男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
出演者 渥美清
中原理恵
渡瀬恒彦
佐藤B作
秋野太作
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 日本の旗 1984年8月4日
公開 松竹
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 11億5000万円[1]
前作 男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎
次作 男はつらいよ 寅次郎真実一路
テンプレートを表示

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』(おとこはつらいよ よぎりにむせぶとらじろう)は、1984年8月4日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの33作目。

寅のテキヤ仲間ポンシュウ(関敬六)、タコ社長の娘あけみ(美保純)が初登場。満男が中学に入学。また、寅の元舎弟の登(秋野太作)が、第10作「男はつらいよ 寅次郎夢枕」以来の登場(盛岡で、食堂の店主として、妻・娘つきで登場)。

主題歌が流れる中に登場する祭りは岩手県北上市の鬼剣舞(おにけんばい)である。盛岡の場面の祭りはチャグチャグ馬コ


あらすじ[編集]

第三の男』の主題歌が流れる寅次郎の夢は『カサブランカ』のような世界だが、さくらたちは殺されていて登場せず、寅次郎は女「マリ」を守り、敵(かたき)のギャングたちを格闘で倒す。マリは寅次郎をかばって撃たれて死ぬ。

霧が深い北海道釧路で、寅次郎は風子(中原理恵)というツッパリ娘に出会う。根室で叔母の世話で、風子は理容店につとめる。

風子は寅次郎の楽しい話にすっかり打ち解けて、寅次郎と一緒に気ままな旅をしたいと言い出した。寅次郎の気持ちは大きく揺れたが、その申し出をキッパリと断った。風子は、外見はツッパっているが、内面はとても優しい娘であった。

風子には幸せな結婚をして欲しいと心底願う寅次郎だったが、そんな風子の前に、オートバイショーの花形トニー(渡瀬恒彦)が現れると、風子は寅次郎の気持ちも知らずに、トニーについて行ってしまう。

とらや周辺では、タコ社長の娘あけみが結婚の運びとなり、一同はにぎやかにしている。

そのとらやに寅次郎が帰ってくると、風子が理容店を出て東京に来ていると、旅で一緒になったサラリーマンがきて、「風子が東京に来ている」と知らせる。寅次郎は心配になって、東京じゅうを、風子を探しまわる。

キャッチコピー[編集]

「帰って来な 風子!」北国は 短い夏の 夢なのか――――。

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

スタッフ[編集]

挿入歌[編集]

記録[編集]

同時上映[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]