今福将雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いまふく まさお
今福 将雄
本名 今福 正雄
生年月日 (1921-04-08) 1921年4月8日
没年月日 (2015-05-27) 2015年5月27日(94歳没)
出生地 日本の旗 日本福岡県飯塚市
死没地 日本の旗 日本千葉県松戸市
民族 日本人
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル ラジオドラマ
舞台
映画
テレビドラマ
主な作品
テレビドラマ
峠の群像
おしん
すずらん
Dr.コトー診療所 (テレビドラマ)』〈第1シリーズ〉
映画
日本のいちばん長い日
肉弾
 
受賞
第5回日本放送作家協会男性演技賞
テンプレートを表示

今福 将雄(今福 將雄、いまふく まさお[1]1921年大正10年〉4月8日[2][1] - 2015年平成27年〉5月27日)は、日本俳優。本名及び旧芸名は今福 正雄[2][1]

福岡県[2]飯塚市出身[1]。旧制福岡県立嘉穂中学校(現福岡県立嘉穂高等学校)卒業[2]文学座[2]映画放送部に所属していた。

少壮のころから、独特の口跡と間合いで温かみのある[要出典]老け役を中心に演じてきた[1]

来歴・人物[編集]

1940年に中学校を卒業し、九州飛行機の技師となる。

終戦直後、たまたま闇市で知り合いになった人にラジオドラマの効果音の手伝いを頼まれ、1946年NHK福岡放送劇団に入る[1]

ラジオドラマ『コメロンの貧乏神』で踏み切りの番人をしている老人役を演じ、テレビドラマへも進出。

1965年に第5回日本放送作家協会男性演技賞を受賞した。

1966年に福岡放送劇団の廃止を受け、上京して文学座に研究生として入る。

1968年に座員に昇格[注釈 1]

映画では岡本喜八に重用され、喜八一家(喜八ファミリー)の一員に数えられる。[要出典]1960年代後半以降の岡本作品では、神山繁岸田森らとともに、欠かせない顔であった。

テレビドラマではNHKの作品への貢献が大きく、特に橋田壽賀子脚本作品に多数キャスティングされた。

現代劇では無骨で不器用な小市民を演じることが多かったが、その役柄は幅広かった。

1980年にそれまでの本名名義から「今福將雄」に改名。

2015年5月27日6時22分、心筋梗塞のため千葉県松戸市の自宅で死去。94歳没。所属していた文学座が6月1日に発表した[3][4]

映画「バトルヒーター」やテレビドラマ「NIGHT HEAD」で今福を起用した映画監督・脚本家・作家の飯田譲治らが追悼のコメントを述べている[5]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

  • コメロンの貧乏神

舞台[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 下川辰平とは同期であった。
  2. ^ 製作は1970年。
  3. ^ 欠番作品。
  4. ^ a b c 今福正雄名義。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 東宝特撮映画全史 1983, p. 527, 「怪獣・SF映画俳優名鑑」
  2. ^ a b c d e 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、28頁。 
  3. ^ 俳優・今福将雄さん、94歳で死去 NHK「おしん」の源じい役”. スポーツ報知 (2015年6月1日). 2015年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月1日閲覧。
  4. ^ “「おしん」の今福将雄さん死去94歳心筋梗塞”. 日刊スポーツ. (2015年6月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1486007.html 2017年12月22日閲覧。 
  5. ^ 飯田譲治、@iidageorge 2015年6月1日の発言
  6. ^ a b 東宝特撮映画全史 1983, p. 537, 「主要特撮作品配役リスト」

参考文献[編集]

  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 

外部リンク[編集]