小城駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小城駅
駅舎
駅舎
おぎ - Ogi
久保田 (5.1km)
(5.5km) 東多久
所在地 佐賀県小城市三日月町久米2083
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 唐津線
キロ程 5.1km(久保田起点)
電報略号 オキ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,041人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1903年明治36年)12月14日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示

小城駅(おぎえき)は、佐賀県小城市三日月町久米にある、九州旅客鉄道(JR九州)唐津線である。

歴史[ソースを編集]

九州鉄道が1903年(明治36年)12月14日に唐津線を開通させた際に開設された[1]。駅舎は開通当初のものが残されており、地元の小城市では2013年度から2年間の計画で約3億2000万円を費やして改修工事を行った。駅前ロータリーの拡大や公衆トイレの設置、駅舎の改装などを実施し、2015年(平成27年)5月30日に完成記念式典が行われた[2][3]

2015年に小城駅駅舎は「22世紀に残す佐賀県遺産」[4]および国登録有形文化財に認定された[5]

年表[ソースを編集]

駅構造[ソースを編集]

単式ホーム2面2線を有する地上駅で、駅舎側からホーム・線路・ホーム・線路の順に並んでいる[1]。互いのホームは構内踏切で連絡している。開通当初からの木造瓦葺平屋建ての駅舎が残っている[1]

JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅で、マルスは無いがPOS端末が設置されている。

駅舎の前には高田保馬与謝野鉄幹晶子夫妻の歌碑が設置されている[2]。また駅舎には中林梧竹揮毫による駅名額が掲げられている[2]

2014年(平成26年)にかつてあった駅舎がリニューアルされ、それと同時に駅前も整備された。

利用状況[ソースを編集]

2011年度の1日平均乗車人員は1,041人である[6]

年度 1日平均
乗車人員
2000年 961
2001年 942
2002年 956
2003年 971
2004年 994
2005年 999
2006年 1,012
2007年 1,004
2008年 1,034
2009年 1,017
2010年 1,034
2011年 1,041

駅周辺[ソースを編集]

小城駅を名乗るが、駅は旧小城町域ではなく、旧三日月町域の北端にある。駅前から県道小城牛津線を約200m北上すると旧小城町域に入り、さらに約700m北上すると国道203号沿いの旧小城町中心市街地に行き着く。

バス路線[ソースを編集]

  • 昭和バス小城駅前バス停
    • 小城発着所・牛津方面
  • 小城町巡回バス - 3路線。いずれも駅前ではなく小城公園東口または小城市民図書館小城館(桜城館)に停車する。

隣の駅[ソースを編集]

九州旅客鉄道
唐津線
久保田駅 - 小城駅 - 東多久駅

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 唐津線でスキップ 小城”. 唐津線利活用・電化促進期成会. 2015年5月30日閲覧。
  2. ^ a b c d レトロ感漂う駅舎に 小城駅がリニューアル”. 佐賀新聞 (2015年5月30日). 2015年5月30日閲覧。
  3. ^ JR小城駅周辺整備事業”. 小城市 (2014年6月20日). 2015年5月30日閲覧。
  4. ^ “小城駅と馬場酒造、県遺産に”. 佐賀新聞. (2015年11月17日). http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/250557 2015年11月18日閲覧。 
  5. ^ 小城駅、国登録文化財に 鉄道建造物県内で初佐賀新聞 - 2015年11月21日
  6. ^ 佐賀県統計年鑑

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

  • 小城駅(駅情報) - 九州旅客鉄道