麻生磯次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

麻生 磯次(あそう いそじ、1896年(明治29年)7月21日[1] - 1979年(昭和54年)9月9日)は、日本国文学者学位は、文学博士東京帝国大学論文博士・1944年)(学位論文「近世文学の支那的原拠と読本の研究」)。東京大学名誉教授。日本学士院会員文化功労者正三位勲一等瑞宝章没後追贈。1971年講書始で御進講。

人物[編集]

千葉県武射郡睦岡村(現在の千葉県山武市)出身[1]。1917年第一高等学校英法科卒業[1]、1920年東京帝国大学文学部卒業[1]。同年、朝鮮総督府編集書記[1]。1923年東京帝国大学大学院入学[1]、愛知県第一高等女学校高等科教授[1]第六高等学校教授[1]を経て、1925年京城帝国大学教授[1]。1942年第一高等学校教授[1]。1944年文学博士の学位を東京帝国大学より取得[1]学位論文は「近世文学の支那的原拠と読本の研究」。1948年第一高等学校長[1]。1949年東京大学教養学部教授[1]。東京大学では、大学評議員、教養学部長、文学部長を務めた[1]。1957年学習院大学教授[1]。学習院大学では、大学長、理事、第19代学習院院長を務めた[1]。1960年定年退官、東京大学名誉教授

1966年日本学士院会員[1]1970年文化功労者[1]、1971年講書始で御進講[1]1974年(昭和49年)出身地の千葉県山武町の名誉町民第一号[2]

1979年(昭和54年)9月9日老衰のため千葉県市川市の自宅にて死去[3]。83歳没。死後、正三位勲一等瑞宝章が追贈された[1]

1989年(平成元年)、生前に市川市文化財審議会の初代委員長を勤めたことから、千葉県市川市名誉市民に選ばれる[2][4]

主著[編集]

  • 『近世生活と国文学』至文堂、1925
  • 『俳趣味の発達』八木書店、1943
  • 『滝沢馬琴』三省堂、1943
  • 『宣長の古道観』至文堂、1944
  • 『註釈源氏物語』至文堂、1944
  • 『江戸文学と支那文学』三省堂出版、1946
  • 『笑の研究-日本文学の洒落性と滑稽の発達』東京堂、1947
  • 『川柳雑俳の研究』東京堂、1948
  • 『日本文学史』至文堂、1949
  • 『ぼくらの日本文学』東京堂、1950
  • 『近世小説』至文堂、1951
  • 『滑稽文学論』東京大学出版会、1954
  • 『江戸小説概論』山田書院、1956
  • 『国文解釈と国文学史』山田書院、1957
  • 『芭蕉・その作品と生涯』山田書院、1957
  • 『教養の国文学史』旺文社、1957
  • 『俳文・俳論』山田書院、1958
  • 『古文解釈の原理と応用』(石沢胖 共著)山田書院、1958
  • 『総合国語辞典』松田武夫市古貞次共編 山田書院、1958
  • 『古典との対話』明治書院、1966
  • 『日本文学史概論』明治書院、1967
  • 『喜寿回顧 教員生活五十年』明治書院、1974
  • 『芭蕉物語』新潮社、1975
  • 『若き芭蕉』新潮社、1976

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 学習院大学国文学研究室「麻生磯次博士年譜・著作目録(麻生磯次博士追悼)」『国語と国文学』第57巻第2号、至文堂、1980年2月、 82-87頁。
  2. ^ a b 初心忘れるべからず - 千葉県立成東高等学校HP”. cms2.chiba-c.ed.jp. 2022年1月11日閲覧。
  3. ^ 訃報欄『朝日新聞』1979年(昭和54年)9月10日朝刊 13版 23面
  4. ^ 市川市名誉市民

関連項目[編集]

外部リンク[編集]