西本晃二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西本 晃二 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ニシモト コウジ
ラテン文字 NISHIMOTO Koji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1934-01-06) 1934年1月6日(83歳)
出身地 奈良県
選手情報
ポジション FW[1]
ユース
チーム
1952-1955 東京大学
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

西本 晃二(にしもと こうじ、1934年1月6日 - )は、日本のイタリア文学者・フランス文学者、元サッカー選手・指導者。東京大学文学部名誉教授。

来歴[編集]

奈良県出身。1952年に東京大学へ入学してア式蹴球部に所属。1953年1月に開催された第1回全国大学サッカー大会の優勝メンバーとなった[1]。また、サッカー関係では東大ア式蹴球部の部長(1982年-1990年)、東京都武蔵野市で活動しているむさしのFCの代表を歴任した。

1956年、東大文学部仏文科を卒業、63年同大学院博士課程中退。1961年カナダのラヴァル大学英語版哲学博士。1965年から1967年までパリ大学留学。67年東大教養学部フランス語専任講師、71年文学部仏文科助教授、79年イタリア文学科創設に伴い異動、81年教授。93年文学部長。この間、カナダ、イタリア、フランスに留学、カナダのヴィクトリア大学ナポリ東洋大学客員教授。94年定年退官、駐イタリア公使となり、ローマ日本文化会館館長も務めた。97年退官し、98年政策研究大学院大学教授、99年副学長。カナダ滞在中に各地を旅行した体験から旅行ガイドも執筆する。2003年「落語『死神』考」で東大文学博士

著書[編集]

  • 新講現代のイタリヤ語 三省堂 1977
  • 新講現代のフランス語 三省堂 1982
  • イタリヤところどころ 光の国の美術・歴史散歩 実業之日本社 1986
  • すぐに役立つはじめてのイタリア語 日本放送出版協会 1992 (NHK CDブック)
  • 落語『死神』の世界 青蛙房 2002
  • モーツァルトはオペラ 歌芝居としての魅力をさぐる 音楽之友社 2006
  • ルネッサンス史 東京大学出版会 2015

翻訳[編集]

  • ベートーヴェン アンドレ・ブークーレシュリエフ 白水社 1968、新装版1985
  • 従妹ベット バルザック 中央公論社(新集世界の文学) 1968
  • 大陸横断鉄道 モリス作・画 双葉社 1974、児童書
  • アステリックスの冒険 作ルネ・ゴッシニイ、画アルベール・ユデルゾ 監修 渡辺一夫;翻訳 松原秀一新倉俊一西本晃二 双葉社、1974
  • ジャン・ルノワール自伝 みすず書房 1977、新装版1994、2001
  • メジチ家の世紀 クリスチャン・ベック 白水社・文庫クセジュ 1980
  • マラヴォリヤ家の人びと ジョヴァンニ・ヴェルガ みすず書房 1990
  • ヴィーコ自叙伝 みすず書房 1991
  • 南欧怪談三題 ランペドゥーザ/アナトール・フランス/メリメ 編訳 未來社 2011
  • 忘れ去られた王国-落日の麗江雲南滞在記 ピーター・グゥラート スタイルノート 2014

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b KICK OFF in菅平 (PDF) 」日本ジュニアサッカーリーグ実行委員会、2011年6月9日、2014年9月27日閲覧