松本俊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松本 俊夫(まつもと としお、1932年3月25日 - )は、日本映画監督、映像作家、映画理論家愛知県名古屋市出身。元・日本映像学会会長。

略歴[編集]

主な作品[編集]

短編映画[編集]

  • 銀輪(1955年)12分
  • 潜凾(1956年)20分
  • 春を呼ぶ子ら(1959年)21分
  • 300トン・トレーラー(1959年)26分
  • 安保条約(1959年)18分
  • 白い長い線の記録(1960年)12分
  • 西陣(1961年)26分
  • 母たち(1967年)37分

演劇[編集]

  • 嘘もほんとも裏から見れば(1964年)劇団青俳

ラジオドラマ[編集]

  • 黒い長い影の記録(1962年)TBSラジオ

テレビドラマ[編集]

  • 傷だらけの夜(1962年)TBS

テレビ番組[編集]

  • 石の詩(1963年)TBS

劇映画[編集]

実験映画[編集]

  • つぶれかかった右眼のために(1968年)
  • マグネチック・スクランブル(1968年)
  • イコンのためのプロジェクション(1969年)
  • エクスタシス(1969年)
  • メタスタシス 新陳代謝(1971年)
  • アートマン(1975年)
  • 気 Breathing(1980年)

著作[編集]

脚注[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]