飢餓海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飢餓海峡』(きがかいきょう)は、水上勉推理小説

1962年1月から1962年12月まで週刊朝日に連載されたものの完結にはならず、その後、加筆し1963年朝日新聞社にて刊行した。その後、文庫版では新潮文庫で刊行している。2005年には単行本として河出書房新社にて刊行、上編・下編構成になっている。

水上勉の代表作の一つで、推理作家から社会派の作家へと移行する時期の作品。戦後の貧困に喘ぐ時期を生きることになった多くの日本人の悲哀が、主要な登場人物に投影されている。

1965年に映画、また1968年1978年1988年にテレビドラマ、1972年1990年2007年に舞台が制作された。

あらすじ[編集]

戦後まだ間もない昭和22年、北海道地方を襲った猛烈な台風により、青函連絡船・層雲丸が転覆して多数の死傷者が出る。現場で遺体収容に従事した函館警察は、身元不明の遺体を2体発見する。それらの遺体は、連絡船の乗船名簿と該当しなかった。同日、北海道岩幌町の質店強盗が押し入って大金を強奪したうえ、一家を惨殺し、証拠隠滅のため火を放つ。火は市街に延焼し、結果的に街の大半を焼き尽くす大火となった(このあたりは洞爺丸事故や北海道の岩内大火を題材にして着想されている)。

函館署の弓坂刑事は、身元不明の2遺体が質店襲撃犯3人の内の2人であり、強奪した金をめぐる仲間割れで殺されたと推測する。同じ頃、青森県大湊(現:むつ市)の娼婦・杉戸八重は、一夜を共にした犬飼と名乗る見知らぬ客から、思いがけない大金を渡される。悲惨な境涯から抜け出したいと願っていながらも、現実に押しつぶされかけていた八重に、その大金は希望を与えてくれるものだった。その後、犬飼を追跡する弓坂刑事が大湊に現れて八重を尋問するが、八重は犬飼をかばって何も話さなかった。八重は借金を清算して足を洗い東京に出るが、犬飼の恩を忘れることはなく、金を包んであった新聞と、犬飼が使った安全カミソリ(映画版では犬飼の爪)を肌身はなさず持っていた。

10年後、八重はふと目にした新聞の紙面に驚愕する。舞鶴で食品会社を経営する事業家・樽見京一郎なる人物が、刑余者の更生事業資金に3000万円を寄贈したという。記事に添えられた樽見の写真には、行方が知れないままになっていた恩人・犬飼の面影があった。八重は舞鶴に赴くが、樽見と会った翌朝、彼女は海岸に浮かぶ死体となって発見された。当初は自殺と思われたが、東舞鶴署の捜査官・味村刑事は八重の懐中から樽見に関する新聞の切り抜きを発見し、彼女の死は偽装殺人であると看破する。

彼の執拗な捜査によって、10年前の台風の夜に津軽海峡の海上で起きた殺人事件の姿が徐々に浮かび上がり、捜査員らは、貧困の中で懸命に生きた者たちの想いや、その人生の悲劇を知ることになる。

映像化・舞台化[編集]

1965年(映画)[編集]

飢餓海峡
監督 内田吐夢
脚本 鈴木尚之
原作 水上勉
製作 大川博
出演者 三國連太郎
左幸子
高倉健
伴淳三郎
音楽 冨田勲
撮影 仲沢半次郎
編集 長沢嘉樹
製作会社 東映東京
配給 東映
公開 日本の旗 1965年1月15日
上映時間 183分(完全版)
167分(カット版)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

製作経緯[編集]

クレジットにはないが、当時東映東京撮影所(以下、東撮)所長だった岡田茂(のち、同社社長)の企画[1][2][3][4][5][6]東映京都撮影所(以下、京撮)で時代劇『大菩薩峠』や『宮本武蔵』のシリーズ作品を撮り続けていた内田に「東撮で現代劇を撮ってもらいたい」と切望したのが映画「飢餓海峡」の企画の発端であった[1][2][4][5][6]。当時東映は時代劇は京撮で、現代劇は東撮で撮影されていた。1961年9月、東撮所長に就任した岡田は当たる映画が一本もなかった同撮影所を“現代アクション路線”で復活させ[7]、さらに『人生劇場 飛車角』『五番町夕霧楼』『王将』とヒット作を連打し、意気軒昂の岡田が東京オリンピックの行われる1964年に向けて、目玉作品として腐心の末決定したのが水上勉原作で当時単行本として出版されたばかりの『飢餓海峡』の映画化であった[2][8]。企画推進に異常な熱意を燃やす岡田は内田を説得し、脚本に鈴木尚之を起用したが[1][4]、大川社長から労組対策で再度京撮所長に戻れと命じられ、脚本の完成を見ずに、後事を辻野力弥に託し1964年2月京撮に転任した[2]。このため岡田の名前はクレジットされていない[1]

