亀田次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

亀田 次郎(かめだ じろう、1876年明治9年)9月11日 - 1944年昭和19年)2月8日)は、日本国語学者

経歴[編集]

兵庫県印南郡曽根村(現・高砂市曽根町)に生まれる。・猪之介、・チヨ。母方の祖父亀田五一郎といい、幕末塩田開拓などで成功し、南画家田能村直入などの文人と交流のあった素封家であった。大阪尋常中学校から熊本第五高等学校を経て東京帝国大学文学部に進学する。大学卒業後は恩師・上田萬年が主事を務めていた国語調査委員会嘱託として、実務にあたる。そこでは友人の新村出と協力して『音韻分布図』を出版する。1908年七高へ赴任(同僚に山田準武藤長平伊波普猷らがいた)。その後も大阪外国語学校大谷大学教授として勤務しつつ書誌・学者伝記・郷土に関する研究を続ける。1943年、大谷大学を退官後は生家のある曽根村西亀田に戻るが間もなく死去する。享年69。

性格[編集]

亀田は率直で飾りのない性格で、思っていることをはっきりと直言する人だった。それは師である上田萬年に対しても変わりがなかったので、上田の周辺の人々が気を回して亀田を近づけぬようにした。「そのため亀田君は、自然に学界から孤立する結果になったのだが、これは人々が必要以上に両者を離間したきらいがある」と国語学者の山田孝雄が回想している[1]

著作[編集]

  • 『国語学概論』(東京博文館、1909年)
  • 谷川士清先生伝』(大日本図書、1911年)
  • 『平野庸修翁伝』(印南郡三治協会、1917年)
  • 『児島範長墳墓考』(1921年)
  • 『日本文法綱要』(多屋縒頼俊との共著、平野書店、1931年)
  • 『国語学書目解題』(明治書院、1933年)
  • 山片蟠桃』(全國書房、1943年)
  • 『西洋人の日本語研究 ― 亀田次郎先生の遺稿』(風間書房、1973年)

参考文献[編集]

  • 『増補改訂 日本文学大辞典 別巻』(新潮社、1952年)
  • 伊藤正雄『忘れ得ぬ国文学者たち』(右文書院、2001年)

脚注[編集]

  1. ^ 伊藤正雄 『忘れ得ぬ国文学者たち』 右文書院、1930年、39p。

外部リンク[編集]