気まぐれ本格派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

気まぐれ本格派(きまぐれほんかくは)は、1977年10月26日から1978年9月20日まで、日本テレビ系列で放送されたホームドラマである。石立鉄男ユニオン映画シリーズの第7作であり、最終作品となった。全38話。

概要[編集]

主人公・清水一寛は船の乗組員であったが、兄が亡くなったことにより、神楽坂にある実家の貸衣装店の経営に転身する。兄の未亡人・清水袖子や、お天気お姉さんの鷲崎涼子は、一寛と恋模様も見せる。

前作『気まぐれ天使』に続き、オープニングアニメーションの演出は芝山努が手掛けている[1]

キャスト[編集]

  • 清水一寛(いっかん):石立鉄男
    主人公。清水家の次男。三等航海士の資格を持っている。船乗りを志して家業を捨てて家を出て行ったため、周囲の目は冷たい。しかし利昌の事故死をきっかけに、家業を継ぐことを決める。その後は、法被に腹巻を常にユニフォームとして着用している。情に厚いお人好しだが、血の気が多くケンカっ早い。また、おせっかいや早とちりでもある。貸衣装店を手伝いながらも、海への情熱を捨てきれないでいる。
  • 清水袖子:三ツ矢歌子
    利昌の妻。おっとりしているように見えるが、芯はしっかりしている。子を身ごもっているときに利昌と出会った過去を持つ。利昌の死で、母から実家のある北海道へ戻ってくるよう求められたが、利昌への恩から清水貸衣装店の仕事を女主人として引き継ぐ決意をする。初期の頃は、よくとぼけた言葉の言い間違いをしていた。心配をしつつも、店を手伝ってくれる一寛を温かく見守り信頼している。
  • 清水利昌:山本学
    清水家の長男。「清水貸衣装店」の店主。家業に関心の薄い弟二人に見切りをつけ、一人で店を切り回している。子供を身ごもりながら不幸な境遇にあった袖子を妻とした。一寛が断ったため、上京して来た楓を車で空港まで迎えに行く途中で交通事故を起こし、事故の怪我が原因で亡くなる。
  • 清水小太郎:秋野太作
    清水家の三男。タレント養成所を経営していたが、いい加減な性格から破綻、借金に負われ無職になっていたが、一寛のアイディアにより「ファッションピット」を任される。甲斐性なさを棚に上げて、自分が思いを寄せる楓や家業などのことで一寛を罵ったりするが、根はしっかりと兄弟愛で結ばれている。
  • 清水霧子:友里千賀子
    清水家の長女。高校三年生。一寛や小太郎よりもしっかり者。大学受験に失敗するが、九州で牧場を営む伯父と、伯父が育てた競走馬の絆の深さに心を打たれ、伯父の手伝いをするため新幹線で旅立って行った。
  • 清水新太:吉田友紀
    袖子・利昌夫妻の長男。小学4年生で野球少年。血縁関係のある本当の父親は利昌ではなく第33話で登場する今井という人物。当初は、利昌が死亡する原因の一端を作ってしまった一寛を責めていたが、一寛が船乗りの仕事を捨てて家に戻り、家族を思いやり、慣れない貸衣装の仕事に精を出す姿を見て次第に一寛を慕うようになっていく。
  • 八木沢楓:山口いづみ
    袖子の妹。勝気な性格で、占いに造詣が深い。北海道から上京してきた際に一寛と口論になって以来、一寛とは犬猿の仲になる。一寛が袖子に恋心を持っていると猜疑心を持ち、一寛を監視するつもりで清水家に住みこんだ。次第に一寛の家族を思う深い心に気づき、一寛に恋心を抱くようになる。
  • 若杉貞仁:花沢徳衛
    近所の神社の神官。清水貸衣装店のお得意様だが、利用者は多くない。一寛たちの父親の同級生。道夫の出来の悪さを嘆いてはいるが、人から「馬鹿息子」と言われることを嫌う。
  • 若杉道夫 :森川正太
    貞仁の息子。一寛たちの幼馴染。早くに母親を亡くしたせいもあって、貞仁から甘やかされて育った。大学を何度も留年しており、家業も手伝わず、神社の息子のくせに祝詞すら読むことが出来ない。その頭の悪さは小太郎以上で、自分のことを棚に上げ、一寛をことあるごとにバカ呼ばわりし、悪質なデマを撒き散らしたり、おまけに自分の不出来さを自覚しないなど非常にタチが悪い。楓に惚れているが、相手にされていない。
  • 山本元:中条静夫
    清水家の近所で「山本動物病院」を営む獣医師。貞仁とは碁友達で、「元(はじめ)ちゃん」と呼ばれている。他の人々からは、「犬猫の先生」「ワンワンの先生」「先生」などと呼ばれている。一寛たちの良き相談相手でとりなし役。密かに袖子を想っている。
  • 山本鳩子:一ノ瀬康子
    元の娘。霧子の幼馴染で大親友。霧子が大学に落ちた際には一緒に浪人になろうと言い出したほどである。亡くなった母親に代わり、家事や元の手伝いを一手に引き受けている。大学進学後は髪を短く切り、テニスサークル励んでいる。あだ名はポッポ。
  • 鷲崎涼子:水沢アキ
    近所の待合の娘。天気予報担当のテレビアナウンサーだが、予報はまるで当たらない。ペットのプードルを山本動物病院で診てもらっている。猫が顔を洗うと雨が降るように、犬も何か天気予報が出来るのではないかと研究しており、プードルの散歩のときにはストップウォッチを使って歩く速度を計っている。一寛に恋心を抱いている。
  • 安吉:田崎潤
    一寛の船員仲間。
  • 粟津號 クリーニング店の従業員で自転車で神楽坂を回り営業している。清水貸衣装店に度々立ち寄っている。
  • 折笠しおり
  • 袖子と楓の母親:南美江
  • ドベン:マッハ文朱
    中盤より登場する、女子高生三人組のひとり。「ドベン」とはアドベンチャーの略。一番背が高いリーダー格であったが途中より登場しなくなり、二人組になった。
  • ズッコ:木ノ葉のこ
    ドベンの妹分。語尾に「なのら」を付ける幼児語のような話し方をする。
  • カッパ:小池真智子
    ドベンの妹分。髪がとても短く、一人称を「俺」と呼ぶなど男っぽいが、とぼけた話し方をする。
  • 今福正雄
    新太の小学校の校長をしている。教師歴は長く、一寛が同じ小学校の学生であったときから同校で教えていたという設定。田村という名前から、タムチンキというニックネームで一寛に馴れ馴れしく呼ばれている。

