男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
出演者 渥美清
中原理恵
渡瀬恒彦
佐藤B作
秋野太作
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 日本の旗 1984年8月4日
公開 松竹
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 11億5000万円[1]
前作 男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎
次作 男はつらいよ 寅次郎真実一路
テンプレートを表示

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』(おとこはつらいよ よぎりにむせぶとらじろう)は、1984年8月4日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの33作目。

寅のテキヤ仲間ポンシュウ(関敬六)、タコ社長の娘あけみ(美保純)[2]が初登場。満男が中学に入学。また、寅の元舎弟の登(秋野太作[3])が、第10作「男はつらいよ 寅次郎夢枕」以来の登場。

主題歌が流れる中に登場する祭りは岩手県北上市の鬼剣舞(おにけんばい)である。盛岡の場面の祭りはチャグチャグ馬コ

あらすじ[編集]

第三の男』の主題歌が流れる寅次郎の夢は『カサブランカ』のような世界。寅次郎は、悪党たちに自殺に追い込まれた家族の敵を討つため、酒場に乗り込む。歌手の女マリー(中原理恵)は、敵のギャングのボス(渡瀬恒彦)といい仲のように見えるが、寅次郎がギャングの手下たちを格闘で倒した後、ボスに狙撃されそうになったところを、かばって撃たれる。寅次郎はボスを斃すが、「あたしのこと、許してくれる?」と言いつつ息を引き取るマリーを看取る。

寅次郎が盛岡で啖呵売していると、かつての舎弟・登に声を掛けられる。登は所帯を持ち、食堂を営む堅気になっていた。若い頃の義理を忘れず、寅次郎を気遣って店を閉めろと妻に言う登を、寅次郎は叱る。渡世人を続ける自分と縁を切る程度の覚悟がなければ堅気を続けてはいけない、そんな考え方を登に伝えたかったのだ。

北海道へ渡った寅次郎は、釧路[4]で風子(中原理恵)というツッパリ娘に出会う。風子は理容師の免許を持っていたが、トラブルメーカーになりやすく長続きしないのを初対面の人にも見破られてしまうような性格だった。「フーテン」つながりで意気投合した二人は、風子の伯母のいる根室へと一緒に旅をすることにする。途中、寅次郎と相部屋になったサラリーマン風の男性・福田(佐藤B作)が蒸発した妻を霧多布に探しに行くのに付き合うが、結局妻は戻らず、終始陰気な福田を慰めつつ、二人は腕を組んで歩くほど親密になる。

根室に着いた風子は早速伯母に会って理容師の仕事を見つけてもらうが、その際、生活態度を改めるよう散々説教される。寅次郎も、心配してくれる人がいるのはありがたいと思えと風子に言う。寅次郎の啖呵売の商品のオルゴールは「Happy Birthday」の曲であり、ちょうど誕生日を迎えていたが誰も祝ってくれない風子は、感慨にふける。その風子に、近くの会場でちょうど開催されていたオートバイサーカスの団員・トニー(渡瀬恒彦)が声を掛ける。トニーは、サーカス団の一員として全国を回る「渡世人」であり、やさぐれた雰囲気を持つ遊び人だった。

風子は、寅次郎の楽しい話にすっかり打ち解けて、寅次郎と一緒に気ままな旅をしたいと言い出す。寅次郎は、自分はかつて、後悔しないように生活を改めろと妹のさくらに言われたが、言うことを聞かなかった、ふと気付いてみると周りはみな堅気になり、自分たちのようなバカだけが取り残されてしまった、だから風子にはこの町で一生懸命働いて、真面目で正直な男と所帯を持ってほしいと優しく諭す。風子は、自分はまだ若いのだから、いろいろなことを経験してもいいのではないかと納得しない。そして「案外薄情なんだね、寅さん」と、子ども扱いされたことを怒ってしまう。翌日、根室を発つ寅次郎に風子は、「寅さんがもう少し若かったら[5]、あたし寅さんと結婚するのに」と言って涙ぐむ。寅次郎も後に残す風子のことが気に掛かり、何かあったら帝釈天参道のとらやに連絡するように言う。

