印南郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
兵庫県印南郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域)

印南郡(いんなみぐん)は、兵庫県播磨国)にあった。なお、「南」は当て字で方角とは関係ない。

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。基本的に加古川河口左岸加古郡右岸が印南郡である。

  • 高砂市の大部分(高砂町各町・荒井町各町は除く)
  • 姫路市の一部(大塩町各町・的形町各町・別所町各町・飾東町唐端新・飾東町志吹・飾東町北野・飾東町大釜・飾東町大釜新・飾東町清住)
  • 加古川市の一部(加古川以北および加古川町本町・加古川町木村・加古川町西河原・加古川町友沢・加古川町稲屋・上荘町国包)

歴史[編集]

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 一橋徳川家 4村 今市村、中島村、高畑村(現・加古川市志方町高畑)、大宗村
一橋徳川家領・旗本領交代寄合池田氏 1村 ●曽根村
藩領 播磨姫路藩 2町
109村
○魚崎村、魚崎新村、塩市村、米田村、米田新村、古新村、稲屋村、友沢村、○木村、○加古川村、船頭村、平津村、高畑村(現・加古川市米田町平津)、島村、生石村、●中筋村、○大塩村、○的形村、西浜村、北脇村、牛谷村、小林村、○福居村、福居新村、佐土村、佐土新村、北宿村、西阿弥陀村、地徳新村、東阿弥陀村、北山新村、長尾新村、●○北池村、南池村、魚橋村、神爪村、岸村、六本松村、井ノ口村(現・加古川市東神吉町西井ノ口)、井ノ口新村、砂部村、升田村、升田新村、天下原村、●○神吉村、宮前村、宮前新村、上富木村、下富木村、長慶村、清水村、中西村、大国村、西村、辻村、横大路村、西山新村、成井村、成井新村、原村(現・加古川市志方町原)、原新村、志方西町、○志方東町、投松村、小畑村、西山村、池尻村、里村、中村、芝村、神木村、●山角村、小野村、薬栗村、都染村、国包村、●井ノ口村(現・加古川市上荘町井ノ口)、見土呂村、白沢新村、内ノ倉新田、中島新田、寺谷新村、陰山新村、中山新村、原村(現・加古川市平荘町上原)、柏尾村、吉広村、岡村、細工所村、野尻新田村、大沢村、行常村、東中村、東飯坂村、西飯坂村、西飯坂新村、西中村、助永村、比室村、西牧村、奥新村、雑郷新村、畑村、北野新村、大釜村、清住新村、山中新村、唐端新村、志吹村、○福泊村
幕府領・藩領 幕府領・姫路藩 1村 一本松新村
  • 慶応4年
  • 明治3年
  • 明治4年
  • 明治9年(1876年)(2町108村)
    • 8月21日 - 第2次府県統合により兵庫県の管轄となる。
    • 福居村・福居新村が合併して別所村となる。
    • 西阿弥陀村・東阿弥陀村が合併して阿弥陀村となる。
    • 柏尾村・吉広村が合併して広尾村となる。
    • 助永村・比室村が合併して永室村となる。
    • 高畑村(現・加古川市米田町平津)が平津村に合併(時期は推定)。
    • 魚崎村が伊保崎村に、魚崎新村が梅井村にそれぞれ改称。
  • 明治10年(1877年)(2町103村)
    • 加古川村の一部が分立して西河原村となる。
    • 中村・芝村が合併して養老村となる。
    • 宮前新村が宮前村に、成井新村が成井村に、原新村が原村に、西飯坂新村が西飯坂村に、奥新村が西牧村にそれぞれ合併。
  • 明治11年(1877年)(1町97村)
    • 下富木村・長慶村・清水村が合併して鼎村となる。
    • 志方西町・志方東町が合併して志方町となる。
    • 寺谷新村・陰山新村が合併して磐村となる。
    • 六本松村・井ノ口新村が井ノ口村(現・加古川市東神吉町西井ノ口)に合併。
    • 2ヶ所存在した原村が、それぞれ上原村(現・加古川市平荘町上原)、下原村(現・加古川市志方町原)に改称。
  • 明治12年(1879年
    • 1月8日 - 郡区町村編制法の兵庫県での施行により、行政区画としての印南郡が発足。郡役所が曽根村に設置。
    • 加古川村が加古川町に、井ノ口村(現・加古川市東神吉町西井ノ口)が西井ノ口村にそれぞれ改称。(2町96村)

