の自分の家に手紙をよこすように言う寅次郎だったが、光枝は夫がもう長くないことを告げる。間もなく常三郎は亡くなる。

寅次郎は、考えるところがあって愛子を宿に一人残し、柴又に帰るが、すぐに愛子は寅次郎を追いかけてとらやに来る。愛嬌を振りまき、誰からも好かれる愛子だったが、マグロ漁師の兄・健吉(地井武男)がマグロ一本持って迎えにくる。熱血漢の健吉は、最初とらやの人たちに反感を持たれるが、愛子と心が深く結びついていることが次第に分かり、愛子を連れて故郷の焼津に帰る。

さて、寅次郎のもとに、光枝からハガキが来る。夫の死後、東京・本郷の旅館で働いているとのことで、寅次郎はその旅館に光枝を訪ねる。寅次郎は、光枝のことを心配し、とらやに来るように提案して、「そんなふうに言ってくれるの、寅さんだけよ」と返される。帰宅後、光枝の名前は(意識的には)伏せつつも、寅次郎は「俺、所帯持つかも知れない」ととらやの人たちに話し、さらに、ワイシャツにネクタイを締めて就職活動さえ始める。

寅次郎と約束をした日、光枝はとらやを訪ねるが、寅次郎は光枝の応対を家族に任せっきりにし、本人は落ち着かない。その日のうちに仕事のために帰る光枝を柴又駅まで送るが、その途中、亡くなる直前の夫の口から例の約束を聞いていたと、光枝に言われる。「寅さん、約束したの?本気で?」という光枝の言葉に対し、例によってもう一言が出ない寅次郎は、「病人の言うことだからよ、適当に相づち打ってたのよ」「じゃあ、よかった。寅さんが本気でそんなこと約束するはずないわね。安心した、寅さんの気持ち聞いて」[3]というやりとりの末、失恋する。直後、旅に出る寅次郎のもとに、面接を受けた会社からの不採用通知が届く。

正月に、光枝はとらやを訪れる。とらやの仕事を気っ風の良い呼び込みぶりで手伝う光枝には、すっかり明るさが戻っていた。一方で、焼津港から出港するマグロ船に乗る兄を見送る愛子の肩を、寅次郎が叩く。初対面の健吉と寅次郎、そして愛子は、爽やかに手を振り合う。

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

スタッフ[編集]

記録[編集]

受賞[編集]

同時上映[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 1982年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ この作品の「マドンナ」を光枝(音無美紀子)に限ると考えるのか、愛子(岸本加世子)も加えると考えるのか、書物やウェブサイトによって考え方が分かれる。前者は、寅次郎(と後の満男)の恋愛の対象だけをマドンナと考えるもの。例えば、公式ウェブサイトがこの見解である。後者は、広く主要な女優をマドンナと考えるもの。この考え方によれば、第18作の雅子(檀ふみ)、第20作の幸子(大竹しのぶ)、第39作のふで(五月みどり)などもマドンナとなり得る。『pen 2019年6月1日号』(p.55)、『男はつらいよ 寅さんの歩いた日本』(p.74)、『男はつらいよ魅力大全』(p.298~302)などがこの見解である。岸本がクレジット順でトメであることも、この見解の一つの根拠になろう。
  3. ^ この光枝の発言の解釈については、真っ二つに意見が分かれる。一つは、文言通りに捉えたもの、つまり、常三郎と寅次郎との約束で光枝の意思は考慮されていないので、事実上その約束を断りに来たという解釈である。光枝が常三郎の人間性や稼業を批判するような発言を繰り返していたこと、「私も腹が立ったけどね、まるで犬か猫でも他人にくれてやるような口きいちゃってさ」という言葉がその根拠になろう。「まさか亭主の言ったこと本気にはしていないでしょうね」(『みんなの寅さん 「男はつらいよ」の世界』p.254)、「寅さんの女性に対する喪失感を決定づけるマドンナ」(『男はつらいよ 寅さんの歩いた日本』p.75)などがこの見解である。もう一つは、他の多くのエピソード同様、光枝が寅次郎の真意を訊きに来たが、寅次郎が照れからごまかしてしまったので、光枝もそれに応じた態度を取らざるを得なかったという解釈である。光枝が寅次郎にハガキを送った上、正月も含めて二度もとらやを訪れたことが、その根拠になろう。「光枝はその気になっているようにもみえるが、いざとなると前へ進むことのできない寅である」(『完全版「男はつらいよ」の世界』p.228)などがこの見解である。なお、『「男はつらいよ」寅さん読本』の本作解説(p.136~138)の直後に、「寅さんと結婚」と題した山田監督のコラムがある(p.139~140)ことは注目に値する。「どんなに好きな女性が現れても、その女性のために自分の生活を崩されるのは耐えられない」との、一見本作で寅次郎が目指していたように見えるもの(所帯、就職)とは異なる記述がされている。表面的な言葉に惑わされない解釈を求めているようにも見える。
  4. ^ a b 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。

外部リンク[編集]