東映社長・大川博(当時)はプログラムピクチャー二本立ての低予算主義[注 1]をとっており、本作品は「金がかかりすぎる」という理由で一度東映に断られている。しかし内田の息子と阿部征司が、実際よりも安く済むように見せかけた予算票を提示して制作にこぎつけた[9]

脚本、撮影ともに難航、岡田の後、東撮所長として赴任した辻野力弥は、北海道東北地方での長期に渡る地方ロケ、および「W106方式」(後述)による撮影の障害などを考慮した莫大な予算の編成、獲得に活躍したが半年後の1964年8月本社に転勤した[2]。辻野の後は今田智憲が東撮所長に赴任と、期間中所長が三人も変わるという不安定さで、撮影所内が混乱し東撮も労使闘争を生んだ[1]。今田は当時40歳[10]、岡田と並び将来の東映を担うと当時評価されており[10]、大川社長は、岡田と今田を東西の両撮影所所長に据えて、東映の新たな時代を築こうとしていた[10]

脚本

脚本の鈴木尚之は、1963年に全て岡田からの指示で『人生劇場 飛車角』(別人名義)『人生劇場 続飛車角』(相井抗名義)『武士道残酷物語』『宮本武蔵 二刀流開眼』『五番町夕霧楼』『おかしな奴』と6本の脚本を担当[1][3][11]。以降、岡田のプロデュース作品に起用され、脚本は全て岡田と話し合いを重ねて完成させた[11]。これらのハードな仕事をこなした信頼から岡田に本作の脚本に抜擢され、代表作とした[1][3][12]。鈴木はこの後、巨匠たちから脚本指名を受けるようになり、"巨匠キラー"と呼ばれるようになった[11][13]。"巨匠キラー鈴木尚之"を作り出したのは岡田だった[11]

キャスティング

ヒロイン・杉戸八重役には岡田が佐久間良子を推し、内田も了解したが[14]、岡田が京撮に戻ると内田が左幸子に変更した[5][14]。岡田は三國連太郎を嫌っていたため[15]、三國の主役なら撮らせたくないと内田に伝えたが、内田が「これは三國以外にやれる人間はいないから、三國でなければ俺が降りる」と押し切った[16]。また、高倉健の起用も内田の意向という[5]

撮影

ロケは東京下北半島北海道舞鶴の各地で行われた。映画の撮影にあたり内田は、現代の日本人全体がおかれている"飢餓"の状況を描くためには、従来の方法でダメだと思い、流麗な画面ではなく、苦渋に充ちた画面を求め、16ミリで撮影されたモノクロフィルム35ミリブロー・アップさせた「W106方式」[注 2]を開発した[17]。この方式によりザラザラとした質感や[17]、現像処理で動く銅版画のような画調をもたらす「ソラリゼーション」など、当時の小型映画によく見られた実験的手法を積極的に導入して、映像はそれまでの日本映画のウェット感とは一線を画した渇いた硬質の印象をもたらした[1][6][17]。夏秋冬と3シーズンをかけ撮影が終了したのが1964年12月初旬。当初、映画の公開は11月を予定していたが、封切は1965年1月に変更となった[1]

逸話

東京から遠いロケ地へ芸能記者が内田にコメントを取りに行き、内田に「この映画のテーマは何でしょう?」と質問したら、内田が天を指差し一言、「空だ」といった[19]

カット事件

完成時の本作は192分1秒に及び[1]、あまりにも長いため、所長の今田はフィルムカットを決定した[1][20]。しかし内田は聞き入れず、助監督だった太田浩児が今田の意向に沿ってカットを行った[1][9][20]。内田は「短縮版を封切るなら『監督・内田吐夢』の文字を外せ」と強く反発[1]、「カット事件」として大騒ぎになった[1]。内田と今田は親子ほど年が離れており、また今田は長く営業畑にいて映画制作の現場は初めてということもあって話がこじれた[20]スポーツ紙は競って連日、大見出しで事件を報道し映画界も騒然となった[2]。京撮に戻っていた岡田が内田と電話で話し[1]、「大川社長と二人で話してくれ」と段取りをつけ、大川と内田の二者面談での歩みよりにより183分の修復版を作ることが決定した[1]。この二人の歩みよりは、折衷案だという[20]。岡田は著書で「直営館では183分の修復版、その他の契約館では167分の短縮版を上映するという条件を内田に私が飲ませた」と書いている[5]。フィルムをカットした太田浩児は著書で「所詮偉い人には頭を下げる内田に怒りを感じた」と述べている[20]