町村制以降の沿革[編集]

1.曽根村 2.伊保村 3.米田村 4.東神吉村 5.平荘村 6.上荘村 7.東志方村 8.志方村 9.西志方村 10.西神吉村 11.阿弥陀村 12.別所村 13.的形村 14.北浜村 15.大塩村(紫:姫路市 赤:加古川市 橙:高砂市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・加古川市。(15村)
    • 曽根村(単独村制。現・高砂市)
    • 伊保村 ← 伊保崎村、梅井村、今市村、中島村、中筋村(現・高砂市)
    • 米田村 ← 米田村、米田新村、古新村、塩市村、島村、神爪村(現・高砂市)、平津村、船頭村(現・加古川市)
    • 東神吉村 ← 神吉村、天下原村、升田村、升田新村、砂部村、西井ノ口村
    • 平荘村 ← 山角村、養老村、里村、池尻村、西山村、小畑村、一本松新村、神木村、上原村、中山新村、磐村
    • 上荘村 ← 見土呂村、白沢新村、井ノ口村、国包村、都染村、薬栗村、小野村
    • 東志方村 ← 細工所村、高畑村、広尾村、岡村、野尻新田村、大沢村、行常村、畑村、雑郷新村、東飯坂村、東中村、大宗村
    • 志方村 ← 志方町、西中村、西飯坂村、投松村、上富木村
    • 西志方村 ← 下原村、永室村、西牧村、山中新村、成井村、西山新村、横大路村
    • 西神吉村 ← 鼎村、宮前村、中西村、西村、大国村、岸村、辻村
    • 阿弥陀村 ← 阿弥陀村、魚橋村、生石村、南池村、北池村、北山新村、長尾新村、地徳新村(現・高砂市)
    • 別所村 ← 別所村、小林村、北宿村、佐土新村、佐土村(現・姫路市)
    • 的形村 ← 的形村、福泊村(現・姫路市)
    • 北浜村 ← 北脇村、西浜村、牛谷村(現・高砂市)
    • 大塩村(単独村制。現・姫路市)
    • 加古川町が加古郡加古川町、木村・西河原村・友沢村・稲屋村が加古郡鳩里村、唐端新村・志吹村が飾東郡谷外村、北野新村・大釜村・清住新村が飾東郡谷内村のそれぞれ一部となる。
  • 明治29年(1896年7月1日 - 郡制を施行。
  • 大正2年(1913年)4月1日 - 曽根村が町制施行して曽根町となる。(1町14村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年
    • 4月1日 - 大塩村が町制施行して大塩町となる。(2町13村)
    • 7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和3年(1928年11月10日 - 米田村が町制施行して米田町となる。(3町12村)
  • 昭和29年(1954年
  • 昭和30年(1955年)4月1日 - 上荘村・平荘村が加古川市に編入。(3町6村)
  • 昭和31年(1956年9月30日(2町3村)
    • 東神吉村・西神吉村および米田町の一部(平津・船頭)が加古川市に編入。
    • 阿弥陀村および米田町の残部(米田・米田新・古新・塩市・島・神爪)が高砂市に編入。
  • 昭和32年(1957年
    • 3月10日 - 北浜村が高砂市に編入。(2町2村)
    • 10月1日 - 別所村が姫路市に編入。(2町1村)
  • 昭和33年(1958年1月1日 - 的形村が姫路市に編入。(2町)
  • 昭和34年(1959年5月1日 - 大塩町が姫路市に編入。(1町)
  • 昭和54年(1979年2月1日 - 志方町が加古川市に編入。同日印南郡消滅

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。

参考文献[編集]

関連項目[編集]