上田萬年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 上田万年
  • 上田萬年
上田 萬年
1937年2月撮影
人物情報
生誕 (1867-02-11) 1867年2月11日慶応3年1月7日
武蔵国江戸大久保百人町(現・東京都新宿区百人町)
死没 (1937-10-26) 1937年10月26日(満70歳没)
東京府東京市小石川区小石川駕籠町(現・東京都文京区本駒込
国籍 日本の旗 日本
出身校 帝国大学文科大学
配偶者 鶴子(村上楯朝長女)
子供 寿(長男)、千代子(長女・宇野俊夫妻)、富美(次女・円地与四松妻)
学問
研究分野 言語学国語学)、文学国文学
研究機関 帝国大学文科大学→東京帝国大学文科大学→東京帝国大学文学部
学位 文学博士(日本・1899年)
称号 東京帝国大学名誉教授(1926年)
主要な作品 『国語のため』(1895・1903年)
『大日本国語辞典』(1915-1919年)
学会 帝国学士院
言語学会
神道学会
日本音声学協会
テンプレートを表示
日本の旗 日本の政治家
上田 萬年

選挙区 帝国学士院会員議員
在任期間 1925年12月22日 - 1932年9月20日
テンプレートを表示

上田 萬年(うえだ かずとし、1867年2月11日慶応3年1月7日) - 1937年昭和12年)10月26日)は、日本国語学者言語学者東京帝国大学国語研究室の初代主任教授、東京帝国大学文科大学長や文学部長を務めた。小説家円地文子の父。教え子に新村出橋本進吉金田一京助亀田次郎らがいる。また、文部省専門学務局長や、1908年に設置された臨時仮名遣調査委員会の委員等を務めた。1908年帝国学士院会員。

生涯・人物[編集]

1867年(慶応3年)、尾張藩士の息子として江戸大久保(現在の東京都新宿区)の尾張藩下屋敷で生まれる。名は「かずとし」と読むのが正式であるが、本人は「まんねん」という読みも採用しておりローマ字の Mannen というサインも残されている。

東京府第一中学変則科(現・都立日比谷)の同期には、澤柳政太郎狩野亨吉岡田良平幸田露伴尾崎紅葉らがいた。またこの頃、教育令改正のため、のちに第一中学から新制 大学予備門へ繰上げ入学した。その後、1888年明治21年)帝国大学和文科(のちの東京帝国大学文科大学)卒業。在学中はバジル・ホール・チェンバレンに師事し博言学(「博言学」はPhilologyの訳で、「言語学の当時の呼び方」とするのは少しずれる)の講義を受けた。卒業後大学院に進み、1890年(明治23年)国費でドイツ留学ライプツィヒベルリンで学び、さらにパリにも立ち寄って1894年(明治27年)に帰国する。留学中、東洋語学者のフォン・デル・ガーベレンツに出会い薫陶をうけた。またユンググラマティケル(青年文法学派)の中心人物、カール・ブルークマンエドゥアルド・ジーフェルス授業を聞いた。サンスクリット語の講義も受けている。

帰国後、東京帝国大学文科大学博語学講座教授に就任、比較言語学音声学などの新しい分野を講じ、当時古文研究にかたよりがちであった日本の国語学界に、近代語の研究、科学的方法という新風をふきこんだ。

1899年(明治32年)文学博士号取得。東京帝国大文学部長等を経て、1919年(大正8年)から1926年(大正15年/昭和元年)まで神宮皇學館(現・皇學館大学)館長兼務、1926年(大正15年/昭和元年)から1932年(昭和7年)まで貴族院帝国学士院会員議員1927年(昭和2年)東京帝国大学(東京大学)を定年退官し、1929年(昭和4年)まで國學院大學学長を務めた。1937年(昭和12年)、直腸癌のため死去[1]

明治期に日本語そのものが大きく動揺していた中で、西洋の言語学を積極的にとりいれ、また日本の国学の伝統を批判的に継承して、標準語仮名遣いの統一化に尽力した功績は大きい。

文部省著作の「尋常小学唱歌」の歌詞校閲担当者の一人であり、今日著名な高野辰之よりも権限が大きい立場での校閲者であった。東京(江戸)生まれでドイツ留学という点で、「尋常小学唱歌」作曲主任であった東京音楽学校島崎赤太郎教授とは標準語のアクセント重視という点で気脈を通じていたと考えられる[誰?]

