藤岡勝二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤岡 勝二(ふじおか かつじ、明治5年8月12日1872年9月14日) - 昭和10年(1935年2月28日)は、日本言語学者上田萬年を継いで東京帝国大学言語学教授をつとめた。

生涯[編集]

藤岡は京都に生まれた[1]。1897年に帝国大学博言学科を卒業して文学博士の学位を取得した。

1898年、保科孝一岡田正美とともに国語に関する事項取調の嘱託に就任し、国語国字問題の研究に取り組んだ[2]。藤岡は1900年の小学校令施行規則の所謂「棒引き仮名遣い」を支持し、学術雑誌の論文も棒引き仮名遣いで書いた[3]

藤岡は上田萬年が創設した言語学会の機関誌『言語学雑誌』(1900年創刊)の編集人でもあった[4]

1901年から1905年までドイツに留学し、ライプツィヒ大学で学んだ。留学時にはヴィルヘルム・ヴントの心理学に傾倒した[5]

帰国後の1905年に東京帝国大学の講師、同年助教授となり、言語学講座を担任した。1910年、上田萬年の後任として教授に就任した。印欧語比較文法、一般言語学、アルタイ語族ほかの東洋諸言語について講義を行った[1]

1907年にに出張し、内蒙古モンゴル語の調査を行った[1]

1921年に勲三等瑞宝章を受章した[6]

1933年に定年退官(後任は小倉進平)。1935年に病没した。

夫人の藤岡保子は徳川慶喜の姪(土屋挙直の娘)で、かな書家として知られる[7]。また、息子の博武(国立大蔵病院医長)は慶喜の甥である徳川武定の婿養子として松戸徳川家を継承した。

主な業績[編集]

藤岡は1923年以降長年をかけて写真版をもとに満文老檔中国語版を日本語に翻訳したが、病に倒れて出版できなかった。藤岡の没後、1939年にオフセット出版された。

1932年に奉天で満文老檔を調査する予定だったが、果たせなかった[1]

藤岡は上田萬年によるローマ字や教科書編纂を輔佐し、その著作はほとんど日本語関係のものであって、印欧語関係については何の著作も残さなかった[5]。唯一の例外はジョゼフ・ヴァンドリエス『言語学概論』の翻訳で、これも没後の1938年に出版された。

  • ヴアンドリエス『言語学概論:言語研究と歴史』藤岡勝二訳、刀江書院、1938年。

翻訳書にはほかに『ことばのおひたち』(ウィリアム・ドワイト・ホイットニーの『The Life and Growth of Language』(1875)の翻訳、謄写版)がある。

1908年に国学院大学同窓会で行った講演「日本語の位置」において、ウラル・アルタイ語族の特徴14項目のうち母音調和を除く13項目が日本語と一致すると指摘し、藤岡の社会的地位の高さもあいまって、後世に大きな影響をもたらした[8]

国語学関係の主著は『国語研究法』(1907)である。

1905年にローマ字団体を大同団結した「ローマ字ひろめ会」が結成された。藤岡はその創立以来の参加者で、その著書『羅馬字手引』はバイブルのような存在だった。

当時はヘボン式が圧倒的に優勢であり、藤岡も一貫してヘボン式を支持していた。1912年に基本方式を標準式(ヘボン式)としたため、日本式ローマ字派の分離を招いた[9]。1937年の内閣訓令で日本式に近い訓令式が正式のローマ字とされたが、柿木重宜によると、これは政界に影響力を持つ藤岡の逝去が関係するのではないかという[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 服部(1980) p.749
  2. ^ 柿木(2013) pp.44,71
  3. ^ 柿木(2013) pp.69-73
  4. ^ 柿木(2013) p.87
  5. ^ a b 神山(2006) pp.268-269
  6. ^ 柿木(2013) p.11
  7. ^ 柿木(2013) p.148
  8. ^ 「日本語の位置」『国学院雑誌』第14巻第8号、1908年。
  9. ^ 柿木(2013) pp.134-136
  10. ^ 柿木(2013) p.136

参考文献[編集]

  • 柿木重宜『近代「国語」の成立における藤岡勝二の果した役割について』ナカニシヤ出版、2013年。ISBN 9784779507793
  • 神山孝夫『印欧祖語の母音組織―研究史要説と試論』大学教育出版、2006年。ISBN 4887307187
  • 服部四郎「藤岡勝二」『国語学大辞典』国語学会、東京堂出版、1980年、749頁。