男はつらいよ ぼくの伯父さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
男はつらいよ ぼくの伯父さん
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
製作 内藤誠
出演者 渥美清
檀ふみ
後藤久美子
尾藤イサオ
佐藤蛾次郎
前田吟
太宰久雄
笠智衆
三崎千恵子
下條正巳
倍賞千恵子
音楽 山本直純
主題歌 渥美清「男はつらいよ」
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1989年12月27日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 14億1000万円
前作 男はつらいよ 寅次郎心の旅路
次作 男はつらいよ 寅次郎の休日
テンプレートを表示

男はつらいよ ぼくの伯父さん[1](おとこはつらいよ ぼくのおじさん)は、1989年12月27日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの42作目。上映時間は109分。観客動員は190万人[2]配給収入は14億1000万円[3][2]。同時上映は『釣りバカ日誌2』。


概要[編集]

  • この年から寅次郎が甥の満男の恋をコーチする役に回っているが、渥美の体調不良で派手な演技ができなくなったためである。また、渥美も撮影時に61歳になっており、この歳で振られ役を続けていくのも脚本上、酷であるという判断もあった。そのため山田洋次は次作から年に2本作っていたシリーズを年1本に減らし、渥美の肩荷を減らすために満男の登場シーンを増やし、寅次郎の出番を最小限に減らす努力をしながら「男はつらいよ」を続けていくことになった。また及川泉の登場も当初は予定されていなかった。以降、最終作『寅次郎紅の花』まで続き、実現しなかった第49作『男はつらいよ 寅次郎花へんろ』で満男シリーズの完結とする構想であった。
  • 脚本では寅次郎が終盤、くるまやにカード式電話で電話をかける予定であった。

あらすじ[編集]

寅次郎が久々に柴又に帰ると、そこには大学受験に失敗して浪人中だった甥の満男(吉岡秀隆)の姿があった。さくらから人生に悩む満男の相談に乗って欲しいと頼まれた寅次郎は、早速近所の飲み屋に出かけ、満男にしこたま酒を飲ませる。満男から勉強が身につかない原因を聞き、人生について語る。帰宅後、未成年にも関わらず酒を飲ました事に激怒する博と大喧嘩した寅次郎は怒って旅に出てしまう。一方、満男もさくら達と大喧嘩し、家出してしまう。行く場所のない満男は高校時代の初恋の相手・泉(後藤久美子)が親の離婚で引越した名古屋までオートバイで向かう。スナックで泉の母親(夏木マリ)に出会えた満男だったが、泉はここには居ないと告げる。泉が佐賀にいることを知った満男は、事故を起こしたり、ホモに迫られたりしながら、オートバイで佐賀に向かう。一方、旅に出た寅次郎も佐賀にいた。宿に帰った寅次郎の部屋に一人の若者が相部屋に入ってくる。浪人だというと「甥っ子も浪人でろくなもんじゃない」。相手は満男であった。

満男の一途な恋に自分自身をダブらせ、妙に納得した寅次郎は恋の指南を決心し、小野小町深草少将百夜通いの話をする。翌日、寅次郎と満男は早速、泉の家へ向かう。満男の出現にビックリしながらも感激する泉だった。郷土史研究家で人に説明するのが大好きな祖父が寅次郎たちを迎え入れ、二人はすっかり気に入られ、ぜひ泊まってゆけという。母親の妹に当たる寿子(檀ふみ)も親切にしてくれた。夫の嘉一(尾藤イサオ)だけは人が家に泊まるのを嫌がっていたが、しぶしぶ了解する。翌日は日曜日。寅次郎は郷土史研究会の老人たちのお供をして吉野ヶ里遺跡巡りに出かける。満男も泉と連れだってバイクで吉野ヶ里など散策を楽しんだ。帰宅が遅くなってしまい、高校教師の嘉一から嫌みを言われる。満男は恐縮して謝るが、泉にまで「東京へ来いよ」というが、「幸せだからそんなことがいえる」と反駁される。満男は別れを告げて帰京する。寅次郎は「私のようなできそこないが、こんなことを言うと笑われるかもしれませんが、私は甥の満男は間違ったことをしてないと思います。慣れない土地へ来て、寂しい思いをしているお嬢さんを慰めようと、両親にも内緒ではるばるオートバイでやってきた満男を、私はむしろよくやったと褒めてやりたいと思います」とかばう。その言葉に、嘉一は面食らってしまう。校門で泉に会うと「あたし、ちっとも怒ってないって」と伝言を頼まれる。両親と和解する。正月に自宅に帰るとそこには泉が。

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

注釈[編集]

  1. ^ タイトルはジャック・タチ監督の『ぼくの伯父さん』Mon Oncle(1958年)から採っている。
  2. ^ a b 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。
  3. ^ 1990年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

外部リンク[編集]