東京大学大学院人文社会系研究科・文学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京大学文学部から転送)
移動先: 案内検索

東京大学大学院人文社会系研究科(とうきょうだいがくだいがくいんじんぶんしゃかいけいけんきゅうか、英称:Graduate School of Humanities and Sociology)は、東京大学に設置される大学院研究科の一つである。また、東京大学文学部(とうきょうだいがくぶんがくぶ、英称:Faculty of Letters)は、東京大学に設置される学部の一つである。

文学部[編集]

文学部は、1877年(明治10年)に東京大学((旧)東京大学)設立時に、東京開成学校からの改組により設置された学部の一つであり、当初は史学哲学及政治学科と和漢文学科の2学科で構成されていた。1881年には、第一 哲学科、第二 政治学及理財学科、第三 和漢文学科の3学科となり、1886年には、政治学及理財学科が法政学部へ移動して、第一 哲学科、第二 和文学科、第三 漢文学科の3学科となった。その後、学科の増設が行われていったが、1963年に第一類(文化学)、第二類(史学)、第三類(語学文学)、第四類(行動学)の4類にまとめられた(それまでの学科は専修課程となり各類に属する形になった)。その後も専修課程の増設は行われ、1995年に類が学科へ改称され、現在に至っている。

各専修課程は「○○研究室」と呼ばれることが多い。なお、現代文芸論専修課程は、2007年4月に西洋近代語近代文学専修課程を改組して設置された専修課程であり、一国一言語の枠を超えて近現代文学全般を研究対象とする点が特徴である。

  • 思想文化学科
    • 哲学専修課程
    • 中国思想文化学専修課程
    • インド哲学仏教学専修課程
    • 倫理学専修課程
    • 宗教学・宗教史学専修課程
    • 美学芸術学専修課程
    • イスラム学専修課程
  • 歴史文化学科
    • 日本史学専修課程
    • 東洋史学専修課程
    • 西洋史学専修課程
    • 考古学専修課程
    • 美術史学専修課程
  • 言語文化学科
    • 言語学専修課程
    • 日本語日本文学専修課程
    • 中国語中国文学専修課程
    • インド語インド文学専修課程
    • 英語英米文学専修課程
    • ドイツ語ドイツ文学専修課程
    • フランス語フランス文学専修課程
    • スラヴ語スラヴ文学専修課程
    • 南欧語南欧文学専修課程
    • 現代文芸論専修課程
    • 西洋古典学専修課程
  • 行動文化学科
    • 心理学専修課程
    • 社会心理学専修課程
    • 社会学専修課程

人文社会系研究科[編集]

1995年に従来の人文科学研究科と社会学研究科が統合・再編されて、基礎文化研究専攻、日本文化研究専攻、アジア文化研究専攻、欧米系文化研究専攻、社会文化研究専攻の5専攻からなる人文社会系研究科が設置された(人文科学研究科を人文社会系研究科に改称、社会学研究科は廃止)。2000年に文化資源学専攻が、2002年に韓国朝鮮文化研究専攻が設置された。

  • 基礎文化研究専攻
    • 言語基礎応用コース
    • 形象文化コース
    • 思想文化コース
    • 心理学コース
  • 日本文化研究専攻
    • 日本語日本文学コース
    • 日本史学コース
  • アジア文化研究専攻
    • 東アジアコース
    • 南アジア・東南アジア・仏教コース
    • 西アジア・イスラム学コース
  • 欧米系文化研究専攻
    • 古典古代言語文化コース
    • ロマンス語圏言語文化コース
    • 広域英語圏言語文化コース
    • ゲルマン語圏言語文化コース
    • スラヴ語圏言語文化コース
    • 現代文芸論コース
    • 欧米歴史地理文化コース
  • 社会文化研究専攻
    • 社会学コース
    • 社会心理学コース
  • 文化資源学専攻
    • 文化経営学コース
    • 形態資料学コース
    • 文字資料学コース
  • 韓国朝鮮文化研究専攻
    • 韓国朝鮮歴史社会コース
    • 韓国朝鮮言語思想コース
    • 北東アジア文化交流コース

附属施設[編集]

人文社会系研究科附属
  • 次世代人文学開発センター
  • 北海文化研究常呂実習施設
  • 死生学・応用倫理センター
  • 文学部図書室

外部リンク[編集]