封切り

初公開版は167分に短縮され、完全版(修復版)を上映したのはごく一部のわずか4館のみだった[21]。その後、このことが原因となって内田監督は東映を退社した。なお、大川博の没後には完全版が再公開され[9]、現在ソフト化されているのも完全版の方である[22]。完成時のオリジナル版は2018年11月時点で見つかっていない。

後日談

本作は興行的にも大ヒットし、作品的にも高い評価を受けた[2]。しかしこの「カット事件」と莫大な予算超過の問題で、岡田以下幹部が大川社長から始末書の提出、減給処分を受けた[2]。各人が書いた始末書の全文は一字の違いもなく、撮影所の掲示板に張り出され、見学者が後を絶たない程の酷い辱めを受けた[2]

スタッフ
出演

ほか

受賞[編集]

1968年(テレビドラマ)[編集]

NHK総合の「水曜劇場」(水曜20:00 - 21:00)

  • 放送日:1968年8月21日~1968年9月18日(全5話)
スタッフ
出演

1972年(舞台)[編集]

1972年、文学座により公演。

スタッフ
出演

1978年(テレビドラマ)[編集]

フジテレビ系列の「ゴールデンドラマシリーズ」(土曜22:00 - 22:54)枠で放送。

  • 放送日:1978年9月2日~1978年10月21日(全8話)
スタッフ
出演


ほか

1988年(テレビドラマ)[編集]

飢餓海峡(1988年版)
ジャンル テレビドラマ
原作 水上勉
脚本 安倍徹郎
監督 富永卓二
出演者 仲代達矢
製作
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1988年10月7日
放送時間 金曜21:18 - 23:40
放送枠 男と女のミステリー
放送分 148分
回数 1

特記事項:
当初は21:03 - 23:22枠の予定であったが、『中日×ヤクルト』(東海テレビ制作)が急遽編成されたため繰り下げ。
テンプレートを表示

フジテレビ系「男と女のミステリー」枠にて放映された。第15回放送文化基金賞を受賞。

  • 放送日:1988年10月7日
当初は21:03 - 23:22枠で放送する予定だった。だが中日ドラゴンズセ・リーグ優勝がかかった「中日×ヤクルト」(ナゴヤ球場東海テレビ制作、実況:吉村功アナ[当時]、解説:谷沢健一藤波行雄、フジテレビスタジオ:野崎昌一アナ)の試合中継が飛び込み[23]、中日勝利→優勝シーンを見せたため、21:18 - 23:40枠に繰り下げて放送した。
スタッフ
出演

ほか

1990年(舞台)[編集]

1990年、地人会により公演。

出演

2006年(舞台)[編集]

2006年、地人会により公演。

スタッフ
  • 演出:木村光一
出演


フジテレビ ゴールデンドラマシリーズ
前番組 番組名 次番組
飢餓海峡(1978年版)
フジテレビ系 男と女のミステリー
飢餓海峡(1988年版)
(1988.10.7)
女くねり坂
(1988.10.14)

歌曲[編集]

  • 石川さゆり 「飢餓海峡」(作詞:吉岡治 作曲:弦哲也
    • 1994年発売。歌詞は映画版に準拠したものとなっている。原作にはない爪の件からインスピレーションを受けた作詞のため。

その他[編集]