風子は、自分にしつこくつきまとうトニーのことを最初はうっとうしく感じていたが、寅次郎がいなくなった寂しさもあり、少しずつ受け入れるようになっていく。そして、東京に行くトニーを追いかけて上京する。[6]寅次郎は風子のことを思い、鬱々とした気分で柴又に帰ってくるが、そこには北海道で知り合った福田がやってきている。福田は、やつれた雰囲気の風子に東京で借金を頼まれたと言う。風子の所在が分からず、いても立ってもいられない寅次郎は、新聞広告まで使って風子の行方を捜すほどだったが、そこにトニーがやってくる。今、自分と同棲しているが、寝込んでしまって寅次郎に会いたがっていると伝えに来たのだ。

想い人が男と同棲している、それも遊び人のトニーのところにいると知って、寅次郎の心中は穏やかではなかったが、トニーの家に風子を迎えに行き、とらやに温かく受け入れる。身も心もぼろぼろになった風子だったが、とらやの人びとの優しさに触れ、次第に元気になる。柴又の理髪店での就職も世話できるので、とらやの2階に住めばいいとさくらに言われ、風子は寅次郎が言った「堅気になれ」という言葉の意味を理解し始める。その頃、寅次郎はトニーのもとを訪ね、風子は堅気として幸せになっていける女性だから、どうか手を引いてくれと頭を下げる。

しかし、「情熱の問題ですからね。こればかりは理屈じゃ」という博の言葉通り、風子は、トニーが東京を発つと聞いて、会わずにはいられない気持ちになってしまう。寅次郎に止められた風子は、寅次郎がトニーに自分から手を引けと言ったと聞いて、自分の問題に口を出さないでほしいと言う。寅次郎たちの言うことが正しいこと、トニーと一緒にいたら不幸せになることが分かっていながら、自分の気持ちをどうすることもできずに、とらやを飛び出していく。[7]

盛夏になり、さくらのもとに、風子から手紙が来た。(結局トニーとうまくいかず、)北海道の伯母のもとで暮らすうち、以前一緒に働いていた人で、伯母が気に入ってくれた男性と結婚することになったとの文面だった。その男性は真面目だけが取り柄のような人であるが、寅次郎にもきっと気に入ってもらえるはずと風子は感じていた。結婚式に呼ばれたさくら一家が北海道に行って目撃したのは、風子の幸せを心から祝福する寅次郎が、ヒグマに追われながら山越えしてくる姿だった。

キャッチコピー[編集]

「帰って来な 風子!」北国は 短い夏の 夢なのか――――。

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

スタッフ[編集]

挿入歌[編集]

記録[編集]

同時上映[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 1984年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 本作で結婚する。この結婚については、劇中でかなり詳しく描写されている。
  3. ^ これまでのシリーズ出演は「津坂匡章」名義。
  4. ^ 本作は、霧のシーンが多い。最後の結婚式を入れて道東では6日の描写があるが、そのうちの3日は雨も含む霧がかった情景である。(釧路から霧多布経由で根室に行った日、「テキヤ殺すにゃ刃物はいらぬ。雨の3日も降ればいい」と寅次郎が言った日、根室での寅次郎と風子の別れの日。)なお、表題の「夜霧」については、寅次郎と風子の間に「霧笛」について語るシーンがある。
  5. ^ 中原理恵(1958年生まれ)は、第35作マドンナの樋口可南子と並び、渥美清と最も年齢の離れたマドンナである。(満男のマドンナや第28作の愛子を演じた岸本加世子など、寅次郎の恋愛の対象ではないマドンナは除く。)
  6. ^ 映画の中にはこのシーン自体は存在しない。トニーの言葉の中で語られている。
  7. ^ 本作では、寅次郎が失恋をきっかけに柴又を発つシーンは存在しない。
  8. ^ DVD日本語字幕より。「叔母」(公式ウェブサイト)とも表記される。風子の母親の姉妹であるが、年齢関係は不詳。
  9. ^ a b 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]