ゲスト出演者[編集]

第1話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話
第14話
第15話
第16話
第18話
第19話
第20話
第21話
第23話
第24話
第25話
第26話
第27話
第28話
第30話
第32話
第33話
第35話
第36話
第38話
  • 岸部シロー

主題歌[編集]

  • 「夕凪のふたり」 作詞:久保田広子/作・編曲:大野雄二/歌:ダ・カーポ

スタッフ[編集]

  • 企画:吉川斌(日本テレビ)  
  • 脚本:松木ひろし立町陽太松原敏春庭久雄高階秋成桃井章小山幹夫田上雄
  • 音楽:大野雄二
  • 撮影:東原三郎
  • 照明:三萩国明
  • 美術:坂口武玄
  • 録音:片桐登司美
  • 編集:西村豊治
  • 助監督:大上典保(ユニオン映画)
  • 色彩計測:須藤昭栄
  • 記録:桑原みどり
  • メーク:野儀多恵子
  • 選曲:鈴木清司
  • 制作担当:小池仁
  • 現像所:東洋現像所(現.IMAGICA)※フィルムクレジット上は「東洋現像」とクレジット
  • 衣装:東京衣装
  • 装飾:高津装飾
  • 撮影所:日活撮影所
  • 企画協力:S・H・P(青年座放送プロジェクト)
  • 衣装協力:吉忠モード、東寸いわ屋
  • オープニングアニメーション:シンエイ動画(芝山努)
  • プロデューサー:長富忠裕(日本テレビ)、松岡明、荒木功(ユニオン映画)
  • 監督(演出):手銭弘喜、小山幹夫、斎藤光正鶴島光重田中知己田中重雄平山晃生
  • 制作:ユニオン映画