上田万年が行った言語研究の中での最大の功績は、1901年にドイツで行われた正書法を日本の言語政策に応用しようとした点である。 旧仮名遣いの混乱を質すために、すでに明治維新以来「言文一致」への移行が必要なことは誰の目にも明らかだった。1901年上田万年は、言語学会などを立ち上げながら、明治期にできる最新の方法で「言文一致」の表記を勘案した。長音記号の「−」の採用、また1903年発行『仮名遣教科書』に見える新仮名遣い(これを「発音式」と呼ぶ)などがこれである。 この仮名遣いは、文部省内においても、初等教育での教科書にほとんど採用の予定であったが、岡田良平森鷗外など旧仮名遣いに固執する人々による運動の末、1907年に貴族院が発音式から歴史的仮名遣いに改正すべき建義案を文部大臣に提出、また1908年臨時仮名遣調査委員会第四回委員会での森鷗外による「仮名遣意見」によって完全に消滅する。 上田万年が日本の言語学及び国語学において果たした役割は大きい。それは多くの研究者を幅広い分野において育てたこと、また明治以降の実践的日本語教育を行う際の発音式仮名遣いへの争点を明らかにしたことである。

長田俊樹は、言語学外部からの言語学批判における言語学への理解不足と実証性の欠如を批判するなかで、上田をとりあげている[2]。上田は、「学者的政治家であり、また政治家的学者」(保科孝一)であり、言語学研究には不熱心で、実質上ほとんど貢献はなかったと長田は指摘している。

著書[編集]

上田萬年
単著
  • 『国語論』金港堂 1895年
  • 『作文教授法』富山房 1895年
  • 『新国字論』1895年
  • 『日本語学の本源』1895年
  • 『国語のため』富山房 1897年から1903年間で
  • 『西洋名数 五十音引』富山房 1904年
  • 『男子成功談』金港堂 1905年
  • 『普通教育の危機』富山房 1905年
  • 『国語学叢話』木村定次郎博文館 1908年 学芸叢書
  • 『国語読本別記』訂正版 大日本図書 1909年
  • 『ローマ字びき國語辭典』冨山房 1915年
  • 『英雄史談』広文堂書店 1916年
  • 『国語学の十講』通俗大学会 1916年 通俗大学文庫
  • 新井白石 興国の偉人』広文堂書店 1917年
  • 『言語学』新村出筆録 柴田武校訂 教育出版 1975年 シリーズ名講義ノート
  • 『国語学史』新村出筆録 古田東朔校訂 教育出版 1984年 シリーズ名講義ノート
共編著
  • 『国文学 巻之1』 編 双双館 1890年
  • 『新日本文典 続』福井久蔵合著 大日本図書 1906年2月版
  • 『明倫歌集抄本』編 大日本図書 大正元年;1912年
  • 『大日本国語辞典』松井簡治共著 金港堂書籍・富山房 1915年から1928年間で
  • 『近松語彙』樋口慶千代共著 富山房 1930年
  • 『古本節用集の研究』橋本進吉共著 勉誠社出版部 1968年 東京帝国大学文科大学紀要
校訂
  • 大田南畝 (蜀山人)『よものあか』富山房 1903年 袖珍名著文庫
  • 穂積以貫木下蘭皐著編『浄瑠璃文句評注なにはみやげ』有朋館 1904年
  • 『舞の本』金港堂書籍 1904年
  • 秀松軒編『松の葉』富山房 1907年 名著文庫
  • 柴田鳩翁『鳩翁道話』富山房 1904年から1910年間で 袖珍名著文庫
  • 『校定古事記本居豊穎井上頼圀共校定標記 皇典講究所 1911年
  • 藤原敦隆編『類聚古集』煥文堂 1913年から1914年間で
  • 『東西遊記 国文抄本』大日本図書 1925年
  • 『元禄時代軽口はなし』文憲堂書店 1926年
  • 保元物語平治物語 国文抄本』大日本図書 1926年
  • 曲亭馬琴南総里見八犬伝』第1、2 島津久基共校 大日本文庫刊行会 1937年から1939年
翻訳
  • セース『言語学』金沢庄三郎共訳 金港堂 1898年
  • 『安得仙家庭物語』鍾美堂 1911年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)51頁
  2. ^ 長田俊樹((2003年(平成15年))、「日本語系統論はなぜはやらなくなったのか」、『日本語系統論の現在』

関連文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
高田早苗
日本の旗 文部省参与官
1898年 - 1899年
次代:
岡田良平
先代:
校長
神田乃武
日本の旗 東京外国語学校長事務取扱
1900年
次代:
校長
高楠順次郎
学職
先代:
(新設)
日本音声学協会会長
1935年 - 1937年
音声学協会会長
1926年 - 1935年
次代:
新村出
先代:
松浦寅三郎
日本の旗 神宮皇学館
1919年 - 1925年
次代:
森田実
先代:
東京帝国大学文科大学長
坪井九馬三
日本の旗 東京帝国大学文学部
1919年 - 1921年
東京帝国大学文科大学長
1912年 - 1919年
次代:
学部長事務取扱
服部宇之吉