  • 青函連絡船の職員でもあった文筆家の坂本幸四郎は、自らの著書[24]で、津軽海峡の直線距離や複雑な潮流、天候による海面状況などを考慮した場合、この小説のトリックは現実的にはほぼ不可能であると記している。
  • 小説中の「岩幌町」のモデルになり映画のロケ地にもなった岩内町にある岩内町郷土館では、「飢餓海峡と岩内」という常設展示コーナーを設けており[25]、ロケ風景を写した写真[26]をはじめとする資料などを見ることが出来る。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この当時はどこの映画会社も二本立てで製作費を抑えていたが、東映は徹底していた。1週2本の映画を上映して、年間52週で104本製作し上映する量産体制であった。
  2. ^ 106は自身の名前にひっかけたもの[2][17]。軽くて機動力はいいが[18]、16ミリのネガから劇場公開用の35ミリにネガを焼くため、フィルム代は高くつく[17]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 日本シナリオ作家協会 鈴木尚之 人とシナリオ出版委員会『鈴木尚之 人とシナリオ』日本シナリオ作家協会、1998年、24-26頁。ISBN 4-915048-08-X鈴木尚之『私説内田吐夢伝』岩波書店、320-366頁。ISBN 978-4000001779
  2. ^ a b c d e f g h i j 東映『クロニクル東映:1947-1991』1、東映、1992年、200-201頁。
  3. ^ a b c 「追悼鈴木尚之 『シナリオは、いのち。鈴木尚之の軌跡』 文・藤田芳康」『「映画芸術」2006年春号 No415 編集プロダクション映芸 p.104』。
  4. ^ a b c 関根忠郎「第七章 巨匠・内田吐夢と『飢餓海峡』」『関根忠郎の映画惹句術』徳間書店、2012年、116-120頁。ISBN 978-4-19-863465-0
  5. ^ a b c d e 岡田茂『悔いなきわが映画人生:東映と、共に歩んだ50年』財界研究所、2001年、144-145頁。ISBN 4-87932-016-1
  6. ^ a b c 「第二回 新午前10時の映画祭」プログラム 66-67頁参照。
  7. ^ 金田信一郎「岡田茂・東映相談役インタビュー」『テレビはなぜ、つまらなくなったのか スターで綴るメディア興亡史』日経BP社、2006年、211-215頁。ISBN 4-8222-0158-9“NBonlineプレミアム : 【岡田茂・東映相談役】テレビとヤクザ、2つの映画で復活した”. 日経ビジネス. (2006年2月6日). オリジナルの2006年7月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060724085318/http://business.nikkeibp.co.jp/free/tvwars/interview/20060203005275_print.shtml 2018年12月23日閲覧。 私の新人時代 -吉田達 日本映画テレビプロデューサー協会歴史|東映株式会社〔任侠・実録〕(Internet Archive)楊紅雲 (2004年). “任侠映画路線における東映の成功 ―テレビに対抗した映画製作(1963-1972年)を中心に― (PDF)”. 多元文化 第4号. 名古屋大学. pp. 191-201. 2018年4月16日閲覧。
  8. ^ 太田浩児『夢を吐く―人間内田吐夢―社会思想社、1985年、30-31頁。ISBN 4-390-60281-0
  9. ^ a b c 切通理作「仮面の世界 プロデューサー編 第2回ゲスト・阿部征司」『東映ヒーローMAX』第20巻、2007年3月号、 85頁。
  10. ^ a b c 太田浩児『夢を吐く―人間内田吐夢―社会思想社、1985年、178-179頁。ISBN 4-390-60281-0
  11. ^ a b c d 押川義行「《特集》現代の主題・映画作家の内奥にあるもの レポート 文字と映像の間 インタビュー・松山善三山田信夫蔵原惟繕・鈴木尚之」『シナリオ』1967年1月号、日本シナリオ作家協会、 36 - 37頁。
  12. ^ 飢餓海峡|一般社団法人日本映画製作者連盟
  13. ^ 深作欣二「(口絵の作家人物スケッチ〕 鈴木尚之に関する四章」『シナリオ』1965年5月号、日本シナリオ作家協会、 23頁。
  14. ^ a b 岡田茂『波瀾万丈の映画人生:岡田茂自伝』角川書店、2004年、129-130頁。ISBN 4-04-883871-7
  15. ^ 日下部五朗『健さんと文太 映画プロデューサーの仕事論』光文社、2015年、65、183頁。ISBN 978-4-334-03897-7
  16. ^ 映画秘宝』2008年8月号70p-71pの『三國連太郎インタビュー』の三國の発言。
  17. ^ a b c d e “時の人 映画撮影にW106方式を開発した内田吐夢”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 2. (1965年1月1日) 
  18. ^ 東映『クロニクル東映:1947-1991』2、東映、1992年、43頁。
  19. ^ 上村一夫「映画玉手箱」『「映画情報」1984年2月号 国際情報社 p.24』。
  20. ^ a b c d e 太田浩児『夢を吐く―人間内田吐夢―社会思想社、1985年、191-225頁。ISBN 4-390-60281-0
  21. ^ 1965年の映画『飢餓海峡』のスタッフ・キャスト一覧(jmdb)※初公開時の完全版、およびカット版の上映状況についても記されている。
  22. ^ 1965年の映画『飢餓海峡』のスタッフ・キャスト一覧(jmdb)。初公開時の完全版、およびカット版の上映状況についても記されている。
  23. ^ キー局の東海テレビではすでに19:00から放送されていたが、フジテレビ側では19:02から『ムツゴロウとゆかいな仲間たち』(19:00 - 19:02は予告番組)を放送していたためネットしなかった。
  24. ^ 坂本幸四郎「わが青春の青函連絡船」、光人社、1989年6月、81-92頁。
  25. ^ 岩内町郷土館・公式ホームページ 郷土館の展示物の紹介 2019年3月29日閲覧
  26. ^ 岩内町郷土館・公式ホームページ 企画展のご案内「飢餓海峡はこうして生まれた」2019年3月29日閲覧

外部リンク[編集]