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 1977年
10月26日
カッパの里帰り 松木ひろし 手銭弘喜
2 11月2日 兄貴の掌は熱かった
3 11月9日 俺は勇者ではない 小山幹夫
4 11月16日 ワン・ダフル花嫁さん
5 11月23日 北の白鳥・南の鵞鳥 鶴島光重
6 11月30日 弱虫は歌いたがる 田中知己
7 12月7日 花嫁のたたりジャー 立町陽太 手銭弘喜
8 12月14日 男と男の約束は? 鶴島光重 小山幹夫
9 12月21日 ダサイ男の噺 松木ひろし
10 12月28日 妹十八いまごろハシカ 桃井章
11 1978年
1月4日
三馬鹿三番叟 鶴島光重 田中知己
12 1月11日 くたばれ兄弟愛 松木ひろし 田中重雄
13 1月18日 一寛の恋も一巻の終り 鶴島光重 手銭弘喜
14 1月25日 しゃあんめェ、霧子 松木ひろし
15 2月1日 男だったらやってみろ 鶴島光重 小山幹夫
16 2月8日 クイーンのトランプ 松木ひろし 手銭弘喜
17 2月15日 女王陛下の船は出た!! 高階秋成 田中重雄
18 2月22日 砂漠の墓に踊らされ 立町陽太、小山幹夫 小山幹夫
19 3月1日 江戸ッ子スター大興奮 松原敏春 手銭弘喜
20 3月8日 大特訓は死の匂い!! 高階秋成 小山幹夫
21 3月15日 自分の植木鉢に種をまけ 松木ひろし 田中重雄
22 3月22日 誰かと誰かがアイスクリーム 手銭弘喜
23 3月29日 ママゴンのヘンシーン 鶴島光重 小山幹夫
24 4月5日 マトモなのは俺ひとり 松木ひろし 手銭弘喜
25 4月19日 0点! 0点! 大トチリ!! 高階秋成 小山幹夫
26 5月3日 結婚写真を撮らないで!! 立町陽太 田中重雄
27 5月10日 恋という奴ァままならぬ 松原敏春 小山幹夫
28 5月24日 居候、三杯目には? 鶴島光重 平山晃生
29 6月7日 神社の恋の物語 庭久雄 手銭弘喜
30 6月21日 兄貴がポックリ、死ンデレラ?! 高階秋成 小山幹夫
31 7月12日 カッパは海に戻れるか 鶴島光重 平山晃生
32 7月26日 20億円は夢じゃー! 田上雄 小山幹夫
33 8月2日 偉いぞ新太、泣けるぜ! 松原敏春 田中重雄
34 8月9日 函館! 女難水難雨アラレ?! 高階秋成 手銭弘喜
35 8月23日 あの一寛が見合病?! 松原敏春 田中重雄
36 9月6日 やるぞっ! 涙、涙のご対面?! 高階秋成 田中重雄
37 9月13日 兄貴風が吹き荒れる 松木ひろし 小山幹夫
38 9月20日 さよならカッパ!! 松木ひろし 小山幹夫

脚注[編集]

  1. ^ 出典:『コメディードラマソングブック』(VAP
日本テレビ 水曜20時台
(1977年10月26日 - 1978年9月20日)
前番組 番組名 次番組
気まぐれ本格派